△ひとつ前の記事 子供が家庭でひとりで学べる解説の豊富な教材があれば、日本の子供たちの学力はもっと改善される
▽ひとつ後の記事 形に残るもの、心に残るもの

 
作文が返却されたあとの家庭での対応  2016年10月26日  No.2728
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2728      




 作文を書いたあと、1週間後に先生から講評と評価が返却されてきます。
 それをどう見たらいいのかということについて説明します。

 まず、ほとんどすべての子は、先生の評価や講評をざっとしか見ません。ほとんど見ないと言っていいと思います。
 それでいいのです。

 講評は、生徒向け、又は、保護者向けに書かれていますが、その講評だけを読んでもらうために書かれているのではなく、翌週先生が生徒や保護者に話をするための先生のメモのような役割として書かれています。
 生徒は、書かれた評価や講評を読まなくても、先生の話を聞いて入れば、先生が大事なことを言ってくれるのです。

 ほかの通信教育では、詳しい赤ペン添削が返却されることが多いので、その赤ペン添削が勉強の中心のように思われがちですが、作文の勉強で大事なのは、書いたあとの話よりもむしろ書く前の話なのです。

 書く前の話というのは、書く前の準備のことです。
 作文の課題に合わせて、できるだけ自分の個性的な体験を書くようにする、似た話をお父さんやお母さんに取材する、というような準備が作文の内容を決めていきます。

 そして、その準備のあとに、実際に書いている過程が、子供が実力をつけている場面です。そこで、どういう表現を使うか、どういう構成で書いていくかということが作文の勉強なのです。

 どういう表現を使うかということは、その場の努力だけでできるものではありません。読書や音読によって、自分がこれまで使ってこなかったようなよりよい表現を吸収し、それらを使っていくことが表現の練習です。
 ですから、作文を書く前の準備には、毎日の音読や読書も含まれます。

 こういう準備をして、作文を書いて提出したら、それで勉強の勉強はできたということです。
 その作文は翌週に返却されてきますが、次の勉強は、その返却された作文を見直すことではなく、新しい作文を書くことです。

 新しい作文を書くときに、「前の作文はこうだったから、今度はこう書こう」というような話になります。
 例えば、「今度は段落に気をつけてね」とか、「また面白いたとえを見つけてね」とか、「今度はお父さんにも似た話を聞いてみるといいよ」とかいうようなアドバイスです。
 この積み重ねでだんだんとよりよい書き方ができるようになっていきます。

 作文は、最初に書いたものがほとんどすべてで、それをいくら直しても、最初に書いたものよりもよくなることはありません。
 だから、書いたあとの勉強は、する必要がないのです。

 さて、以上が原則ですが、ただし、次の場合だけは、書いたあとの対応が必要になります。

 第一は、誤字の書き出しです。
 添削された作文には、褒め言葉が中心に書かれているはずですが、誤字についてはすべてチェックが入っています。
 この誤字は、一度注意されただけでは直りません。漢字の書き間違いなどは、間違って覚えていることが多いので、同じ間違いを何度もする子がよくいます。
 この誤字だけを、誤字ノートのようなものを作って書き出しておくといいのです。そして、できればその場で正しい漢字を40回書いてみます。40回というのは、400字詰めの原稿用紙の2行分です。
 誤字は、これまでのその誤字を何度も使って書いていたはずなので、これまで書いた回数以上に正しい漢字を書かないと、記憶に残らないのです。

 第二は、受験作文コースの生徒の場合です。
 受験作文は、合格することが目的です。作文の実力をつけるための勉強と、合格するための勉強は、少し性格が違います。
 返却された作文をよりよい作文に書き直していくことが大事な事後の勉強になります。

 では、どう書き直すかというと、作文に書かれている実例をより感動のある実例に直し、表現をより高度な表現に直し、意見をより深い意見に直していくことです。
 これは、子供だけの力ではできません。そして、先生はそこまでは教えられません。そういう話をするには30分も1時間もかかるからです。
 ここで、お父さんやお母さんの役割が大事になります。お父さんやお母さんが子供と一緒に考え、一緒によりよい作文に直していくのです。
 そして、その作文をファイルして、毎日読むようにするのです。

 しかし、こういう親子で書き直すという勉強は、受験前でなければできません。受験前は、子供も勉強の目的がわかっているので、こういう親子での書き直しということも受け入れますが、普段の勉強でこういうことを喜んでする子はまずいません。
 だから、受験前の作文は、密度の濃い親子の話し合いをするいいチャンスだとも言えるのです。

 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文の書き方(108) 受験作文小論文(89) 

 コメント欄

森川林 20161026 1 
 海外の作家の誰だかが、「書き上げたあとの原稿は、倒したあとのライオンに似ている」というようなことを書いていました。
 ライオンがちょっとかわいそうですが、それは置いといて。
 子供が書いた作文も同じです。
 書いたあとの作文の赤ペン添削見て、その作文を書き直そうという子はまずいません。
 そんなことをさせれば、すぐに作文が嫌いになります。
 ただし、例外もあります。それは受験作文のときです。しかし、それは本当に例外なのです。
https://www.mori7.com/index.php?e=2728


nane 20161026 1 
 書き上げた作文を少しずつ直して上手にするということはできません。
 できるとしても、ほんのわずかです。
 それよりも、新しい作文を書いた方がいいのです。
 それに、何よりも、書いたあとの作文を直すというのは、全然面白くありません。
 そういうことに耐えられるのは、受験作文のときだけです。


sizuku 20161026 51 
作文の勉強は他の教科とアプローチが違うことを理解し、正しい方法で気長に育つのを待つことが大切ですね。大人は子どもが書き上げた作文をどうしても直したくなりますが、以下の理由から直すことの意味はあまり無さそうです。

・作文は書く前の準備のあとに、実際に書いている過程が、子供が実力をつけている場面です。
・書く段階でどういう表現を使うか、どういう構成で書いていくかということが作文の勉強なのです。
・どういう表現を使うかということは、その場の努力だけでできるものではありません。読書や音読によって、自分がこれまで使ってこなかったようなよりよい表現を吸収し、それらを使っていくことが表現の練習です。

しかし、誤字だけはきちんと正してゆく必要があるようですね。


jun 20161026 2 
 書き終えた作文に赤ペンを入れても、実は、それを熱心に読み返す生徒はいません。子供にとっては、作文を書くという行為自体が大きな勉強なので、それで十分なのだと思います。また、後ろを振り返るより、新しい課題に取り組み続ける方が楽しく力をつけていくことができると思います。
 もちろん、受験コースの場合は、自分の書いたものをより良く仕上げ、何度も読み返しておく必要があります。
コメントフォーム

作文が返却されたあとの家庭での対応 森川林 20161026 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」