森林プロジェクトにお問い合わせいただいた方に、9月9日(土)説明会のお知らせ 作文の提出率を高めるために――追加料金なしのオンライン作文オプション 通信教育を通学教育と同じように続けやすくする方法 2020年度大学入試改革に対応する記述力、文章力 人と人との触れ合いのある、オンラインの自学自習の勉強

記事 2955番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/8/24 
新幹線で行く、那須高原の「読書作文キャンプ」2泊3日
森川林 2017/05/18 06:15 


 夏の読書作文キャンプの日程が決まりました。
 読書と作文と遊びを中心とした「よく学びよく遊べ」のキャンプです。

 ○第1組:7/23(日)~7/25(火)2泊3日
 ○第2組:7/25(火)~7/27(木)2泊3日
 ○第3組:7/27(木)~7/29(土)2泊3日

 集合解散場所は、いずれも東京駅です。

集合:1日目の 9:30東京駅「銀の鈴広場」集合→10:12東京駅出発(新幹線やまびこ207)→11:21那須塩原駅到着
解散:3日の14:30東京駅「銀の鈴広場」解散←14:16東京駅到着(新幹線やまびこ212)←13:02那須塩原駅出発

 対象は、小1~中3で保護者も参加できます。(言葉の森の生徒だけでなく、どなたでも参加できます)

 対象学年は、小1~中3。
 低学年は、読み聞かせでなく自分で本が読める人(ひらがなが読める人)。
 作文は、書けなかったり苦手だったりしても、対応できるので大丈夫です。
 各組とも、子供24名 大人6名。
 (子供12名以上で実施)

 費用は、下記のとおりです。

 子供…………36,720円(交通費含む。消費税含む)
 大人…………28,080円(交通費含む。消費税含む)
(連泊する場合、2回目以降の2泊3日は、子供30,240円、大人21,600円)
(キャンプアシスタントとしてキャンプ中の子供たちの世話を手伝ってくれる方の大人の参加費は無料)

 宿泊場所は那須高原の言葉の森合宿所です。

 言葉の森那須合宿所
 325-0303 栃木県那須郡那須町高久乙3374-48 電0287-73-5794(045-830-1177)

 募集フォームは現在作成中ですので、しばらくお待ちください。

https://www.mori7.net/stg/


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合宿(14) 

記事 2954番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/8/24 
プレゼン作文発表会、参加者募集中!
森川林 2017/05/17 09:19 


 5月27日(土)13:30~15:00、インターネットでプレゼン作文発表会を行います。
 この発表会には、どなたでも参加できます。(言葉の森の生徒以外の方も参加できます。)
 参加された方全員に、豪華な参加賞が出ます。

 参加お申込みの締切は、5月22日(月)までです。
 参加される方は、発表会案内のページからお申込みください。
https://www.mori7.net/hpk/

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プレゼン作文発表会(20) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,983件
新着コメント11~20件
……前のコメント
子供の教育にお nane
 ときどき、「どの本がいいですか」とか、 8/18
子供の教育にお 森川林
 よい教材というのは、確かにあります。 8/18
将来の作文教育 森川林
 OCRの機能が向上しているので、たぶん 8/17
子供によい本を nane
 お母さんの好きな本は物語文になる傾向が 8/17
子供によい本を 森川林
 読書好きな子に共通しているのは、お父さ 8/17
作文自動採点ソ 森川林
 森リンの自動採点が停止状態ですみません 8/16
子供がyout nane
 子供に尊敬されるお父さんやお母さんにな 8/16
子供がyout 森川林
 子供には、憧れの対象が必要です。   8/16
作文自動採点ソ 匿名
無料での作文自動採点はなくなったのですか 8/15
作文自動採点ソ 匿名
川崎製鉄の付属川鉄総合病院は、私が二人の 8/15
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■漢字書き取りの勉強で、字がていねいでないとき 8月23日
■森林プロジェクトにお問い合わせいただいた方に、9月9日(土)説明会のお知らせ 8月23日
■作文の提出率を高めるために――追加料金なしのオンライン作文オプション 8月22日
■通信教育を通学教育と同じように続けやすくする方法 8月22日
■2020年度大学入試改革に対応する記述力、文章力 8月21日
■人と人との触れ合いのある、オンラインの自学自習の勉強 8月20日
■読書指導のもうひとつの課題――楽しい多読から楽しい難読へ 8月19日
■子供の教育における方法と運用――よい教材よい指導法よい先生だけでは不十分 8月18日
■将来の作文教育とフリーのOCR 8月17日
■子供によい本を読ませるには 8月17日
■子供がyoutubeばかり見ていて困るとき 8月16日
■Facebookグループに、目標のわかるスローガンを設定 8月15日
■森林プロジェクトの新しい教育 8月13日
■頭を活性化させる対話と発表の学習 8月12日
■答えを見つける力、問題を見つける力 8月11日
■生涯続けられる仕事は、ITの分野ではなく、教育の分野 8月10日
■活発な読書紹介 8月9日
■人生100年時代の価値ある仕事としての教育 8月8日
■【募集】受験作文の模範解答作成の「オープン長文」プロジェクト 8月5日
■森林プロジェクトの作文講師資格講座、9月から料金改定 8月4日
■【募集】言葉の森合宿教室 那須の現地スタッフ 8月4日
■言葉の森の新しい教育 8月3日
■那須高原の読書作文キャンプの記録 7月30日
■親と子の教育的な接し方――未来の教育は喜びを語る教育 7月11日
■入選する作文と合格する作文の違い 7月8日
■参考書や問題集や辞書を選ぶとき 7月7日
■本好きな子がさらに本好きになる読書紹介 7月6日
■学力の厚みを育てる高度なゆとり教育 7月5日
■モンテッソーリ教育、シュタイナー教育、寺子屋教育 7月4日
■これからの子育ては限られた受験教育ではなくトータルな学力教育 6月24日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。