言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 読書好きな子を育てるには(漫画)
▽ひとつ後の記事 言葉の森の今後の基本方針と寺子屋オンラインの運営の改善

 
小学一年生はボタンのかけ始め  2017年11月30日  No.3100
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3100      




 作文教育の分野で子供と親の関わりが特に大事になってくるのは、小学校高学年になってからです。

 このころになると、作文の課題も、考える要素や社会的な視野を必要とする要素が増えてくるので、子供ひとりの力では十分に内容を深めて書くことができなくなります。

 そのときに、社会生活を経験しているお父さんやお母さんが、作文の課題について自由に子供と話し会えるような状況を作っておくことが大切です。

 ところが、子供はちょうどこの小学校高学年のころに自立する年齢になるので、親の干渉を離れて自分ひとりで物事に取り組みたいと思うようになります。

 だから、親は子供に干渉するのではなく、温かい関心を持って見守っているのだということを子供に納得させる必要があります。

 そのためには、小学校低学年のころから、子供の自主性を尊重し、子供のよいところを褒めて伸ばすような接し方をしていくことです。

 この、よいところを伸ばし、子供のやることを認めるということが大人の一つの役割です。

 しかし、もう一つ大事なことは、子供が嫌がることであっても、あることに対してはその嫌がることを克服して続けることを強制する必要もあるということです。
 これもまた重要な大人の役割です。

 なぜ子供が嫌がることであっても強制して続けさせる必要があるかというと、それはその子が将来社会の役に立つような仕事をするときに、自分の好きなことを好きなまましているのでは社会貢献の幅が狭くなってしまうからなのです。

 したがって、分かりやすく言えば、第一は、勉強については子供のよいところを褒め、子供の存在をありのままに認めることです。
 しかし、第二は、礼儀作法や人に対する接し方などについては、子供を社会生活に望ましい形に強制することが大切になるのです。

 具体的に言えば、テストでひどい点数を取ってきてもそれで子供を叱ったりはしないと同時に、家庭のルールとして決めたことを守っていなければ厳しく叱るというような区別が必要になります。

 こういう基本的な子育ての土台になるのが、小学1年生の時期です。
 ちょうど学校生活が新しく始まる時期に、家庭の教育方針のボタンをかける位置を決めておく必要があるのです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
小学校低学年(79) 

コメントフォーム

小学一年生はボタンのかけ始め 森川林 20171130 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171130  
 何事も、いちばん始めが大事です。
 それは、刷り込み(インプリンティング)のようなものがあるからです。
 暗唱でも、最初の1回目で読み間違えると、その読み間違いはなかなか直りません。
 だから、最初だけは慎重にゆっくり正しく読む必要があります。
 そして、正しく読めるようになったら、あとはいくらスピードを上げて読んでもいいのです。
 家庭の教育方針も、これに似ています。
 最初だけは、よく考えて慎重にその家庭なりの教育方針を決めておく必要があるのです。


nane 20171130  
 褒めて育てることと、叱って育てることは、物事の両面です。
 勉強的なことについては褒めて育てていけばいいのです。
 しかし、躾に関しては時に厳しく叱って育てる場面も出てきます。
 この両方があるから、褒めるときも甘くなりすぎないし、叱るときも冷たくなりすぎないのです。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」