35年間の実績をふまえた言葉の森の全く新しい「オンライン作文少人数クラス」がスタートします
つづきを読む
△ひとつ前の記事 家庭での作文の教え方5 絵と構成図
▽ひとつ後の記事 1月の森リン大賞(中1-中2)

 
1月の森リン大賞(小1-小6)  2010年2月19日  No.792
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=792      


 1月の清書をもとにした森リン大賞が決まりました。

 小4までは、自分なりに楽しく作文を書いていくことが大事なので、代表作品は表示していません。

 生徒のみなさんには、「山のたより」に、自分のこれまでの清書の森リン点の経過も併せて表示しています。




1月の上位入賞者(小1の部68人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1かぞくでとしょかんレッツゴークリーム6144342435687
2はじめてのうみのそこクポノ6048637435589
3路面電車がうごく町とらたいがくん6038543505480
4たこ、たこ、あがれみりまりん6057338475392
5とびばこ六だんとべたきむち6045141435187
6サンタからもらったベイブレードきしそ5961739495581
7ちぎょグッピーウルトラマンゆうま5953837435483
8むかしあそびおはなちゃん5952638435383
9胎内めぐりみるく5975538475287
10つりトム5945444435279





1月の上位入賞者(小2の部109人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1ものしりしょうゆ館タカ70108142647689
2今年の目ひょうアルセウス6747041526095
3キッザニアきすけ6646842607279
4二人の時間 楽しいななかず6653739506789
5カメのカメすけりすっぴ6658541476490
6「あぁ、つかれた…。」すももちゃん6688241466189
7ぼくのたん生日パルキア6644139546183
8雪の一日ぷっくりん6581038576580
9プレオおゆな6546139446387
10スキー教室で学んだことかなろ6571442456380





1月の上位入賞者(小3の部133人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1ひどい交通事故の多い交差点ダイヤモンド7367149657776
2くさるよ、くさる。むちゃくちゃくさる。メゾピアノ7276252497293
3はじめてのスキーキャンプきまめ7165744497986
4道路の四つの四季ゆかり7168843516790
5お風呂にはいるの気持ちいいなさやか7062943567079
6美人なべおるわ7058047476792
7なくし物のれんぱつしゅわきち7092648456487
8び生物、細菌はすごいな~!!なるちゃん7092139486489
9おひめさまのママ(ママひめ)JJ7074641546387
10どきどきパニック人生ゲームななみ6958541447286





1月の上位入賞者(小4の部127人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1楽しみだねらんら80100039758493
2自信がある百人一首シャーロック・ホームズ78107749697881
3生き物みんなつながっているかもわ7877958627389
4大変な朝孫悟空7792259507983
5アメリカで生まれた迷い虫ほしのみか7683748607793
6休み時間のボールおにじよう76127449607686
7よ・り・み・ちリラックマ76125451516889
8持ってきて良かった、青いジャンパーなぞのたびびと75144841587984
9楽しいゲームが一ぱいだりょうたろう7582444507593
10この寒さは何なんだ四葉のクローバー7588348517081





1月の上位入賞者(小5の部135人中)


「明けました」おめでとうございます
みいちゃん

「明けましておめでとうございます。」

と家族みんなで新年最初の挨拶を交わした。ここは私の祖父母宅である。大晦日から一泊していたのだ。あいにく、初夢は見なかったが、気持ちの良い朝であった。今はもう年が明けて一ヶ月経とうとしている。『明けまして』というより、『明けました』という言葉の方が似合う程だ。では、今年の我が家の正月のレポートを続けよう。新年最初の挨拶が終わると、朝食をとる。メニューは、祖母の手作りのお節とお雑煮とお屠蘇だ(お屠蘇はメニューに入るのだろうか?)。お屠蘇は、私が一番若いからと、一番にいただいた。少し苦味がある。そして、お雑煮やお節を一通りいただき、後は胃のスペースをあけておく。なぜなら、昼食こそが本番だからだ。

 昼になった。いとこの家族が、祖父母宅へやってきた。いとことはいっても、みんな大学生・大学院生だ。いとこの家族は、いろいろなオードブルをつくって持って来てくれた。それがけっこうおいしくて、たくさん食べてしまった。そして、おなかいっぱいになったところで、いとこのお姉さんやお兄さんに遊んでもらった。いっしょに人生ゲームをしたり、いっしょにこたつでテレビを見たり。私は一人っ子で兄弟姉妹がいないし、こんなに年の離れたお姉さんとしゃべったりする機会がほとんどないから、楽しかった。とこんな風に、私の家でのお正月はのんびりゆったり過ごしている。初もうでにも行かない程だ。

 昔と今の日本の正月、調べてみるとどうも違うようだ。まず、違うのは年賀状だ。正月には、昨年お世話になった方などに、年賀状を送る習慣がある。しかし、1990年頃から携帯電話が広まったため、年賀状ではなく、メールですませることが多くなってきているそうだ。また、正月(元旦)の意味も変わっている。昔は数え年を使っていて、元旦に一つ年を加えていたため、正月は、無事歳を重ねられたことを祝う日でもあった。しかし今は、満年齢を使っているため、そのような意味はなくなったという。このように、昔と今では、正月の習慣や意味も違うのだ。

