秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 創造力が、これからの日本を支える
▽ひとつ後の記事 6月の森リン大賞 小5の部

 
「がんもどき」に思う  2013年8月16日  No.1897
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1897      




 人間は、喜びのために生きている。
 この地上にたくさんの喜びを作るのが、人間の役割だ。

 しかし、喜びは往々にして獣の喜びとなることがある。
 獣の喜びの向こう側には、食べられるものたちの悲しみがある。

 あらゆるものが喜びとなる人間の喜びを作るために、人間は豊かな知恵を持つ。

 先日、スーパーローゼンで買ったガンモドキ。
 たぶん、昔の人の中に、食べられるガン(雁)たちに心を痛めて、大豆たんぱくである豆腐を原料に、ガンをつかまえなくても食べる喜びを作り出そうとした人たちがいた。

 歴史の彼方に消えて、もう足跡も見えないその人たちのことをふと思う。


====
がんもどきとは豆腐の加工品のひとつである。
名前の由来については諸説あるが、最も知られているのは雁の肉に味を似せたとされることから「がんもどき」だという説である。
関西ではがんもどきを飛竜頭(ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうず)と呼ぶことが多い。
====Wikipediaより

(写真は http://100plate.blog21.fc2.com/blog-entry-36.html より)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生き方(41) 息抜き(19) 

コメントフォーム

「がんもどき」に思う 森川林 20130816 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」