秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 9月の森リン大賞より(小6の部)
▽ひとつ後の記事 プレゼン作文発表会続く

 
プレゼン作文発表会始まる  2013年10月23日  No.1963
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1963      




 これからの時代は、偏差値で輪切りにして評価するような不自然なことは次第になくなっていきます。
 そのかわり登場するのが、それぞれの個性を生かした発表です。

 他人との勝ち負けや優劣を競い合うのではなく、それぞれの個性を十分に発揮していく時代になるのです。

 facebook記事より。

====

 ペーパーテストを試験の中心にすると、勉強しかできない生徒が合格するようになります。
 しかし、小論文や面接を中心にすると、テーマと本人の相性による偶然に左右されすぎます。

 そこで出てきたのが新しい推薦入試や特色入試です。
「東大推薦入試、京大特色入試の賛否」(朝日新聞社)
http://webronza.asahi.com/national/2013042600001.html

 これらの推薦入試、特色入試の本質はプレゼンテーションです。本人の個性を存分に生かしたものを評価するのですから、間違いがありません。
 学力の面は、センター試験や将来の到達度試験で担保できます。

 つまり、これからは、自分の持ち味をしっかり主張できる人が求められてきます。
 なぜなら、そういう人こそ社会で活躍できる人だからです。


 ということを考えつつ、今回の通学教室の作文発表会は、絵と写真と音楽を組み合わせたプレゼン作文発表会にしました。
 通信の生徒からも、親子で作った力作のプレゼン作文が送られてきました。
 みんな、堂々と個性あふれる発表をしていました。
 この1週間は、ずっとこういう発表会が続きます。


 心配なのは、台風ですが、雨と風のプレゼントと思えば、何ということもありません。
 台風を吹き飛ばすような元気さでがんばっていきたいと思います。

====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プレゼン作文発表会(20) 

コメントフォーム

プレゼン作文発表会始まる 森川林 20131023 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


ハルリン(≧∀≦) 20131024  
イルカ(〝⌒∇⌒〝)


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」