△ひとつ前の記事 小4で作文が上手に書ける子は、小5からの考える作文の前夜の時期にいる――その時期をどう過ごすか
▽ひとつ後の記事 国語の勉強の仕方は、まず読むことから――問題を解く勉強はずっとあとから

 
本当の教育は、家庭教育も含めた教育から――学力だけでなく文化力も育てる寺子屋オンライン教育  2018年9月30日  No.3416
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3416      



 社会を良くする最も有効な方法は、子供たちを良い子に育てることです。
 日本は、盗難などの犯罪が極めて少ない国だと知られています。
 落とした財布が高い確率で戻ってくる国は、日本以外であまりありません。

 それは、罰則があるからでも、監視カメラがあるからでも、社会人教育が行き届いているからでもなく、そういう子どもたちが育っているからです。

 日本では、「嘘つきは泥棒の始まり」ということわざを誰でも知っています・。
 また、他人のために尽くした人が報われるという昔話を子供のころから数多く聞かされています。

 これらは、主に家庭教育によって行われたものです。
 確かに、学校教育でも、助け合いをの精神を学ぶことやチームワークを大切にすることなどは教えられます。
 しかし、それは共通の家庭教育の文化が背後にあるからこそ、有効なものになっているのです。

 ところが、これからは異なる家庭環境の子供たちが増えてきます。
 2016年の厚生労働省の統計によると、1年間に日本国内で生まれた赤ちゃん約100万人のうち3万人以上が両親又はどちらかの親が外国人となっています。
 これからは、異なる家庭環境や文化背景を持つ子供たちが増えてくるのです。
 だから、これからの教育は、家庭教育も含めたものにしていく必要があります。

 「学力の経済学」では、幼児期の教育が大きな成果を生み出すということが述べられています。
 しかし、私はその調査を見て、幼児期の教育そのものよりも、むしろそれと並行して行われた家庭訪問の方にその後の子供たちの成長の源泉があったと思うのです。
 ここが、「学力の経済学」の中で見落とされている点です。

 この家庭教育を含めた教育をどのように進めていくかということが、これからの教育の課題です。
 私は、その答えが寺子屋オンライン教育にあると考えています。
 それは、第一に、誰でも距離に関係なく、しかも低コストで、教室に参加することができるからです。
 第二に、寺子屋オンライン教育の中心になる作文教育や発表教育は、家庭での親子の対話を学習の重要な要素とするからです。
 第三に、寺子屋オンラインの授業のあとすぐに、講師と保護者との懇談を行うことができるからです。
 第四に、これらの教育が、個別教育でもなく集団教育でもなく、5、6人の少人数教育というすべての子供が参加し発表するかたちで行うことができるからです。

 これまで、この寺子屋オンライン教育は、学年が混在する状態で行われていました。
 しかし、今後、学年別にクラスを分け、子供たちの共通の関心に基づいた課題に取り組めるようにしていきたいと思っています。

 そのためには、寺子屋オンラインの教育を行える多数の講師が必要になります。
 現在、講師育成講座の参加者を募集しているのは、こういう背景があるからです。

 寺子屋オンライン教育は、全国(全世界)どこからでも参加できるとともに、参加者のさまざまなニーズにも応えられる多様性を持っています。
 現在は、作文を中心とした勉強が主流ですが、既に国語、算数数学、理科などの教科の勉強にも取り組めるようになっており、更に読書紹介や暗唱発表などの独自の学習にも取り組めるようになっています。
 今後は、参加する生徒の希望に応じて、英語暗唱やロボットプログラミングなどにも、更には音楽や絵画などの芸術活動にも取り組めるようになると思います。

 家庭教育と結びついた寺子屋オンラインの少人数教育によって、これからの日本の教育は大きく変わっていくと思います。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森林プロジェクト(50) 寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

森川林 20180930  
 これまでは、学力だけがあれば何とかなるという時代でした。
 これからは、学力だけでなく、人と協力する力とか、他人に対する思いやりとか、勇気とか、情熱とか、誠実さとか、学力以外のものが重要になります。
 その学力以外のものを育てる場は、今のところ家庭しかありません。
 家庭教育力の差がおおきな差になる時代になってきたのです。



nane 20180930  
 家庭教育が大事だと言っても、自分の家の家庭教育に自信を持てる家庭はありません。
 どの家庭でも、試行錯誤しながら子育てを行っています。
 勉強はどのくらいしたらいいのか、テレビはどのくらい見せてもいいのか、本はどのくらい読ませるか、ゲームやスマホはどうしたらいいのか、そういうことがすべてまだ日本の教育文化として確立していません。
 だから、多くの家庭では、とりあえず勉強だけできればいいとなってしまうのです。
 しかし、これからは、勉強以外のものの重要さがますす大きくなる時代です。
 夫婦共働きの多忙な両親に合わせた新しい家庭教育を作っていく必要があるのです。

コメントフォーム

本当の教育は、家庭教育も含めた教育から――学力だけでなく文化力も育てる寺子屋オンライン教育 森川林 20180930 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」