秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 プレゼン作文発表会 11月25日(土)午後1:30~3:00――田舎のおじいちゃんやおばあちゃんも見学できます
▽ひとつ後の記事 集中力のない子の問題

 
小1オンライン相談会最初の話(動画)  2017年10月22日  No.3073
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3073      




 10月14日(土)に行った小1オンライン相談会の最初の説明の部分です。(約12分)
 低学年勉強の仕方、対話の仕方、読書の仕方、作文の取り組み方、私立の小学校の勉強の仕方などについて話をしました。
 この話のあと、参加された11名の方から、順に質問を受け、最後にまとめてお答えしました。

 当日は、参加者のカメラはオフで、名前ではなく電話番号の末尾4桁で指名してお話をうかがいました。
 その番号の呼び方がわかりにくかったようで、当日質問ができなかった方もおられたようですが、一人の方はその後Facebookメッセージに質問内容を書いてくださいました。(海外の小1の勉強の仕方について)
 また、Facebookグループ「言葉の森と家庭教育」にも、質問の柄を書いてくださった方がいました。
 当日、質問できなかった人は、このような形で今後も質問をしてくださるといいと思います。

 googleハングアウトを使ったオンラインの説明会は、比較的能率よく密度濃くできたと思います。
 一部に、スマホで音声が聞き取りにくいという現象があったようですが、今後、他の学年でもオンライン相談会を企画していきたいと思います。

 なお、この小1オンライン相談会の翌週は、受験コースの個人面談を1人10~15分で行いました。
 今後、こういう個人面談の企画も増やしていきたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=16&v=FGko0ubi8lA

 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
小学校低学年(79) 

コメントフォーム

小1オンライン相談会最初の話(動画) 森川林 20171022 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171022 1 
 言葉の森のホームページには、いろいろな教育記事が膨大に載っているので、それらを探して必要な部分だけ読むのは大変です。
 こういうオンライン相談会や個人面談があれば、自分の聞きたいことをピンポイントで聞けるので便利だと思います。
 今後、このようなオンラインの企画を増やしていきたいと思います。
(現在は、森林プロジェクトのオンライン研修交流会を企画しています。)


nane 20171022 1 
 オンラインの会合は、今はまだ主催する側の方に操作に関するある程度の知識が必要ですが、参加する側はかなり楽になっています。
 ほとんどの参加者は、ハングアウトのリンク先をクリックするだけで参加できます。
 中に、たまに、マイクが使えなかったり、カメラが使えなかったりという問題が生じることもありますが、解決できないようなトラブルはまれです。
 今後、このようなオンラインの企画を活用して、子供たちが参加できる勉強を作っていきたいと思います。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」