△ひとつ前の記事 自分で計画や時間を管理して勉強する
▽ひとつ後の記事 「小5から家庭でできる公立中高一貫校の受験対策」の記事をアップ

 
成績と学力と人間力の乖離  2013年6月7日  No.1836
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1836      





 今日のfacebook記事より。

====

 センター試験が廃止の方向に向かい、年数回の到達度テストが行われるようになるそうです。
 何事もそうですが、ペーパー試験だけで評価しようとすると、対策がすぐに立てられるので、すぐに重箱の隅をつつくような試験になります。
 すると、そういう重箱の隅のつつき方のコツを知る人が高得点を取るようになります。(言葉の森のセンター試験国語対策などももちろんそうですが。)

 そうして、成績と学力がどんどんかけ離れたものになっていくのです。

 人生の大きなゴールは、いい仕事ができるかどうかです。いい大学に入れるかどうかではありません。
 自分の好きな熱中できることがあり、基礎学力がしっかりついていればいいのです。

 ところが、ペーパー試験で人間を評価するようになると、好きなことに熱中する時間は後回しにして、試験に出るところだけを勉強するようになります。
 もちろん、受験の直前にそういう勉強をすることは大事です。勝負に勝つための勉強というものあるからです。
 しかし、受験のはるか前からそういう勉強に取り組んでしまうと、成績だけはいいが学力の厚みがない人間になってしまいます。
 例えば、読書をするよりも、読書の時間を削って作者と作品を結びつける知識を覚えた子の方がいい成績になるようなものです。

 だから、今後の試験の方向は、ペーパー試験(到達度試験)は基礎学力をバランスよく測るだけのものにして、1点差を争うようなものにしないことです。
 そして、そのかわりに、小論文と口頭試問と人望を中心とした評価をするべきです。
 客観性には多少欠けますが、今のペーパー試験中心の選抜よりもずっと人間味のある、実態にあったものになるでしょう。

 これからの試験は、成績よりも人間力を中心としたものになっていくと思います。

====
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) センター試験(7) 

 コメント欄
コメントフォーム

成績と学力と人間力の乖離 森川林 20130607 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」