言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 子供たちの勇気と自信を育てる
▽ひとつ後の記事 受験作文指導の記事をアップ

 
言葉の森の歴史の記事をアップ  2013年5月28日  No.1828
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1828      





 言葉の森の教室の歴史の記事をアップロードしました。

「日本の作文教育の草分け、言葉の森」
http://www.mori7.com/an/13.html

====

■■受験のための教育から実力のための教育へ。
■■競争の教育から独立と創造の教育へ。

■作文教室のスタートは1970年代後半

 言葉の森の前身「のびのび文章教室」が作文指導を始めたのは1970年代後半で、当初は大学生を対象にした就職試験対応の作文教室でした。
 当時、作文教室というものはどこにもなく、教材は当時からすべてオリジナルなものでした。

 その後、1990年に法人として発足し、対象を小学生にまで広げました。
 最初は通学だけの教室でしたが、学年が上がるにつれて教室の時間内に通えない生徒も出てきたため、電話による通信指導も行うようになりました。

 通信指導が定着してきたころ、2000年代にインターネットの普及が始まり、それに合わせて言葉の森の生徒も全国に広がりました。

■創造性を育てる作文教育を目指して

 言葉の森が作文指導を始めたのは、作文教育を通して子供たちの個性、知性、感性を育てるためです。
 そのため、作文の学習が創造性の開花に結びつくような工夫をさまざまに行ってきました。

 言葉の森には、教室の理念に賛同して参加してくださる方が多く、小学校1、2年生だった生徒が、高校3年生まで続けるということもよくありました。
 教室に来る生徒は、作文の好きな子が多く、当時はそれに合わせて、文章力も学力も優れた生徒に学年以上の高度な指導を行っていました。

■作文小論文の入試の広がりに対応

 やがて、知識中心の詰め込み教育に対する反省から、大学入試で小論文試験を行うところが増え、言葉の森も入試に対応した指導を行うようになりました。
 また、国語の読解力を伸ばしたいというニーズもあったため、小学校高学年からは感想文指導を増やすようになりました。
 更に、作文小論文の客観的な評価を行うために、自動採点ソフト「森リン」を開発し、2005年に国際特許を取得しました。

■これからの時代に必要な学力の中心となる作文

 これからの時代に求められる教育は、大きく四つに分けられます。
 それは、
(1)受験のための教育から実力ための教育へ、
(2)学校や塾に任せる教育から家庭を主体にした教育へ、
(3)点数のための教育から文化のための教育へ、
(4)競争を目的にした教育から独立と創造を目的とした教育へ、
です。

 これらの教育の中心となるのが、読書、作文、対話などの、考える力を育て、人と人との交流の中で、創造性を伸ばす教育です。
 言葉の森は、この新しい教育を目指して、これからも教材開発を進めていきたいと思っています。

====
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森サイト(41) 言葉の森の特徴(83) 

 コメント欄
コメントフォーム

言葉の森の歴史の記事をアップ 森川林 20130528 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」