言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 読む練習が書く文章の雰囲気を作る
▽ひとつ後の記事 小学校4年生での上手さと高校生での上手さとの違い

 
7月の森リン大賞(小学生の部)  2010年8月27日  No.1004
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1004      



 7月の清書をもとにした森リン大賞です。

 代表作品は、小5以上の生徒から1位の作品だけを1編掲載していますが、掲載されていない作品にも力作がたくさんあります。





7月の森リン大賞(小1の部46人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1Iまつりのじゅんびをしたことあじさい6257047496280
2おいしかったきゅうしょくなりと6122444435786
3びよういん清良61232384350108
4シビッツきよれ6015938445495
5おとうばんのこときゆけ5931442435279
6おとうさんがいたりあにいったことあおの みき5939139435096
7びょういんひろは5710837504880
8すなばであそんだことこやり5710937504880
9プールくきあ5510337504973



7月の森リン大賞(小2の部102人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1ピタゴラ・スイッチキューピー6737446476589
2すごく速いターンを見せるぞ!とらたいがくん6646342507292
3ポケモンカードゲームきむち6639239496786
4あつい毎日しゅうちゃん6639947446386
5誕生日ケーキ作りみるく6670841486292
6また会えるといいねみやま6652239476286
7よいちに行ったよひゆあ6557744466379
8みいちゃんのおまつりちびこ6477244447179
9せみとくわがたトム6471239436689
10ザリガニつりはたくさんつれたきなは6464138446595



7月の森リン大賞(小3の部145人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1一番すきな遊びパルキア7468249617286
2一番好きなあそびかなろ7167946577080
3わたしの好きな遊びレモネード7187844516489
4雨の日のずぶずぶ野球イナズマ7057349497581
5目標は一番上のよこぼうにのることすももちゃん7066148446289
6ラテン人になりたいふうこ7080649476084
7おふろのいろいろりすっぴ7094946486092
8理解と愛情とユーモア(清書)ゆまちゃん6962543456787
9いちばん好きな遊びローズマリー6968744436086
10一番好きな遊びきやも6849143537084



7月の森リン大賞(小4の部134人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1推理小説~臨海学舎の生活~原作 XYZMANCHESTER U78893399710160
2私達の逃走中みゃお7780646508689
3がんばればいい事がスヌーピー7781342617890
4友遊(ゆうゆう)遊んだめがね74389441018876
5ママの子どものころって・・・まめっち7488147557783
6ぼくのお父さんりんご7465548627583
7ジャングルおには、楽しいなまあやん72116648487289
8大好きなたかたかおにとこおりおになっち7277942476480
9古くせえもなぁ。でも大事にピカピカ7270652516183
10なわとび最高!ショコラ7299851465881



7月の森リン大賞(小5の部138人中)

私の両親と母の両親は正反対
ひんこ

 二人とも長いかげを体にひっつけていました。
「楽しかったね。」
太陽はとてもまぶしくて目を大きく開けるのがむずかしい日でした。
「また来週遊ぼうね。」
とても暑かったので、あせがダラダラ流れていました。

 私の父は、いつもアドバイスをくれて、私がなにか上手になるのを手助けしてくれます。父が私と遊んでくれる時、父は、子供にもどったようにワイワイギャアギャア遊んでくれます。一方、私の母の父は、母をいろいろな所へつれて行ってくれましたが、私の父のようには遊ばなかったようです。いつも母のことを見守っていたそうです。たとえば、大人は天皇で、子供は家来だとしたら、父は天皇側で私は家来側です。でも父は、そんな事は関係なく家来と遊んでいるようなかんじです。母の父は、いつでも天皇だぞ、というような人だったそうです。家来にいいことをしますが、家来のように低い位には行きたくな人です。私は、母の父が不思議に思えます。なぜかと言うと、私の周りには、母の父のような人がめったにいないからです。それは、今の時代だからかも知れません。今の人は、みんなで大人子供関係なく遊んでいます。もしかしたら、母の時代の大人は、みんな母の父のようだったかも知れません。

 私は、父と毎週週末スケートボードで遊びます。父は、
「パパも乗らせて~!」
と叫んで手を大きくふります。
「いいよ~。」
と私は笑いながら動きを止め、スケートボードを父の方へ向けてけります。父は、私のおりることのできる階段をおりるのに挑戦しています。階段の前まで来ると急に方向を変えてしまいます。きっと、こわいからだと思います。やっとおりたと思ってもガンゴンガーン。こけてしまいます。階段おりのコツを教えてくれたのは父なのに、父自身ができないのが不思議でたまりません。私が父に、父が教えてくれたコツをアドバイスした時、その直後にはできるのに、ちょっと休けいした後に乗ったらいつの間にかできなくなっています。そうやって父自身が必死に練習しています。

