△ひとつ前の記事 これから脚光を浴びる学力は作文力
▽ひとつ後の記事 学力向上の秘訣は雨だれ岩をも穿つ

 
個性、挑戦、感動、共感のある体験実例は、親子で考える  2017年10月13日  No.3066
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3066      




 受験作文で、体験実例を入れるケースがあります。

 特に、公立中高一貫校の受験では、具体的な自分の体験を入れることがよく求められます。

 なぜかと言うと、これまでの大学入試の小論文の模範解答などのように説明と意見だけで書いてしまうと、小学生の場合は、どれも似たような文章になってしまうからです。

 だから、模範解答的な文章を書くのではなく、自分の体験の裏付けを生かしながら書くという形で作文試験が出されるようになっているのです。

 しかし、ここで大事なことは、誰でもよくあるような一般的な体験実例を書くのではなく、実例の内容そのものに価値があるような書き方を工夫することです。

 それが、個性・挑戦・感動・共感のある体験実例です。

 しかし、試験の本番で、作文の課題に合わせてそのような価値ある体験を見つけるということなかなかできません。

 そこで、あらかじめ自分の過去の体験の中で使えそうなものを見つけておくことが大事になります。

 ところが、この個性・挑戦・感動・共感があるような体験というものは、子供だけではなかなか見つけることができません。

 子供が作文の課題の準備をするときに、親が、価値ある体験を一緒に考えてあげるといいのです。


●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 

 コメント欄

森川林 20171013 1 
 人間は、自分のよさというのは意外とわからないものです。
 身近な他人に指摘されて、初めてわかるということがあります。
 受験作文の準備をするときの体験実例は、自分で考えるだけでなく、親子で価値ある過去の実例を探すようにしていくといいのです。

コメントフォーム

個性、挑戦、感動、共感のある体験実例は、親子で考える 森川林 20171013 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」