△ひとつ前の記事 勉強の本来の面白さを味わうために
▽ひとつ後の記事 創造力は教えられて育つものではなく、創造する人の後ろ姿を見て育つ

 
作文のオンライン授業の予習用の動画を公開(小1~中1、中学入試・高校入試ハイパー作文)  2018年7月4日  No.3360
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3360      



 現在、寺オン作文コースと発表学習コースで行っている授業の予習用の動画をアップロードしました。
 学年は、小1から中1までと、中学入試用と高校入試用のハイパー作文の解説です。

 小1と小2は、同じ実行課題集なので、作文と理科の授業はほぼ同じ内容で、国語、算数は若干違っています。
 中2~高3の授業は、時間的な関係でまだ入れていませんが、希望があれば今後入れる予定です。

 社会と英語は、まだ予習の動画には入れていませんが、将来はオンラインの授業として取り組めるようにする予定です。
 発表学習コースの中では、暗唱の練習を行っている生徒も多数いますが、暗唱については特に予習はないので動画には入れていません。

 さて、この作文の予習用の動画は、これまでは限定公開にしていました。
 それは、他のyoutubeの動画などを引用して紹介していたからです。

 しかし、今回は、タイトルと表紙だけ引用することにしたので、特に公開しても差し支えないと考えホームページで公開することにしました。
 オンラインで授業を受けていない電話通信や通学の生徒も、この予習動画を見て書くことを準備しておくといいと思います。

 なお、予習動画の内容は、作文、国語、算数、理科となっていますが、生徒が取り組む勉強の中身は自由です。
 ただし、作文の構想図(構成図)は、原則として全員発表としています。

 予習の動画の時間は、いずれも5分から10分の短いものですので、生徒だけでなく保護者の方も動画を見て、生徒の事前の準備に協力していただければと思います。
 特に、今後、受験作文に取り組む生徒の場合は、保護者の協力が欠かせませんので、子供が取り組む作文課題の内容を把握しておいてくださるようお願いします。

■7.2週の予習の動画

小1授業の動画7.2週
https://youtu.be/u3gR5-jrhlg

小2授業の動画7.2週
https://youtu.be/IKtPSQCyJ3Q

小3授業の動画7.2週
https://youtu.be/PWIQQHmO9A8

小4授業の動画7.2週
https://youtu.be/FlY96RWwRxc

小5授業の動画7.2週
https://youtu.be/HA6BWHbOfWg

小6授業の動画7.2週
https://youtu.be/S-U4pNX6RL0

中学入試ハイパー作文授業の動画7.2週
https://youtu.be/PUZpQ2JxRUs

中1授業の動画7.2週
https://youtu.be/Y9gAI1B8vR8

高校入試ハイパー作文授業の動画7.2週
https://youtu.be/THjhrkN2oAI
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

森川林 20180704  
 以前、「材料七分に腕三分」ということで書きましたが、作文の勉強で最も大事なのは事前の準備です。
 小学校低学年のころは、まだ表現力だけで書けますが、課題が難しくなってくると、保護者への取材など事前の準備の有無が出来栄えを大きく左右します。
 寺オン作文コースの利点は、その事前の準備そのものを発表し合う時間を設けていることです。
 書いたあとの添削ではなく、書く前の準備が作文力上達のいちばんの近道です。
 これは、特に、受験作文のような難しい課題に取り組む生徒にとっては必須です。


nane 20180704  
 幼中から育てていたカブトムシが、突然みんな成虫になりだしました。
 えさは、とりあえずバナナ。
 昼間は土の中で寝て、夜だけ起きて食べています。

 という写真は、記事の中身には全く関係ありませんが(笑)。
 記事の内容は、作文の勉強で大事なのは事前の準備という話です。
 事前の準備のための保護者とのやりとりの中で、子供たちは学力だけでなく、物の考え方や人としての生き方なども身につけているのです。

コメントフォーム

作文のオンライン授業の予習用の動画を公開(小1~中1、中学入試・高校入試ハイパー作文) 森川林 20180704 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」