 母は、朝、昼、晩、とご飯を作ってくれます。私にお手伝いさせてくれます。母は、
「ちょっと勉強しよう。」
と声もかけてくれます。母は、時々一緒に遊んでもくれます。もっと遠くにボールを投げるアドバイスなども沢山くれます。
 母の母もまたまた正反対です。自分の用事でしょっちゅう出かけたらしいですが、子育てや、子供自身に興味がなかったようです。

 私の両親と母の両親は、正反対だという事がわかりました。私は想像してみました。私の両親の時代の大人は、子供大人関係なく遊ぶ人達。母の両親の時代の大人は、子供と大人の差をきちんと区別できる人達なのかもしれない。


順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1私の両親と母の両親は正反対ひんこ84113456788189
2あいまい文化と日本人まーりん80106248546892
3砲撃開始シャーロック・ホームズ79147238689683
4成長するってすごいネミント79107853578286
5断れない日本人リラックマ7994947617786
6間の大切さトゥインクル7895444649580
7kuro is my faborite pet☆みっくまっく78190846689383
8僚太からのプレゼントピッピ78107141669284
9幼中と成虫はありときりぎりすがいあ78114947579084
10犬や猫ではないペット四葉のクローバー78106742488283





★1位の作文は優れた内容でしたが、要約の部分が多かったので、代表作品としては表示しませんでした。次回から、清書の場合、要約は省略するか、自分なりの説明に書き換えておいてください。


7月の森リン大賞(小6の部141人中)

サンタさんからのプレゼント
クローバー

 「あった~。やった~。かわいい~。」
一昨年のクリスマス、プレゼントを見つけた時、私は、喜びに満ち溢れてとび跳ねた。その時の嬉しさは、今までのプレゼントのなかで、一番嬉しかった。ほかのプレゼントもとっても素敵なものばかりだが、特にこの時にもらった、レオタード二着などのことを書くことにする。

 明け方、ふと目が覚めた時、いつもプレゼントが置いてある枕元を見ると、プレゼントが置かれていなかった。そして、
「プレゼントがないよ~。」
と、一人でしくしく泣いた。でも、
「朝早いからまだサンタさんが来ていないのかも知れないよね。」
と自分で自分に言い聞かせてもう一度気を取り直して寝た。そして、また六時に起きるとまだプレゼントがなかったので、また私は泣いた。すると、父が来た。そして笑いながら
「しょうがないよ。あきらめな。」
と言ってリビングに行った。私は肩をがくんと落として、父の後について行った。ふとクリスマスツリーに目をやると、そこにある大きな靴下の中からプレゼントが顔を出していた。私は、「あれ?」と思った。「生まれた時から一度もプレゼントが入っていたことがなかったのに。あれは私の書いた手紙かな?」とも思った。でもそのあとすぐ、それがプレゼントだと分かった時、私は涙が一瞬で満面の笑みに変わった。その時のほっとした感じは今でも忘れられない。そこに入っていたのは黒にピンク色のリボンがついているフリルなしのレオタードと、水色とピンクのフリル付きのレオタードだった。とてもかわいかった。

 昔もらったクリスマスプレゼントの中で、レオタード以外に特に嬉しかったものは、魚釣りゲームだ。私が幼稚園生のときにもらったもので、ずっと欲しかったものだった。それは、上を向いた魚がぐるぐる回りながら口を開いたり閉じたりする。中には磁石がついていて、つりざおにも磁石がついているから、魚が口を開いている時につりざおをたらせば、魚が釣れるというものだ。もう、とってもとっても嬉しくて、何度も何度も遊んだ。こわれたものが久しぶりに出てきて、母が捨てようとした時、とても名残惜しくて悲しかったが、しょうがなくしぶしぶ
「分かった。」
と言って捨ててもらった。でもそのときは、まるでやっと出てきた宝物と別れるような思いだった。

 人間にとってプレゼントは、人の心を温かくするものだ。子供は、サンタさんから欲しいものをもらうと、素敵な気持ちになる。私は、サンタさんがいなかったとしても、ずっとサンタさんのことを信じていたい。それは、伝説のあの優しい子供にプレゼントを配るサンタさんが好きだからだ。私が大きくなって、子供のお友達ができたら、その子が素直に喜べるものをプレゼントしてあげたい。


順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1上品な食べ方しもん8088546688090
2サンタさんからのプレゼントクローバー80113539557487
3使いやすく心のこもった贈り物まかじろう7912074910011884
4手作りのプレゼントかふた7998743607583
5愛犬「クレア」トリウム781090466310189
6私は改めて自分の部屋にひたえ7887942648083
7悪魔の引き出しきろや78100942517889
8私達が守る十二所の森ドレミ7887446607787
9エベレスト盛りあんこ78106943487583
10日本文化コレルリ7781042628084

 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森リン(103) 子供たちの作文(59) 

コメントフォーム

7月の森リン大賞(小学生の部) 森川林 20100827 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」