△ひとつ前の記事 作文小論文入試のコツその2(言葉の森新聞の記事より)
▽ひとつ後の記事 外勉から内勉へ

 
懐かしい1996年の言葉の森新聞  2010年1月15日  No.739
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=739      




 ホームページの編集をするときに、昔の言葉の森新聞のページを見てみました。
 すると、1996年に最初に作った新聞のページがありました。

▽1996年1月2週号
http://www.mori7.com/mori/komori1996/m960102.htm
▽1996年の言葉の森新聞
http://www.mori7.com/mori/komori1996/indexmori1996.html

 当時、学習塾でホームページを作っているところはほんの数えるほどでした。ヤフーで「学習塾」というカテゴリーに入っているページには、すべて挨拶に行けるぐらいの数でした。しかし、当時、メールで挨拶に行ったページは、今はもうどこにもありません。(T_T)

 最初の記事を読んで感心したのは、1996年のころから、パソコンの本質をネットワークだと見ていたことです。
 私はずっと、パソコンには、ブラウザとエディタだけあれば十分だと考えていましたが、今それがネットブックとクラウドコンピューティングという形で実現しています。


 ついでにいろいろ見ていると、当時のページを保存しているサイトがありました。

 1996年から1999年のころのホームページ。
http://web.archive.org/web/19970502140902/http://www.mmjp.or.jp/shine/


 1999年から表紙がビジュアルになりました。。
http://web.archive.org/web/19991023042158/http://www.mori7.com/


 2003年ごろから今のページに近くなりました。
http://web.archive.org/web/20030207222754/http://www.mori7.com/index.html



 しかし、こういうのを見て昔を懐かしむようになったら人間は終わりです。

 1996年の当時は、パソコンとネットワークを主要な手段と考えていましたが、今考えているのは、手書きの作文とリアルな触れ合いです。
 それを単に昔に戻るようなやり方ではなく、パソコンとネットワークを止揚した方法で実現することが現代の課題だと考えています。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森サイト(41) 

 コメント欄
コメントフォーム

懐かしい1996年の言葉の森新聞 森川林 20100115 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」