言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 発表交流会の作品のアップロードの仕方
▽ひとつ後の記事 少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設

 
1月4週の発表交流会のお知らせ  2018年1月14日  No.3135
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3135      




■1.4週に発表交流会を行います

 1月4週に、Zoomを使った発表交流会を行います。(昨年12.4週の合同交流会と同じ形式です)

 参加対象は、言葉の森の生徒及び父母、自主学習クラスや思考発表クラブなどの寺子屋オンラインの生徒及び保護者です。

 前回は、自主学習クラスの人も交流会に参加しやすくなるように、自主学習クラスの通常の授業は休みにしましたが、今回からは自主学習クラスの1.4週の授業は通常どおり行います。

 オンライン作文コースも通常どおり行います。

 思考発表クラブは、通常の授業は休み宿題とし、授業の動画を見られるようにしておきます。

 発表交流会は、1週間の日程で何度も参加してかまいません。ただし、発表はどこかで1回だけ行ってください。見学だけは、どこでもいつでも何度でもできます。

 見学だけの場合でも、読んでいる本の紹介は参加のつど行ってください。
 本の紹介は、本を見せるだけでも結構です。
 本の紹介をする人は、読んでいる本を手もとに用意しておいてください。

※発表会に使う画像をあらかじめアップロードする場合は、下記の記事をごらんください。
https://www.mori7.com/as/3134.html

 出欠はとりません。また、遅刻・早退は自由です。そのかわり、静かに入出をしてください。

 カメラは見学の人も含めて全員オンにしておいてください。

 発表の内容は自由です。
 1人5分以内を目安に行ってください。

 あらかじめ画像や動画などを入れる場合は、Google+コミュニティのページに入れておいてください。
 思考発表クラブの人は、これまで自分が思発クのコミュニティーで発表した記事のURLを投稿するという形でも結構です。

 発表の例としては、次のようなものがあります。
・思考発表クラブで毎週行っているのと同じような発表
・自分が書いた作文
・自分が読んでいる本の紹介
・自分が行った理科実験
・自分が作った工作
・自分が調べた自由研究
・自分が作った算数の似た問題
・自分が出かけて経験したこと
 5分以内であれば、複数の発表をすることもできます。

●会場(Zoom会場、パソコンでもスマホでも参加できます。)

https://zoom.us/j/156334327(言葉の森のホームページで「中庭」となっているところです)

●日程(どの会場でも、何度でも参加・見学ができます。保護者の見学もできます。)

・1月22日(月)19:00~19:45
・1月23日(火)19:00~19:45
・1月24日(水)19:00~19:45
・1月25日(木)19:00~19:45
・1月26日(金)19:00~19:45

■参加フォーム(1/15 追加)

 参加用のフォームを作りました。
 ここで参加予定の日を選択すると、誰がどこに参加するかわかるようになります。・
 参加日を決める歳の参考にしてください。
https://www.mori7.com/kform_pre.php?k=hkk201801
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プレゼン作文発表会(20) 

 コメント欄

森川林 20180114 1 
 勉強は、詰め込むだけでなく、発散することも大切です。
 使うことによって、次の蓄積への意欲がわいてくるからです。
 そして、他人の発表を聞いて、今までと違うやり方に気づくことがあるからです。
 発表は、これからの時代に最も必要になる学力面の個性を育てます。
 だから、上手な発表というよりも、自分らしい発表がいちばん大事になります。
 1月4週の発表交流会は、思考発表クラブの生徒の発表が中心になると思いますが、希望者はどなたでも発表できます。

nane 20180114 1 
 これまでの勉強は、すでにある答えを速く見つけるという勉強でした。
 だから、個性はむしろ邪魔でさえあったのです。
 模範となる解法を身につけて、それを適用する力が学力だと思われていました。
 しかし、そういう学力はこれから人工知能に取って代わられていきます。
 人間に必要な学力は、自分らしいやり方で問題を解いたり、あるいう問題を作ったりする力になるのです。
コメントフォーム

1月4週の発表交流会のお知らせ 森川林 20180114 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」