言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 国語力アップの秘訣(8)――小学1年生の親子作文
▽ひとつ後の記事 集中力のある勉強の仕方を身につける

 
褒めて育てることがなぜ大切か  2017年10月2日  No.3056
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3056      




 子供の勉強を親が見るときに、つい早く正しくできるようにしたいと思って褒めるよりも叱ることを中心にしてしまう場合があります。

 褒め言葉は効果が弱いような気がするのに比べて、叱り言葉はすぐその場で効果が出るからです。

 そして、この叱るということはなぜか習慣になりやすいのです。

 子供がよくお母さんはいつも小言を言うと思っているのは、小言を言うことが、お母さん自身は自覚していなくても一つの生きる姿勢に近くなってしまっているからです。

 これに対して、ほめる姿勢は、なかなか習慣にはなりません。

 だから、毎日意識して子供の良いところを褒めるようにしていくことです。

 なぜ褒めることが大切かというと、それは子供が社会人になったときの生きる自信につながるからです。

 学校の勉強は、ただ答えが合っていればいいだけですが、世の中で遭遇する問題は答えがあるような、ないようなものばかりです。

 そこで何がいちばん差がつくかというと、その子の明るい前向きな姿勢なのです。

 物事は暗く後ろ向きに考えると失敗する確率が高くなり、明るく前向きに考えると成功する確率が高くなります。

 勉強ができるかできないかというよりも、この成功しやすいか失敗しやすいかということが人生で最も大切なことです。

 そして、その自分の成功に対する自信は、子供時代の褒めて育てられたことによる自信から来ることが多いのです。

 学校時代は、人生の練習期間です。

 社会に出てからが、人生の本番です。

 練習期間に減点法で自信をなくしてしまうと、本番でのびのびとプレーができなくなります。

 叱らなければならないことがあった場合でも、強く明るく短く叱ることです。

 長所を褒めることを第一にし、欠点を直すことを第二にすることが、本番に強い、社会に出てから成功しやすい子供を育てることなのです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメントフォーム

褒めて育てることがなぜ大切か 森川林 20171002 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171002 1 
 褒め言葉は、その場ではあまり効果があるように見えません。
 その反対に、叱り言葉はその場ですぐに効果が出ます。
 だから、叱ることがつい習慣になってしまうのです。
 褒めることは、なかなか習慣にはなりません。
 だから、毎日意識して褒めるようにすることです。


nane 20171002 1 
 「年寄りっ子は三文安」という言葉があります。
 おじいちゃんおばあちゃんに育てられた子は、甘くなりやすいということですが、社会に出てからはその甘い考え方の方がうまく行くことが多いのです。
 甘い考えの子は、社会に出てから自然に鍛えられますが、その反対に辛い考えの子が社会に出てから楽天的になることはあまりないからです。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」