△ひとつ前の記事 子供の反抗期にどう対処するか――家庭に犬や猫のペットがいると家庭がなごむ
▽ひとつ後の記事 いよいよスタート、英語暗唱講座

 
親子の対話は読書よりも効果がある  2018年3月1日  No.3216
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3216      



 子供の頭を良くするのは読書と対話です。

 読書は、ある程度難しい本を楽しく読めるようにならないと力がつきませんが、親子の対話は、もっと直接的な効果があります。
 それは、親が子供の反応を見ながら、その子の理解できる範囲で難しい話を面白おかしく話すことができるからです。

 作文の勉強で力がつくのは、作文の予習シートなどで、この親子の対話ができるようになるからです。

 ところが、この親子の対話が難しいと考えるお母さんもいます。
 その理由は三つあります。

 第一は、親が子供の話を聞き出そうとしていることです。

 子供にはまだ予備知識が少ないので、親子の対話の中心になるのはあくまでも親の方です。
 子供は、その親の話を聞きながら、だんだんと自分らしい考えとその考えを表す語彙力を身につけていくのです。

 第二は、親が準備をしていないことです。

 子供が小学校低学年のころは話す内容が身近なことなので、それほど準備をしなくても面白い話はできます。 しかし、子供が中学年になり感想文の課題を書くようになると、親もある程度その文章を読んで自分なりに子供の興味持ちそうな話を考えておく必要があるのです。

 例えば、パスツールの話で、子供が、「お母さん、発酵と腐敗とどう違うの」などと聞いてきた場合、親が準備なしに辞書的な知識を話すだけでは、多くの場合そこで話は終わってしまいます。

 しかし、事前に準備がしてあれば、子供の興味を持ちそうな面白い話ができますし、場合によってはそこから親子の実験、観察などへと話を発展させていくこともできます。

 子供に面白い話をしてあげるための材料を探すということは、決して時間のかかる面倒なことではなく、大人であれば少し努力すれば実行できるむしろ楽しいことなのです。

 第三は、親の話が知識や意見中心になり、子供が興味を持たなくなる場合があることです。

 知識や意見が話の中心になると、その話は親の個性が感じられる話になりません。
 本を読めばわかるような話をいくらしても、子供は興味を持たないのです。

 大事なことは、親が自分の体験談を話すということと、そこにできるだけ自分の創造的な考えを入れるということです。
 子供と話すときこそ、そういう努力と工夫が必要なのです。


●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
対話(45) 

 コメント欄

森川林 20180301 1 
 読書で難しい本を読ませるのは大変ですが、親子の対話で難しい話を面白く話すことは比較的簡単にできます。 そして、その対話の中で、子供の理解力、語彙力、表現力が伸びていくのです。


nane 20180301  
 子供が、作文の予習として、「お母さん、○○のことで、何か似た話ある」と聞いてきたとき、親は、あっさり「ない」とか、「自分で調べなさい」とか言わないことです。
 こういうときこそ、親子の知的な対話を始めるチャンスなのです。

コメントフォーム

親子の対話は読書よりも効果がある 森川林 20180301 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」