国語力、作文力をつける低学年からの勉強法
 これまでは、覚えた知識を再現する記憶型の勉強が中心でした。しかし、これからは、思考力や表現力を見る作文型の勉強が中心になります。公立中高一貫校の入試でも、公立高校の入試でも、大学の入試での、小論文のウエイトが次第に高くなっています。また、就職試験でも文章表現力が重視されています。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 【合格速報】白百合大学文学部
▽ひとつ後の記事 言葉の森の今後の方針(その1)

 
12.4週の寺子屋オンラインの授業の動画  2018年12月19日  No.3468
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3468      



 11月末の教室移転作業がようやく一段落し、通常の仕事のペースに戻ってきました。
 授業の動画のアップロードなどが遅れていましたが、とりあえず12.4週の自由な課題をアップロードしました。
 これから12月の予定を立て直し、1月からの新しい計画につなげていきたいと思います。
▽12.4週の授業の動画
https://youtu.be/O1d6rLux9N8

言葉の森の受講案内  無料体験学習受付中
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

森川林 20181219  
 発表学習の12.4週の授業の動画をアップロードしました。(約10分)
 今後、こういう動画を教科ごとに森林プロジェクトの講師や保護者の方に自由に作っていただく予定です。


nane 20181219  
 毎日小学生新聞の記事は、結構充実しています。
 学校の教科書に載っている理科や社会の話はつまらないものが多いので、これをもっと子供の好奇心を掻き立てるものに作り直す必要があります。
 そういう好奇心や探究心が、発表学習の勉強の動機になっていくのです。
コメントフォーム

12.4週の寺子屋オンラインの授業の動画 森川林 20181219 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」