秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 与え合う社会、教え合う勉強(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 作文の出口と入口(facebook記事より)

 
読書への熱中が読解力の土台(facebook記事より)  2012年2月14日  No.1443
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1443      





 読書の魅力は、ドキドキワクワクにある。
 続きを読みたくてたまらずに
 思わず夜更かしをしてしまうことが、
 物語文の読解力をつける。

 読解力をつけるために読書をするわけではありませんが。

 それからもちろん夜更かしをすすめるわけではありませんが。

 物語文を熱中して読んだ子は、文章の中に入り込んでその文章を味わうことができます。

 国語の試験問題でもそういう読み方ができるので、設問を見たときに、いちいち問題文に戻らなくても正しい答えが自分で経験したことのように思い出せます。

 文章を知識で読んでいるのではなく、生きた経験として読んでいるからです。

 国語の問題を解くテクニックはありますが、そのテクニックよりも大事なのは、この味わって読む力です。

 それは、好きな本を熱中して読んだ経験から生まれてくるのです。


 ということで、今日のテーマは、熱中する読書。

1、読書と熱中についてひとこと、
 又は、
2、「ど、く、しょ」「ねっ、ちゅ、う」で五七五(「ねっちゅう」なんてできるのか(^^ゞ)、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 今日はちょっぴり雨模様。でも暖かい風で、季節がどんどん春に向かっていることがわかります。

 これから出てくる草や木のために、自然がうまく雨を降らしてくれるのでしょう。

 それでは、今日も春を待つ気分で、いい一日をお過ごしください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

読書への熱中が読解力の土台(facebook記事より) 森川林 20120214 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」