秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 創造性を生かす教育を(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 和魂洋才から和魂和才へ(facebook記事より)

 
小さいころの勉強は絞って(幼長の子のお母さんから作文についての質問)(facebook記事より)  2012年1月12日  No.1399
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1399      




 小さい子供は何でもできる。
 だから、やらせることはできるだけ絞って、
 自由と笑いと余裕のある生活を
 作っていくことが大事。

 幼稚園や小学校1年生のころの子供は吸収力があるので、教えたことは何でもすぐに身につけます。

 しかし、だからといって、次から次へと勉強させるのは考えもの。

 なぜかというと、小さいころに、親が将来役立つと思って詰め込むと、勉強に飽きる気持ちが出てくるからです。

 そういう子供たちは、低学年のころまでは成績がよくても、学年が上がるにつれて、意欲的に勉強しだした子供たちに追いつかれて、やがて先取りした勉強の差などはどこにも見えなくなってしまいます。

 小さいころの勉強は無駄ではありませんが、それがあとまで続く割合は驚くほど少ないのです。

 そして、逆に勉強的なことをさせられすぎた子は、中学生や高校生になってから、勉強に対する意欲を持ちにくくなります。

 これからの社会で大事なのは、意欲と創造性です。

 この二つは、自由に自分の好きなことをたっぷりやる余裕のある生活から出てきます。

 小さいころの勉強は、本当に大切な日本語の読み書き対話だけを重点にして、あとはできるだけ自由な生活を保障してあげるといいのです。


 ということで、今日のテーマは、自由と笑いと余裕。

1、自由と笑いと余裕のある生活についてひとこと、
 又は、
2、「じ、ゆ、う」「よ、ゆ、う」「わ、ら、い」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 先日、幼稚園年長の子のお母さんから作文の書かせ方について、質問がありました。
「親が手助けしないとなかなか書けないが、こんなやり方でいいのかと迷う」
という話です。

 そのときのアドバイスです。

1、小1又は幼長から始める意義は、このころから毎週書く習慣をつけていった子は、書くことが生活の一部になるので、高学年になっても楽に続けられる。

2、しかし、実際に小1の夏までは、小学校でも作文の指導自体をしないので、まともに書けないのが普通。会話を入れるとか、改行するとかいうことは、何度言ってもわからないのが当然。

3、だから、作文の上で直したり上手にしたりすのではなく、読書、読み聞かせ、対話で読む力聞く力をつける中で自然に上達させることが大事。

4、暗唱は、小1のものが入っていて、字が読めなくても、親が言ったとおりに復唱させればできるので、当面親は、作文に力を入れるのでなく、暗唱に力を入れて(しかし勉強的にならないように)、作文は不十分でも短くても、書いたら何しろ褒めるということでやっていく。

5、そのうち、作文の書き方がわかってきて、たまに上手に書くことが出てくるので、そのときに本格的に褒めてあげる。

6、実際の作文は、絵をかく時間がほとんどで、作文は1、2行ということもある。
 そのときは、ひとことだけ、「じゃあ、思ったことも書いたらいいから、『わたしは……とおもいました。」って書いてみようか」とひとつだけ簡単なアドバイスをして、それができたら、「わあ、すごい。じゃあ、これで送ろうね」という感じで済ませておく。
 思ったことのほかに、
「じゃあ、『まるで……』と書いてみようか」
「じゃあ、人の言ったことを『……』と書いてみようか」
「じゃあ、『そのあと……』と書いてみようか」
「じゃあ、『どうしてかというと……』と書いてみようか」
「じゃあ、『もし……だったら……』と書いてみようか」
「じゃあ、『これから、わたしは……』と書いてみようか」
というようなことを、どれがひとつだけ。
 決して、やらせすぎないことが大事。

7、作文の勉強のあと、子供がにっこり笑っているというのが、いい勉強になっているかどうかの基準。


 小さいころの勉強は、ただやらせればいいというふうにはならないのが難しいところです。

 習い事は6歳からというように、小1のころは、勉強を開始する適齢期です。

 この時期に全く勉強的なことをしないというのはよくありませんが、そのさせ方は、勉強の習慣をつけるという緩やかなもので、楽しく済ませることが最も重要です。

 この時期に楽しく勉強をしているからこそ、中学3年生以降になって、自ら進んで苦しい勉強にも取り組むことができるようになるのです。


 今日は、勉強の話になってしまいましたが、仕事もちょっと似ています。

 自由度が高いほど、意欲と創造性がわいてきます。

 それでは、今日も、自由と笑いと余裕のあるいい一日をお過ごしください。


 言葉の森のfacebookページ
http://www.facebook.com/kotobanomori

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=297158666996971&l=c8a9ded548
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文の書き方(108) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

小さいころの勉強は絞って(幼長の子のお母さんから作文についての質問)(facebook記事より) 森川林 20120112 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」