言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文力は、大学入試でも、大学に入ってからも役立つ
▽ひとつ後の記事 知的な対話が共有できる家族を目指す

 
放射能汚染対策に本当の科学の力を  2011年3月29日  No.1219
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1219      




 今いちばん大事なことは、人間がもともと制御できない性質を持つ原発を日本全国からすべて廃棄することです。しかも、それは次の地震や次のテロが来る前に早急に行う必要があります。

 それができてこそ政治です。また、そういう報道ができてこそマスコミです。言い換えれば、それができなければ、政治もマスコミも、結局、原子力利権と結びついたひもつきの存在でしかなかったということです。

 しかし、今回は、その話よりも、当面放射性物質に汚染されつつある日本列島をどうするかということを提案したいと思います。



 放射性物質の除去がなぜ困難かというと、その多くが自然界に存在しないか存在しにくい物質によって作られているからです。これまで自然界に存在しなかったものを人間が人工的に作り出したので、それを自然に分解するような仕組みがまだ自然の側にできていないのです。これは、プラスチックが長期間分解されずに、環境ホルモンとして蓄積されていることと同じ原理です。

 しかし、自然界になかったといっても、その物質もやはりより大きな自然の力によって作られたものですから、必ずその物質に対して何らかの働きかけをする他の自然の力が生まれてきます。既に、プラスチックを分解する微生物が発見されています。同じように、放射性物質を分解する自然の仕組みも必ず萌芽的な形で自然の中に埋もれているはずです。

 具体的には、放射性物質を分解し無毒化する微生物か、放射性物質を選択的に吸着する植物です。植物の方が、微生物よりも発見しやすいと思います。

 今後、日本の科学技術を総動員して、この抗放射性植物や抗放射性微生物を発見し、更にその品種改良を行う必要があります。

 研究の方向は明確です。日本国民を放射能汚染から救うために、今こそ自分の持っている知識を総動員して、放射性物質に対抗できる自然の力を発見することに全力をあげていただきたいと思います。また、政治とマスコミは、科学のこういう方向をしっかりと支持していただきたいと思います。

 そういう植物、又は微生物、又はその他の自然の力は、必ず見つかります。

 日本国民の前には、今大きな困難が立ちはだかっていますが、それらの困難はすべて、私たちの勇気と知性と愛を試すだけのものでしかありません。どのような困難にも負けずに、自分たちの手で明るい未来を作っていきましょう。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
日本(39) 東日本大震災(15) 

 コメント欄
コメントフォーム

放射能汚染対策に本当の科学の力を 森川林 20110329 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」