秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 森林プロジェクト9.9説明会のご案内
▽ひとつ後の記事 幼児期からの英語教育より、日本語の土台を作ること

 
小学1、2年生の作文は、書くことよりも読むことに力を入れる  2017年9月9日  No.3029
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3029      




 小学1、2年生の子供のお母さんから、「勉強はできるが作文があまりうまく書けない」という相談を受けることがよくあります。

 なぜそういう相談が出てくるかというと、学校などで作文を書かせる授業があるからです。

 子供たちに作文を書かせれば、小学校低学年のころはいろいろな書き方の間違いがあります。

 その間違いを直して正しく書かせることが勉強の中心になってしまうことがあるのです。

 ところが、子供は大人と違って、間違いを指摘して直されたからといってすぐに正しい書き方ができるようにわけではありません。

 それは文章を書くことの土台になる文章を読む経験がまだ圧倒的に少ないからです。

 ですから、作文の勉強でいちばん大事なのは読むことに力を入れていくことで、そのあとで書く練習をすることなのです。

 外に出てくるアウトプットの部分だけを直そうとしてもうまくいきません。
 インプットの部分を充実させることで、自然にアウトプットがよくなるようにして行くのです。

 こういう仕組みを知っているだけで、低学年の子供たちの作文は、もっとゆとりを持って見られるようになると思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文の書き方(108) 小学校低学年(79) 

コメントフォーム

小学1、2年生の作文は、書くことよりも読むことに力を入れる 森川林 20170909 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20170909 1 
 子供が小さいときほど、苦手意識を持たせないことが大事です。
 間違いを直す勉強を中心にすると、その勉強が苦手なのだと思ってしまいます。
 間違いを直すのではなく、正しいものとたっぷり与えていけばいいのです。

nane 20170909 1 
 小学1、2年生で作文が苦手な子と正反対に、まるで本から写してきたかのように立派な作文を書く子がいます。
 しかし、それはまだ本当の実力ではありません。
 低学年のころは、入ったものがそのまま出てくる時期なので、本を読むのが好きな子は、本で読んだことを自然に自分の言葉のように書くことができるのです。
 それが、小学3年生になると、だんだん自分の中にある言葉で書くようになってきます。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」