 私は、家により、様々な正月の過ごし方があると思うが、それぞれ新年を祝う気持ちは変わらないということが分かった。もう元旦(正月)は過ぎたが、『一年の計は元旦にあり』というように、今年も、正月から気持ちを入れかえて計画的に毎日を過ごしたいと思う。

『今年もよろしくお願いします。』
そう書かれた年賀状。
「こちらこそよろしくお願いします。」
私もつぶやいてみた。


順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1「明けました」おめでとうございますみいちゃん80103943678583
2あけましておめでとうございます。しもん80115353718487
3こう入二日にして依存症へ…まかじろう791385448710584
4お正月にやったことはねペン79123042588886
5楽しさ100%のお正月ゆきんこ79114541638481
6お正月きほま7989852607883
7早すぎず遅すぎずのっち7991141687783
8知ったかぶりクローバー79128342587387
9そこだ!コレルリ78106444639981
10初詣森チュウ78103346739383





1月の上位入賞者(小6の部110人中)


知らないほうが幸せかも?
ことのは

 青く澄み渡った空に、ふわふわと浮かぶ真っ白な雲。わたしは小さい頃この景色を見上げながら「あの雲に乗ってみたいなあ。食べてみたいなあ。」と思っていた。ふわふわとした雲に乗れば下を見下ろせるし、きっと布団のように柔らかく気持ちのよいものだと空想をふくらませていたのだ。同時に、「雲って何でできているんだろう?}という疑問も心の中に抱えこんでいた。あんなに真っ白で、汚れがなくて、大きくふくらんでいるうえに、空に浮かぶ物なんてあるのだろうか? と感じ、頭の中で思い浮かべてもそれらしき物は考えつかなかった。そもそも空中に浮かぶ物体など、UFOぐらいではないかと開き直ってもいた。それでもあきらめきれず、いつしかわたしは「大きくなったら雲に乗って、色々な場所へ行ってみたい。」と思い描くようになっていった。青い空を白で埋め尽くす巨大な入道雲には、食欲と乗りたい気持ちをかきたてられた。触ってみたらきっと柔らかくて、温かい物なのだろうな、と。しかし、小学校に入学して勉強を始め、雲が水でできていると知った時には「え、あの雲が水だって!?」と大きなショックを受けた。何より驚いたし、「雲にはもう、乗れないんだ。」と失望もした。まさか水道から流れ落ちる水が、真っ白な雲になるなんてありえないことだ。とまだ半信半疑だったが、雲に似ている水蒸気(湯気)に手をかざすと水滴がついたため、「やっぱり雲は水だったんだ。」と納得せざるをえなかった。成長する、大人になると、今まで知らなかったことを知ってしまい、思い描いていた空想も壊れてしまう。子どもの時よりも、世界のことについて知ってしまった今のわたしの周りは、つまらない無色の物になってしまったのだろう。

 小学生になり、もうすぐで中学生になるという年齢になったわたしは、幼い頃よりも純粋に物事を見られなくなった。小さい頃には「どうしてこうなるの?」と思い、大人を問い詰めていたことも、「こうなって当たり前なのだ。」と脳が、頭が、思いこむようになったのだ。「星が落ちてくることはない」「幽霊なんていない」「太陽は輝く物だ」と自分の空想や不思議に感じていたことさえも否定し、当たり前と思うようになってしまった。様々なことを知っている現在よりも、何もかもが不思議でたまらなかった小さい頃の方が幸せだったのかもしれない。しかし、今は空想が叶わないとしても「いつか科学の力で雲に乗れるようになるだろうか。」とほのかに期待を寄せている。大きくなったら今でも、心の隅では子どもの時の憧れ、空想をいまだあきらめきれていない。願い続け、努力をすれば、いつかきっと叶うはずなのだ。初心忘れるべからずと言える。

 人間にとって驚きとは、年を重ねていくにつれて、なくなってしまう物だと分かった。驚くことを放棄した大人達にとっては「何で? どうしてこうなるの?」と疑問を抱く無邪気な子ども達がうらやましくてたまらないのではないだろうか。見る物全て、聞こえる物全て、五感で感じる物全てに疑問を感じ、答えを求めて尋ねて回る。分からない物事は空想をふくらませて楽しむ。そんな小さい子ども達を、少なくともわたしはうらやましいと思っている。年齢でいえば、小学校低学年ぐらいまでの子ども達だろうか。いっそ知らない方が幸せだったかもしれないとということも数えきれないほどある。しかし大人から見れば、わたし達小学生や中学生、はたまた高校生はまだ子ども。驚く能力を失わず、疑問を抱きながら物事を見つめていきたい。


順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1知らないほうが幸せかも?ことのは85145052617890
2固定観念だけではなくさおりん85121057577586
3当たり前は当たり前ではない闇の女帝85120951607292
4読書きちこ84125352628195
5友達のありがたみマーブルチョコレート84120649577484
6本と映像の特ちょうきんぐ83119749657587
7えんぴつとボールペンこんぺいとう83127462536587
8本と映像しちみ82118948566980
9テレビと本の違いりす82115552576681
10不思議とは!!ペンしろう81111154566783



 次回は、中学生以上です。

森リンの丘

2010年01月の清書記録
2009年12月の清書記録
2009年11月の清書記録
2009年10月の清書記録
2009年09月の清書記録
2006年9月-2009年8月までの清書記録
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森リン(103) 子供たちの作文(59) 

コメントフォーム

1月の森リン大賞(小1-小6) 森川林 20100219 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」