言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 理解する教育から、身につける教育へ。日本の伝統的な教育法、音読と暗唱。
▽ひとつ後の記事 楽しい汗を流すような勉強

 
虹の上に腰かけてお母さんと呼んでみたいという詩  2014年1月4日  No.2029
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2029      





 日本文化は、理屈を言わない文化です。
 しかし、世界に対してはそれでは通用しません。
 なぜ理屈で言わないかを、理屈で説明しないといけないのです。


 ある人が、日本の子供の書いた詩を外国で紹介したことがあったそうです。
(そのことをどこで読んだか忘れたので、細部は多少ちがうかもしれません。)

 その虹をうたった詩の中に、「虹の上に腰かけて、お母さんとそっと呼んでみたい」というところがあったそうです。
 すると、外国の人たちから一斉に質問がありました。
 なぜ、ここで、「お母さんと呼ぶ」というのが出てくるかというのです。

 日本人であれば、小さな女の子が(空想の世界で)虹の上に腰かけて、そっとお母さんと呼んでみたいという感覚はわかります。
 しかし、これを外国人には理屈で説明しないといけないのです。

【説明】
====
 この女の子は、虹の上に乗るという初めての珍しい不思議な経験をしています。
 その気持ちを、自分がいちばん身近に感じているお母さんと共有したいと思ったのです。
 しかし、それは、お母さんにも教えてあげたいということではなく、自分の気持ちを身近なお母さんと共有すること自体が嬉しかったのです。
 その共感を味わう動作が、お母さんと呼びかけることでした。
 だから、お母さんはその声に気づいても気づかなくてもいいのです。
 自分がそっと呼びかけたことで、その子の心は幸福で満たされていたのです。
====


 しかし、こういう説明は、日本人と同じ文化的背景を持たない外国の人たちに対して行うものです。

 同じ日本人でも、まだ日本の文化的背景を十分に持たない子供たちに対しては違います。
 日本の子供には、理屈で説明するのではなく、そういう文化を味わう機会を作ることが大事です。


母「けんちゃん」

子「なあに、よんだ」

母「ううん、ただ呼んでみただけ。うふふ」

子「……おかあさん」

母「なあに」

子「うふふ」


父「何やってんでい」

(お父さんは、同じ日本文化でも少し守備範囲が違うのです。)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) 日本(39) 

コメントフォーム

虹の上に腰かけてお母さんと呼んでみたいという詩 森川林 20140104 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」