Online作文小論文教室 言葉の森 案  内記  事サンプルデ  モF A Q生徒用講師用
生徒のみなさんは、生徒のページをご利用ください。↑

創造性を育てる 作文 読解 国語 オンライン通信教育

Online作文小論文教室 言葉の森
234-0054横浜市港南区港南台4-3-1 TEL0120-22-3987(045-830-1177) FAX0120-64-3987(045-832-1466) mori@mori7.com
Since1996/9/4 昨日725 今日159 合計2162944 2006/7/18
作文教室 受講案内  無料体験学習 受付中
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)
作文  受験  国語  1年生  帰国子女  作文教室  講師資格
Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」


言葉の森のホームページはhttp://www.mori7.com/index.phpに移動しました。
ブックマークの変更をお願いいたします。

作文力をつけるには
 第一に読む力をつけること、第二に書きなれることです。
作文の丘からNew
中学受験 国語力をつける作文
読解から記述へ 入試の作文対策
作文の表現力に見られるもの
作文検定の団体受検
受講案内(郵送無料)
作文の無料体験学習

読解力をつけるには
 速く読む力と難しい文章を読む力を身につけましょう。
読書感想文の書き方
読解力と表現力 小学1年生から楽しく勉強
語彙力の土台は読書
読書好きにするには
読解マラソン

国語力をつけるには
 入試や模試などの信頼度の高い問題を理詰めに解く練習をしましょう。
国語の勉強法
学年別国語の勉強
勉強に集中できる子
国語の問題を解く勉強
国語の入試問題を読む勉強
国語の成績を上げるコツ
小学生時代の勉強
明るくほめる勉強

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)
新着記事  初期表示  

面白ページを追加 森川林 2006/07/17 18:08
 2日間の連休、教室に閉じこもってホームページを作成していました。夏は暑いのが好きなので、エアコンもつけずに、暑いの何のって。ε-(´o`;A アチィ

 手直しをしたのは第一に、森リン1200字のページ
 難しい漢字を並べた文章が高得点になりがちなので、バランスを調整しました。

 第二は、速読力の測定のページ"
 フラッシュで作っていますが、データベースと連動しているのでいくらでも簡単に作れます。
 これは、今後もっと増やしていく予定です。

 第三は、自動ふりがな作成
 これは、けっこう面白く、海外のサイトからもリンクされているようで、外国の方の訪問が多いです。

 第四は、立体視で眼の休憩
 昔、これを作ったばかりのときはこういうページはありませんでしたが、今はソフトで簡単に作れるようになっているようです。
 今後増やしていく予定です。

 第五は、縦書き原稿用紙。文章を入れると自動的に縦書きにしてくれます。
 スクリプトは単純です。ほとんど力技のソフトです。しかし、ほかにこういうウェブソフトは見当たりません。

 第六は、文法の勉強
 これは、森リン作成のついでに作ったもので、文法の苦手な私には役立っています。

 あと、まだ表に出していませんが、ポッドキャスト高速聴読の波のページを作りました。
 それから、ビデオキャスト授業の渚のページも作りました。
 いずれも、かなり前に一度作っていたものを、改めてデータベースと連動するように作り直したものです。
 これも、これからコンテンツを増やしていく予定です。

この記事へのコメントは、
コメントフォーム
この記事へのトラックバックは、
http://www.mori7.com/beb_tb.php?t=81

「作文の丘」からの作文を掲載 森川林 2006/07/14 15:11
 作文の丘に2002年からの生徒の作文が約2万件入っています。また、その作文に対する講評も2万件入っています。
 これまで、これらの作文の中には固有名詞が使われているものもあったため一般には公開していませんでした。また、グーグルやヤフーの検索ロボットも入れない設定にしていました。

 今回、固有名詞などの差し支えのある部分を修正したものを新たに「作文の丘から」のページで公開することにしました。
作文の丘から

 言葉の森には、1990年代からの作文のデータがあります。それらの中には、ワープロで書いたものや古いマックで書いたものもあり、今はまだすぐにはアップロードすることができません。しかし、そのうちに「作文の丘から」のページに追加していきたいと思っています。

この記事へのコメントは、
コメントフォーム
この記事へのトラックバックは、
http://www.mori7.com/beb_tb.php?t=80

読解力を高めるコツ 森川林 2006/07/12 11:32
 読解マラソンを行っている生徒に国語の問題を出しました。かなり難しい問題だったので、どの学年でも10点台から100点近くまで点数の差に大きな広がりが出ました。
 国語力というものは、易しい問題のとき……つづき

言葉の森の指導の特色 森川林 2006/07/09 12:44
 通信教育の国語教室や作文教室を比較する資料として、言葉の森の指導の特色を載せました。
 小見出しのタイトルは、下記のとおりです。

1、小学生新聞に入選多数、大学進学にも高い実績
2、毎週生……つづき
面白ページ 小論文自動採点ソフト
速読力の測定
自動ふりがな作成機
立体視で眼の休憩
縦書き原稿用紙
文法の勉強
サイト内検索
メルマガの申込
メールアドレス

(毎週発行無料)
●バックナンバー
2006年~2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年
RSS 1.0  2.0新着記事1~4件
面白ページを追加 07/17
「作文の丘」から 07/14
読解力を高めるコ 07/12
言葉の森の指導の 07/09
……次の記事

新着コメント1~4件
言葉の森の アリス 07/09
森リンのペ 涼麻 05/12
漢字学習の 森川林 03/05
漢字学習の 新中2男 03/05
……次のコメント

