△ひとつ前の記事 低学年の音読は、間違えて読んでも直さない
▽ひとつ後の記事 作文小論文入試のコツその2(言葉の森新聞の記事より)

 
ウェブで見る教材  2010年1月14日  No.737
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=737      




 言葉の森の教材は、ウェブですべて見ることができます。
 ウェブの教材をプリントする場合、ブラウザとしてインターネットエクスプローラ6、又はインターネットエクスプローラ8の環境が必要です(以下、IE6、IE8)。
(safari、FireFoxは、日本語の縦書き環境に対応できていないので、正しく表示されません。IE6、IE8は正しく印刷できますが、IE7は、縦書きの画像がゆがみます)

 プリントする場合は、ブラウザの設定を次のようにしてください。
・ブラウザの「ファイル」→「ページ設定」で、ヘッダーとフッターを消します。
・同じく「ページ設定」で印刷の余白を上下左右とも7mm程度にします。
・ブラウザの「表示」→「文字のサイズ」を最小にします。
(IE8の場合、UTF-8のページの設定が優先されてしまうため、該当ページを最小にする前に、言葉の森のトップページを最小化しておく必要があります)
・ブラウザの「ツール」→「インターネットオプション」の「詳細設定」のタグを開きます。「詳細設定」のいちばん下の方にある「背景の色とイメージを印刷する」にチェックを入れます。

 プリントするページは、次のとおりです。

1、言葉の森のトップページで、文字サイズを最小にしておく(UTF-8ページの設定が優先されるため)
2、体験学習の仕方
http://www.mori7.net/mori/taikenn_sikata.php
3、学習の手引
http://www.mori7.net/mori/gate.php
4、暗唱の手引
http://www.mori7.net/mori/mori/annsyou.html
・暗唱の練習は体験学習中は行いません。入会後、先生が説明します。
5、用紙類
○作文用紙低(小2以下の低学年用)
http://www.mori7.net/mori/gate/sakubunn_tei.pdf
○作文用紙(小3以上の高学年用)
http://www.mori7.net/mori/gate/sakubunn.pdf
○自習用紙(暗唱の自習をする場合)
http://www.mori7.net/mori/gate/jisyuu.pdf
○構成用紙(小3以上の構成図用)
http://www.mori7.net/mori/gate/kousei.pdf
○封筒用紙(郵送で送るときの封筒)
http://www.mori7.net/mori/gate/huutou.pdf

6、課題フォルダの表紙
http://www.mori7.net/mine/hyousi_omote.jpg
http://www.mori7.net/mine/hyousi_ura.jpg
7、課題フォルダの中身
http://www.mori7.net/mine/ (表示できるのは生徒のみ)
・ユーザー名、パスワード、生徒コード(ユーザー名と同じ)を入れ、「スタート」が「1」になっていることを確認し、海外の生徒の場合は、「『海外』の生徒も表示する」にチェックを入れ、表示ボタンを押します。
・学期末(3月、6月、9月、12月)の20~28日に新学期の課題フォルダを印刷する場合は、新学期用のページを表示してください。
http://www.mori7.net/mine/index.php?sinngakki=on (表示できるのは生徒のみ)
8、住所シール
http://www.mori7.net/mine/lavel.php?maisuu=12_tori_juusyo (表示できるのは生徒のみ)
・作文用紙や封筒用紙に貼るためのシールです。シール台紙がない場合は、白い紙に印刷して、はさみで切り取り、のりを使って作文用紙に貼ってください。
・ユーザー名、パスワード、生徒コード(ユーザー名と同じ)を入れ、「スタート」が「1」になっていることを確認し、海外の生徒の場合は、「海外の生徒も表示する」にチェックを入れ、表示ボタンを押します。
9、項目シール
http://www.mori7.net/mine/lavel.php?maisuu=tori_koumoku (表示できるのは生徒のみ)
・作文用紙に貼るためのシールです。シール台紙がない場合は、白い紙に印刷して、はさみで切り取り、のりを使って作文用紙に貼ってください。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森サイト(41) 

 コメント欄
コメントフォーム

ウェブで見る教材 森川林 20100114 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」