△ひとつ前の記事 9月2週の読み聞かせ――ミジンコウキクサ、サンマ、二枚貝の年輪
▽ひとつ後の記事 創造の喜びを教育の中に

 
これからの入試に必要になる作文力――内容以前の誤字、字数、スピードも大事  2016年9月15日  No.2671
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2671      




 公立中高一貫校の入試は、作文試験が定番になっていますが、高校入試でも作文試験を課すところが増えています。

 作文試験というものは、採点する側の負担が大きいので、どこの学校でも行われるようになるわけではありません。通常の学力試験で間に合うところは、学力試験だけでこれからもやっていくと思います。
 しかし、学力試験以上の学力を求めるところでは、これからも作文や小論文の試験が増えてくると思います。

 作文の評価というものは意外と難しく、論旨が合っていてなおかつ独創であるものを優れた作文と評価するという理屈は成り立ちますが、それを人間が読んで判断するのはなかなか大変です。

 だから、採点する側の気持ちとしては、誤字があったり、字数が短かったりするものは、内容を読んで評価する以前に、誤字や字数だけで低い評価を下してしまいたくなるのです。

 ところが、この誤字や字数や書くスピートというものは、意外と作文の実力と相関が高いのです。
 特に、字数についてはそういうことが言えます。
 もちろん、簡潔で密度の濃い文章を書く人もいます。長いだけで密度の薄い文章を書く人もいます。だから、字数だけで評価することはもちろんできませんが、一般に文章力のある人は、必要に応じて長く書くことができるのです。

 この字数を長く書く力は、すぐにはつきません。また、短い時間で早く書き上げることも、すぐにはできるようにはなりません。
 長く早く書くという意識的な努力をして、少しずつついてくるものです。

 また、誤字をなくすということも、予想以上に時間がかかります。
 800字の作文で1箇所でも誤字がある場合、その生徒はいつ書いても800字で新しい1箇所の誤字があるという確率があります。
 その誤字は、小学校中高学年で習う漢字を勘違いして覚えているということが多いので、他人から指摘されなければ気がつきません。

 たまたま昨日、思考国算講座で生徒の書いた文章を紹介したときに、そのよくある誤字がありました。内容の優れた文章ですから、よけいに誤字が目立ってしまうのです。

 ひとつは、「かたずける」です。これは、昔は一時この書き方が正しいとされたことがあります。ですから年配の人の中には、こちらの方が正しいと思っている人も多いのですが、現代の表記では「かたづける」が正解になっています。

 同じように、「読解」の読み方を、「どっかい」ではなく「どくかい」と読むように学校で教えられた時期もありました。だから、いまでも「どくかい」と読む人がいます。間違いではありませんが、今は普通は「どっかい」です。

 もうひとつの誤字は、「展開」などの「展」の字の下に左のはらいを書いていることでした。これも勘違いして覚えていると、人から指摘されるまで気が付きません。

 同じようによくあるのは、「友達」などの「達」の中を「幸」と書いてしまうことです。これも、正しい字と外見が似ているので、他の人から指摘されなければ気が付きません。

 こういう誤字が完璧になくなるのは、私の経験で約1年間かかります。というのは、私自身も誤字が多かったからです。
 それをどうやって直したかというと、自分の書いた文章で使った漢字を、易しい漢字も含めて逐一辞書で調べ直したのです。

 誤字がない作文を、必要に応じた長さで、指定された時間内に書き上げるというのは、それなりの努力が必要です。
 しかし、作文を書く練習というものは、ひとりではなかなかできません。
 その第一の理由は、作文を書く勉強というのは、ほかの勉強に比べて負担が大きいからです。
 第二の理由は、他人から評価されなければ自分で自分の作文は評価できないからです。

 作文の内容的な評価は、誤字や字数やスピードとは別のものです。しかし、相関が高いのも事実です。
 だから、作文の評価では、内容以前に誤字や字数で評価されてしまうこともあるのです。

 字が上手かどうかということも、読む人の第一印象には影響します。しかし、文章の内容と字の上手さは相関がないと多くの人が感じているので、よほど読みにくい字でなければマイナスになることはありません。
 それよりも、正しい表記で長く早く書くことが、内容以前の勉強で最も大事なことなのです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 受験作文小論文(89) 

 コメント欄

nane 20160915 1 
 誤字は、一般的な漢字の練習をしても直りません。
 自分の書く文章の中の漢字を、自分なりに勘違いして覚えているということが大半だからです。
 だから、ほとんどの誤字は本人が正しいと思って書いている誤字です。
 自分がそうだったから(笑)よくわかります。


nane 20160915 1 
 ある都立高校の過去の作文試験の問題です。
「生きるということは徐々に生まれることである。(サンテグジュペリ)」
「海のほかは何も見えないときに、陸地がないと考えるのは、けっして優れた探険家ではないない。(ベーコン)」
「自然は曲線を創り、人間は直線を創る(湯川秀樹)」
 これで50分600字で書くのです。
 面白いと言えば面白いですが、途方に暮れると言えば途方に暮れると思います。


touko 20160915 77 
誤字は、内容が良ければよいほど、目立つ…本当ですね。

namura 20160917 10 
やはり作文力は、読書と継続が大切ですね。

sizuku 20161008 51 
かなり現実的な話題です。
中学入試から大学入試・就職試験まで作文を課すところが増えています。
もちろん論理的で内容のあるものを時間内に書くことが求められているのですが、現実には同じくらい大切なのが誤字脱字のない文章であること。
誤字脱字があると内容を見てもらえないという現実があるのですね。
コメントフォーム

これからの入試に必要になる作文力――内容以前の誤字、字数、スピードも大事 森川林 20160915 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」