小4の作文課題「私の父(母)」の参考動画 創造的な遊び、創造的な勉強 新幹線で行く、那須高原の「読書作文キャンプ」2泊3日 プレゼン作文発表会、参加者募集中! 褒めて励ますことがあらゆる教育の基本

記事 2955番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/5/25 
新幹線で行く、那須高原の「読書作文キャンプ」2泊3日
森川林 2017/05/18 06:15 


 夏の読書作文キャンプの日程が決まりました。
 読書と作文と遊びを中心とした「よく学びよく遊べ」のキャンプです。

 ○第1組:7/23(日)~7/25(火)2泊3日
 ○第2組:7/25(火)~7/27(木)2泊3日
 ○第3組:7/27(木)~7/29(土)2泊3日

 集合解散場所は、いずれも東京駅です。

集合:1日目の 9:30東京駅「銀の鈴広場」集合→10:12東京駅出発(新幹線やまびこ207)→11:21那須塩原駅到着
解散:3日の14:30東京駅「銀の鈴広場」解散←14:16東京駅到着(新幹線やまびこ212)←13:02那須塩原駅出発

 対象は、小1~中3で保護者も参加できます。(言葉の森の生徒だけでなく、どなたでも参加できます)

 対象学年は、小1~中3。
 低学年は、読み聞かせでなく自分で本が読める人(ひらがなが読める人)。
 作文は、書けなかったり苦手だったりしても、対応できるので大丈夫です。
 各組とも、子供24名 大人6名。
 (子供12名以上で実施)

 費用は、下記のとおりです。

 子供…………36,720円(交通費含む。消費税含む)
 大人…………28,080円(交通費含む。消費税含む)
(連泊する場合、2回目以降の2泊3日は、子供30,240円、大人21,600円)
(キャンプアシスタントとしてキャンプ中の子供たちの世話を手伝ってくれる方の大人の参加費は無料)

 宿泊場所は那須高原の言葉の森合宿所です。

 言葉の森那須合宿所
 325-0303 栃木県那須郡那須町高久乙3374-48 電0287-73-5794(045-830-1177)

 募集フォームは現在作成中ですので、しばらくお待ちください。

https://www.mori7.net/stg/


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合宿(14) 

記事 2954番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/5/25 
プレゼン作文発表会、参加者募集中!
森川林 2017/05/17 09:19 


 5月27日(土)13:30~15:00、インターネットでプレゼン作文発表会を行います。
 この発表会には、どなたでも参加できます。(言葉の森の生徒以外の方も参加できます。)
 参加された方全員に、豪華な参加賞が出ます。

 参加お申込みの締切は、5月22日(月)までです。
 参加される方は、発表会案内のページからお申込みください。
https://www.mori7.net/hpk/

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プレゼン作文発表会(20) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,905件
新着コメント1~10件
プレゼン作文発 森川林
 作文で金賞とか銀賞かという評価をつける 5/24
小4の作文課題 nane
 うちも、子供には結構変なことをしてきま 5/24
小4の作文課題 森川林
 子供にとって、父親というのは作文にはち 5/24
創造的な遊び、 ユーリン
息子は来月3歳になりますが、こちらのキャ 5/22
創造的な遊び、 nane
 19、20日と、那須の下見に行ってきま 5/22
創造的な遊び、 nane
 今年の夏合宿は、午前中読書、午後遊び、 5/22
創造的な遊び、 森川林
 創造性と読書力さえあれば、何も心配は要 5/22
褒めて励ますこ touk
その通りですね!近い将来ではなく、本当の 5/20
新幹線で行く、 nane
 子供たちは、バスで行くより新幹線で行く 5/18
新幹線で行く、 森川林
 今年のサマーキャンプは、新幹線で東京か 5/18
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の31~60件目を表示
……先の30件
■よい勉強の仕方は意外と単純 4月22日
■小学校低中学年の勉強は時間の余裕を考えて 4月21日
■小3の思考発表クラブ4.3週の授業 4月20日
■田舎の自然の中で行う夏の寺子屋合宿 4月20日
■思考発表クラブで作文の予習の話――掲示板に掲載 4月19日
■子供に作文を教えるために、自分が作文を習う方法もある 4月18日
■勉強をコントールする力をつける――そのための親の勉強観 4月17日
■大事なのは勉強そのものではなく勉強の方法――特に高3生は過去問を 4月16日
■森林プロジェクトで、小4からの英語暗唱講座を企画する予定 4月15日
■国語の成績をよくするためには、物語文でも説明文でも難しい文章を楽しく読める力をつけること 4月14日
■思考発表クラブの体験学習を募集中 4月13日
■動物のいる生活と子供の教育 4月13日
■公立中高一貫校向けの勉強と家庭学習 4月12日
■森林プロジェクトと作文教育文化 4月11日
■国語の成績を上げるなら、まず作文、感想文の勉強から 4月10日
■四行詩の世界 4月10日
■小4からの英語暗唱講座を企画中 4月8日
■言葉の森の教材を使って自宅で作文を教える「森林プロジェクト」の作文講師資格講座 4月8日
■記述問題に強くなる国語問題集読書の50字感想練習 4月8日
■国語力だけでなく、学力全体がぐんぐん伸びる、小1からの日本語暗唱入門 4月8日
■江戸時代の寺子屋と現代の新しい教育 4月6日
■本当の国語力、成績の上の国語力 4月5日
■小学生の学年別作文学習のポイント 4月4日
■勉強の目的は、勉強ができるようになることではなく、その勉強を使って何かができること 4月2日
■合格情報(一部) 4月1日
■答えのない勉強の方が楽しく、より高度になる 3月30日
■学習は型を身につけることから始まる――小1の親子作文から高3の論説文まで 3月29日
■勉強の目標は、社会に出て仕事をすること 3月28日
■サーバー移転に伴うデータ送信エラーなどについて 3月28日
■記述や作文の勉強は、音楽やスポーツと同じように慣れが必要 3月27日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。