言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 東日本を放棄し、これ以上の犠牲を出さず、天皇陛下を中心に、全国民の力で日本を再建しよう
▽ひとつ後の記事 日本の復活に向けて(その1)

 
本当のところはまだ何もわかっていない(緊急提案の説明)  2011年3月18日  No.1203
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1203      





 原発の状況については、現在、本当のところは何もわかっていません。内部の様子がわからないまま、とりあえず、炉心溶融まで進まないように冷却を続けているだけです。

 今回のような事故は、予測できるシミュレーションの範囲を超えているので、専門家といえども何をどうしたらいいのかわからないというのが正直なところです。

 今、具体的に最も起こりやすい被害の拡大は、小規模な爆発が起きることと、風向きによって放射能を含んだちりが関東地方に落ちてくることです。

 この場合、外出しないという対策がいちばんですが、このような状態が今後もあり得るということがわかれば、関東地方は今後、恒久的には人が生活できる地域ではなくなるでしょう。

 今すぐ大挙して移転をすることまで考える必要はありませんが、計画的、段階的に、東日本の住民が西日本に移住するということを考えていく必要があります。

 その際、現在のような政治体制では、統一的な意思決定はできません。利害関係が大きく錯綜する事態については、強力なリーダーシップをとれる政治が必要です。

 幸い、日本には、全国民の統合の象徴としての天皇がいます。天皇が元首としての立場から、この国難を担う政治家を任命するというのが今考えられる最も即効性のある対策の出発点になると思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
東日本大震災(15) 

コメントフォーム

本当のところはまだ何もわかっていない(緊急提案の説明) 森川林 20110318 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」