公立中高一貫校の受験対策は、家庭学習と親子の対話で 子供の習い事をどのように考えるか―国語の学習を生活の中心に 対話のある作文。コミュニケーション能力はコミュニケーションによって育つ 親子の対話、先生と生徒の対話がある作文の勉強 低学年は、作文を書くことに力を入れる前に、聞くこと、話すこと、読むことの土台を

記事 1761番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/5/25 
ワーキングメモリーと暗唱法
森川林 2013/03/09 20:09 


 暗唱をしていると、発想が豊かになってきます。
 それは、暗唱によってワーキングメモリーの能力が向上するからではないかと考えられます。

 ワーキングメモリーとは、単に覚えているだけの記憶とは異なり、その情報を保持しながら何らかの操作に用いるという記憶で、作業記憶とも呼ばれています。
 学業の成績に関係が深いのは、普通の記憶力ではなく、この作業記憶の方の記憶力のようです。

 話はちょっと変わりますが、KJ法という発想法があります。思いついたことメモしたカードを広げて眺めているうちに、それらのカードから新しいアイデアがわいてくるというものです。(くわしくは「発想法―創造性開発のために」(川喜田 二郎)を参考に)
 この場合、カードが、ワーキングメモリーの補助をする形で、ワーキングメモリーの容量を増やしているのだと考えられます。

 一方、暗唱をしていると、ワーキングメモリーを入れる容器自体のサイズが大きくなるという感じがします。
 比喩的に言うと、ひしゃくで運んでいた水を、バケツで運ぶというところでしょうか。

 だから、暗唱で大事なのは、暗唱する素材ではありません。
 世間でよく行われている暗唱は、文化的な暗唱で、暗唱する材料自体に文化的な価値があるものが選ばれています。
 もちろん、それはそれでいいのですが、材料を覚えることに意味があるのではなく、暗唱するという過程にもっと大きな意味があるのです。


 しかし、そういう価値ある勉強法でありながら、続けられる子はあまり多くありません。
 それは、形の残らない勉強だからです。

 文章を書き写すとか、長文を要約するという勉強法なら、形が残るので続けやすいのですが、空中に消えていくような音読や暗唱の勉強は、簡単に見えるにもかかわらず継続しにくいのです。
 しかし、視写とか要約という勉強よりももっと効果があるのが、音読や対話の勉強です。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 

コメント欄

コメントフォーム
ワーキングメモリーと暗唱法 森川林 20130309 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,905件
新着コメント1~10件
プレゼン作文発 森川林
 作文で金賞とか銀賞かという評価をつける 5/24
小4の作文課題 nane
 うちも、子供には結構変なことをしてきま 5/24
小4の作文課題 森川林
 子供にとって、父親というのは作文にはち 5/24
創造的な遊び、 ユーリン
息子は来月3歳になりますが、こちらのキャ 5/22
創造的な遊び、 nane
 19、20日と、那須の下見に行ってきま 5/22
創造的な遊び、 nane
 今年の夏合宿は、午前中読書、午後遊び、 5/22
創造的な遊び、 森川林
 創造性と読書力さえあれば、何も心配は要 5/22
褒めて励ますこ touk
その通りですね!近い将来ではなく、本当の 5/20
新幹線で行く、 nane
 子供たちは、バスで行くより新幹線で行く 5/18
新幹線で行く、 森川林
 今年のサマーキャンプは、新幹線で東京か 5/18
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■公立中高一貫校の受験対策は、家庭学習と親子の対話で 3月4日
■子供の習い事をどのように考えるか―国語の学習を生活の中心に 3月4日
■対話のある作文。コミュニケーション能力はコミュニケーションによって育つ 3月3日
■親子の対話、先生と生徒の対話がある作文の勉強 3月1日
■低学年は、作文を書くことに力を入れる前に、聞くこと、話すこと、読むことの土台を 2月28日
■これからの日本と教育の課題 2月27日
■合格情報 2月26日
■やりやすいシンプルな勉強と、いくらでも選べる豊富なウェブオプション教材で4月からの勉強を 2月26日
■作文は答えのない勉強だが、言葉の森でやれば答えに近い指導ができる 2月25日
■勉強を通して人間力を育てること。小学校低学年からの作文教育と家庭学習 2月24日
■勉強を通して人間力を育てること。小学校低学年からの作文教育と家庭学習 2月24日
■続 解く勉強から読む勉強へ 2月21日
■中3までの勉強は、塾に行かなくても家庭でできる 2月20日
■解く勉強から読む勉強へ 2月19日
■小学生のころは、勉強にがんばらせるよりも、創造的な遊びの機会を 2月15日
■百人一首の暗唱ページ 2月14日
■馬を川に連れていって水を飲ませるような工夫が必要――書きにくい作文を書きやすくするには 2月13日
■私立全盛の時代から公立復権の時代への変化はなぜ生じているか 1 2月12日
■問題を解いて答え合わせをする勉強ではなく、答えを読んで考える勉強 2月10日
■個性を育てる教育から、更に一歩進めた教育を 2月8日
■作文の実力をつけるために、自分で設定するタイマー 2月7日
■公立中高一貫校の受験に向けての勉強を家庭学習で進めるために 2 2月6日
■公立中高一貫校の問題は結構面白い(facebook記事に関連して) 2月6日
■公立中高一貫校の受験に向けての勉強を家庭学習で進めるために 2月5日
■公立中高一貫校の考える勉強をどう進めるか(facebook記事に関連して) 2月5日
■集中力をつけるもう一つの方法 2月4日
■自ら進んで行う学習、「自習表」の書き方 2月3日
■言葉の森通学教室の2月からの勉強の進め方 2月1日
■小学校低学年の考える力を育てるのは自由な遊び(facebook記事より) 1月31日
■公立中高一貫校の受験に向けての対策は家庭でできる 1月30日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。