△ひとつ前の記事 海外に住む生徒の日本語教育―外国語も日本語もどちらも苦手にするか、どちらも得意にするか
▽ひとつ後の記事 家庭で教える作文教室

 
昔の生徒が突然、教室に就活報告  2010年4月13日  No.864
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=864      





 午後8時すぎに、小2のころのから生徒だったH君(慶応大)が、「今日、最終面接で合格しました」と報告に来てくれた。
 早速、残っていたワインで乾杯(笑)。

 会社の概要などを、「この分野ではシェアがトップで」などと、すっかりビジネスマン風に(スーツ姿で)説明してくれた。

「今日は、うちでお祝いでしょ」
と言ったら、
「いや、今日はカレーらしいので、何かほしいものがあったら、買ってこいということでした」


 今、就職活動をがんばっている人たちは、いろいろ大変だと思います。
 しかし、さまざまな紆余曲折はあっても、長い目でみれば、必ず明るい未来は待っています。
 途中の過程はすべて面白いエピソードになると思って、明るい気持ちでがんばってやっていってください。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母向け記事(61) 

 コメント欄
コメントフォーム

昔の生徒が突然、教室に就活報告 森川林 20100413 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」