暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 作る学力と暗唱(その2)
▽ひとつ後の記事 作文に関するいろいろな図書

 
作る学力と暗唱(その3)  2009年4月29日  No.469
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=469      


 暗唱には、知識を文脈と反復を通して生きた知識として身につけるという効用があります。
 そしてまた、暗唱には、記憶の容量を高めるというもう一つの効用があるようです。
 塙保己一は、十代後半のときに、般若心経約300文字を毎日100回、1000日間暗唱するという修行を自分に課しました。300字を1回読むのに1分かかるとすると、100回の暗唱には約100分かかります。この毎日100分の暗唱を約3年間毎日続けたのです。
 塙保己一は、群書類従という書物をまとめましたが、これは、保己一の膨大な記憶力がなければできなかったことでしょう。保己一の頭の中には、それまでに読んだ書物がほとんどすべて、すぐにアクセスしたり検索したりできる情報として整理されていたのです。
 なぜ、そういうことができるようになったかを考えてみると、保己一にとっては、記憶の容量そのものが大きくなったからではないかと思います。

 通常、人が無意味な文字列として一度に覚えられる言葉は7文字ぐらいだと言われています。これが短期記憶です。ところが、これが無意味な文字列ではなく文章のような意味ある文字列になると、文字列自体ががひとつのまとまりになります。
 例えば、ひふみ47文字を初めて読む人は、その文字列をたぶん一度では覚えられません。「ひふみよいむなや こともちろらね しきるゆゐつわぬ そをたはくめか うおえにさりへて のますあせゑほれけ」。並べられた文字列の意味がわからないからです。ところが、意味のある文字列が50文字程度であれば、一度で覚えることができます。例えば、「真ッ白い嘆かひのうちに、海を見たり。鴎を見たり。高きより、風のただ中に、思ひ出の破片の翻転するをみたり」(中原中也詩集より)。説明するまでもありませんが、「真ッ白い」「嘆かひのうちに」「海を見たり」などがそれぞれひとまとまりの言葉となっているので、そのまとまりを基準に考えると50文字程度の文字列が7まとまり程度の文字列に還元されるからです。
 ここまではだれでも考えつくことですが、実は、300文字ぐらいの文章も、見方を大きくすれば、50文字程度の文章のまとまりが7つぐらいあると考えることもできるのです。長文暗唱で300字の暗唱をするときは、たぶん頭の中で、50字程度の文をひとまとまりとするような仕組みが働いているのだと思います。
 そして、塙保己一は、この300文字の暗唱を毎日100分、1000日間続けることによって、いつでも50文字程度の文をひとまとまりの単語のように読み取る力がついたのではないかというのが私の考えた仮説です。同様の学習法、すなわち長い文章を何度も音読することによって理解する方法は、シュリーマンや本多静六も実行しています。
 暗唱には、このように、生きた知識を身につける効果とともに、記憶力そのものを高める効果もあるのではないかと思います。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 教育論文化論(255) 

 コメント欄
コメントフォーム

作る学力と暗唱(その3) 森川林 20090429 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」