言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 読書についての質問二つ――「『かいけつゾロリ』ばかり」「質問しても答えられない」
▽ひとつ後の記事 遊びのような勉強――プレゼン作文発表会

 
世界を豊かにするための三つの対策と森林プロジェクト  2015年11月10日  No.2463
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2463      




 世界の経済の行き詰まりの根本原因は、需要がないことです。正確に言えば、供給力を上回るほどの吸引力のある需要がないことです。
 まず、先進国は、生活を豊かにするための消費が一巡したあと、新しい魅力的な需要が生まれていません。更に、少子化と高齢化の進行によって、既にある需要も先細りの傾向にあります。

 次に、途上国は、人口が増え、その増えた人口がより豊かな生活を目指しているという点で大きな需要があるように見えます。しかし、その膨大に見える需要も、更に膨大な生産力を持つようになった供給の前には、飽和するのも時間の問題なのです。

 世界の経済の発展を、砂漠の緑化や海洋の開発に求めることは確かに一理ありますが、それはより大きい目で見れば、需要を上回る供給という根本問題を先送りするだけなのです。

 根本的な解決策は、三つあります。
 第一は、少子化にも高齢化にも制約されない新しい需要を作り出すことです。それは、ひとことで言えば、物の需要ではなく教育と文化の需要です。
 例えば、先進国の今の生活に満足していて、特に新しい物質的な需要を持たない人でも、自分自身の向上や変化や新しい経験や交流や創造に関しては、暑い需要を持っています。
 多くの場合、その需要はまだはっきりと自覚されていなかったり、その需要に対する供給が生まれていなかったりするために、大きな流れにはなっていません。
 しかし、これから次第兄、先進国では物の需要よりも、教育文化の需要が大きくなってきます。

 物の需要は、人口に比例します。おいしいものを食べて、広い家に住みたいと思っても、食べる量や家の広さには自ずから限度があります。
 物の需要に限って考えると、少子化は経済の制約要因です。しかし、教育文化の需要は、人間の身体には制約されません。よりよいものを求める需要には限りがないのです。
 この教育文化の需要は、技と道の文化を持つ日本で、これから大きく発展していくものです。

 第二の解決策は、需要を単なる消費にとどめるのではなく、投資に切り換えるための仕組みづくりです。
 近代以降のこれまでの社会の大部分の人は、一方では単なる消費者であり、他方では単なる労働者でした。だから、供給過剰の状態では、消費の縮小と仕事の縮小がデフレスパイラルを生み出していたのです。
 誰もが生活を守るために消費を節約すれば、そのために世の中全体の仕事が減り所得が減ります。

 しかし、もし誰もが消費者ではなく生産者であるとしたら、生活を守るためには、よりよく売るための工夫をします。その工夫が新しい技術開発としての消費となるとすれば、その消費は単なる消費ではなく前向きな投資です。

 このような仕組みになるためには、社会における生産の多くが、どこかの企業に勤める労働者が行う生産ではなく、消費者自らが経営者となる生産でなければなりません。
 そして、個人が経営者となれる産業の主な分野が教育と文化なのです。

 ただし、この教育と文化は、MOOCの教育などに見られるような大量生産型の工業的な教育文化ではありません。個人が技を磨き道を極めるような高度な教育文化です。

 誰もが自分の個性を伸ばして、その教育文化の分野で生産者となり、投資という形の消費を行うようになれば、消費と生産のスパイラルは、デフレからむしろインフレ気味に上昇し、やがて社会が安定するにつれて、それは健全に循環するスパイラルになります。
 この誰もが生産する社会が、持続的な安定社会なのです。

 経済の行き詰まりを解決する第三の道は、創造です。
 工業社会の富の源泉は、コピーでした。あるシステムによって同じ物を大量に生産し、それらの物をそれが大量に生産されないころにできた価格で供給することによって、その差が生産者の富となるように見えたのです。

 しかし、真の富は、最初に作ったシステムにあるのであって、そのシステムが作り出すコピーは、売り買いの差が生み出す見せかけだけの富です。
 例えば、言葉を発明した人が、その言葉の使用料を取るようになったとしたら、その発明者は、大きな富を得るように見えますが、世界全体の富は増えも減りもしません。
 富は、最初の発明にだけあるのであって、そのあとのコピーの使用料は、真の富でなかったのです。

 だから、これからの社会では、創造を価値の源泉と位置づけ、創造のための教育を行っていく必要があります。
 答えのある試験問題を、速く正確に解ける子がどれだけいても、世界は豊かにはなりません。速く正確に解ける以上に、世の中にそれまでなかったものを作り出す子がいて、初めて世の中は創造の分だけ豊かになるのです。

 これからの長期的な経済発展のためには、教育の第一の目的を創造に置くことが必要になるのです。

 以上の三つの対策、つまり、教育と文化に対する需要、誰もが起業者になれる社会、創造を目的とした教育、これらの三つの実践を統合したものとして、言葉の森が考えているのが、森林プロジェクトと寺子屋オンエアです。

 森林プロジェクトは、創造性を育てる作文教育を、家庭や地域を基盤にして行う起業の企画です。
 また、インターネットを利用した全教科の毎日の家庭学習で、子供たちの本質的な学力をカバーする仕組みが寺子屋オンエアです。
 今後、森林プロジェクトと寺子屋オンエアを組み合わせて、日本の社会発展を支える新しい教育インフラを作っていきたいと思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
新しい産業(23) 森林プロジェクト(50) 寺子屋オンライン(101) 

コメントフォーム

世界を豊かにするための三つの対策と森林プロジェクト 森川林 20151110 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」