秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 プレゼン作文とプレゼント作文(facebookページより)
▽ひとつ後の記事 新しいオンライン教育(facebookページより)

 
本を繰り返し読むことの大切さ――数多く読むよりも繰り返し読むことで理解力が深まる  2017年11月9日  No.3087
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3087      




 「葦編三絶」という言葉は、孔子が「易経」という書物をとじ紐(ひも)が三度も切れるほど繰り返し読んだという故事から来ています。
 なぜ三度も繰り返し読んだかというと、その内容が理解できなかったからではなく、理解が浅かったと思ったからです。

 一般に、難しい本を読む場合の理解は、何層にも分けて考えることができます。
 1回目に読む場合、理解するところは、自分が既に何らかの形で理解しているものに近いところに限られます。
 2回目に読むと、自分の理解が1回目より進んでいるために、もう一段深く新しいことを理解することができます。
 3度目に読むと、さらにもう一段深く理解ができるようになります。

 このように繰り返し読めば、それだけその本の内容の理解が深まります。
 しかし、1回目に読んだだけでも一応自分なりに理解したつもりにはなっているので、自分の理解が浅い理解だという自覚がないのが普通です。

 本を繰り返し読むことが大切なのは、繰り返し読むことによって理解を深めることができるからです。
 子供が同じ本を繰り返して読むときも、同じような理解の深化があります。
 だから、本をたくさん読む子よりも、同じ本を繰り返して読む子の方が、理解力も語彙力も増えてくるのです。
(つづく)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 

コメントフォーム

本を繰り返し読むことの大切さ――数多く読むよりも繰り返し読むことで理解力が深まる 森川林 20171109 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171109 1 
 写真は、昔の本、竹簡です。
 こういう竹に書かれた本を読んでいたから、とじひもが三度も切れたのでしょう。
 
 先日、もう既に何度か読んでいるはずの本を読んでみると、前に気づかなかったことが書いてあることに気づきました。
 理解するというのは、その時点で自分が理解できる範囲のものを理解するということに過ぎません。
 だから、たくさん読んでも、理解が深まることはないのです。
 
 これは、算数や数学の勉強をするときも同じです。
 問題集を何冊も解いても実力はつきません。
 1冊の問題集を、できないところが1問もなくなるまで繰り返し解くことで本当の実力がつきます。
(ただし、もうできた問題は解かなくていいのですが)
 
 こういうことを、もっと塾や学校で教えてあげればいいと思うのですが、そういう話はほとんど聞きません。


nane 20171109 1 
 なぜ本を繰り返し読む子が少ないかというと、ひとつには本が豊富すぎるからです。
 しかし、もうひとつには、繰り返し読むことの大切さを知らない人が多いからです。
 と言っても、子供が読みたくない本を繰り返し読ませても逆効果です。
 繰り返し読みたくなる本を見つけるのが最初です。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」