△ひとつ前の記事 日本が世界のリーダーとなる決心をするとき
▽ひとつ後の記事 模試の点数よりも、過去問の出来具合。

 
子供たちに誇りの持てる日本を伝え、創造性を育てる教育を  2013年12月26日  No.2014
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2014      





 どの家にも、どの国にも、子供たちに伝える尊い祖先たちの歴史があります。
 その歴史を知ることが、子供たちがよりよい日本の社会を作る原動力になります。
 だから、第一に大切なことは、子供たちに誇りの持てる日本の歴史を伝えることです。

 一方、今の国際社会では、日本をけなすことに利益を感じる国がごく少数残っています。
 だから、第二に大切なことは、日本の正しい姿を世界に示していくことです。

 そして、第三に大切なことは、将来正しいことが伝わるまともな社会が来ることを前提にして、その社会を担う創造的な人間を育てていくことです。
 詳しく言えば、愛と勇気と知性と創造性のある子供たちを育てていくことです。

 その要になるのが、作文を中心とした読書と遊びと対話の教育です。

 1月からの小学校低学年の作文課題として、遊びと行事と行儀作法を提案していきます。
 親子で、お金や時間をあまりかけずに楽しく遊び、その遊びを通して対話を充実させ、その経験を作文に生かし、その作文をプレゼンテーションとして発表していくという流れを考えています。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
日本(39) 教育論文化論(255) 

 コメント欄
コメントフォーム

子供たちに誇りの持てる日本を伝え、創造性を育てる教育を 森川林 20131226 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」