リンク集
日本語作文小論文検定
実践!作文研究
国語の寺子屋
日本作文の会
むぎっ子広場

管理用ページ

メイン記事
 

 
作文教室 生徒のページ

速聴の波 授業の渚
Q&A 受講案内 峰の地図 絵葉書販売 速読の磯 速読問題貝 受講申込 無料体験
ことわざの木 課題の岩 項目の苗 短文の木 生徒グラフ 講師募集 PHPとMySQL 要望受付
名言の木 ダジャレの木 ユーモアの木 入選の滝 漢字の虫 自動ふりがな 森カレンダー 学習の手引
絵のヒント ヒントの池 声のヒント リンクの橋 山のたより 質問の広場 サーチ峠
眼の休憩 作文の丘 絵の実 画像の泉 中央公園 みんなの広場 検索の坂
森リン タグの小枝 チャット広場 図書貸出 図書の広場 受験国語
作文の花 小論文の岸 受験小論文
生徒の里 父母の広場 原稿用紙 誤字発見 森新聞の森
賞状の山 数字の草 森のメルマガ 森のML
担当一覧1 担当一覧2 担当一覧3 担当一覧4 先生の里 ランキング 昔話の草
風の便り 風の森


 小学生の作文  中学生の作文  高校生の作文

2006年5月 小学1年生の作文(1) 小学2年生の作文(11) 小学3年生の作文(11) 小学4年生の作文(48) 小学5年生の作文(68) 小学6年生の作文(58) 中学1年生の作文(54) 中学2年生の作文(39) 中学3年生の作文(31) 高校1年生の作文(17) 高校2年生の作文(17) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。


言葉の森の指導の特色

 小学生新聞に入選多数、大学進学にも高い実績
言葉の森の生徒には作文が好きな子が多く、自分で小学生新聞や各種コンクールに応募しています。
昨年2005年は教室に連絡があった分だけでも116編の作文が、小学生新聞や各種コンクールに入選又は掲載されました。
小学生新聞ではほぼ毎週、言葉の森の生徒のだれかの作品が掲載されていることになります。
昨年の新聞掲載・コンクール入選作文
げすいしょりセンターけんがく 朝日小学生新聞 1月6日 やっぱりコロッケだ! 毎日小学生新聞 1月10日 お母さんと買い物 朝日小学生新聞 1月13日 まびき 朝日小学生新聞 1月13日 教頭先生の思い出 毎日小学生新聞 1月17日 すてきなすてきなオルゴール 毎日小学生新聞 1月24日 友だちがいるっていいな 朝日小学生新聞 2月3日 好きこそものの上手なれ 朝日小学生新聞 2月3日 2日待ってオーロラ見たよ 朝日小学生新聞 2月5日 新聞とり 朝日小学生新聞 2月10日 マラソン大会のこと 朝日小学生新聞 2月10日 けん太の夏休み新聞 朝日小学生新聞 2月13日 イチローせん手にねんがじょうおくったよ 朝日小学生新聞 2月17日 たこあげ 朝日小学生新聞 3月3日 「前略ゆりちゃんへ」 朝日小学生新聞 2月24日 ロープジャンプ 第43回かんぽ作文コンクール 日本郵政公社近畿支社長賞 2月17日 休み時間のオニごっこ 朝日小学生新聞 3月17日 命のあるもの 毎日小学生新聞 3月21日 楽しいポカポカ 朝日小学生新聞 3月24日 楽しみだけど 悲しい転勤 朝日小学生新聞 3月24日 雪ごけしのほほえみ 朝日小学生新聞 4月7日 カケスの羽を… 毎日小学生新聞 4月11日 さくらの赤ちゃん 朝日小学生新聞 4月14日 大好きな給食とお弁当 朝日小学生新聞 4月21日 春の花 朝日小学生新聞 4月28日 春のおとずれ 朝日小学生新聞 4月28日 年間盾賞 朝日小学生新聞 4月5日 男の子・女の子 ーあなたはどっちがお好き?ー 毎日小学生新聞 5月9日 わたしの命と名前のたからもの 朝日小学生新聞 5月12日 はじめての料理 毎日小学生新聞 5月16日 ハート型発見 毎日小学生新聞 5月16日 公園のソメイヨシノ 朝日小学生新聞 5月19日 俳句 毎日小学生新聞 5月23日 さようなら、山崎先生 朝日小学生新聞 5月26日 ドキドキはらはら初オーデション 朝日小学生新聞 6月9日 夏ですよ 朝日小学生新聞 6月16日 わたしのお父さま! 毎日小学生新聞 6月20日 三年生の時のカレーライス 朝日小学生新聞 6月23日 大阪のたこ焼き最高! 朝日小学生新聞 6月30日 ごめんね、金魚 朝日小学生新聞 7月14日 がんばっている人をおうえんしよう 朝日小学生新聞 7月14日 パチンと一発今日もハッピー 朝日小学生新聞 7月21日 私がよくするお手伝い 朝日小学生新聞 7月28日 また宮古で会いましょう 朝日小学生新聞 7月28日 くじけないで前を向こう 朝日小学生新聞 8月18日 日本の原風景を守ろう 毎日小学生新聞 8月22日 空のすもう 朝日小学生新聞「のはらうた」大賞入賞 8月27日 お父さんは優秀だった! 朝日小学生新聞 9月1日 時代のうつり変わりをみつめて 朝日小学生新聞 9月15日 ねつがでたこと 毎日小学生新聞 9月19日 初めてぬったけが 朝日小学生新聞 9月29日 感想文 区読書感想文コンクール入賞 10月12日 自分との戦い 第55回全国小中学校作文コンクール県の部優秀賞 10月15日 やっときたプール 朝日小学生新聞 10月20日 25メートルのちょうせん 読売新聞作文コンクール東京都審査佳作 10月23日 ひさしぶりのおふろ 朝日小学生新聞 10月27日 万博で得たこと 朝日小学生新聞 10月27日 感想文 区小学校読書感想文コンクール 特選 10月27日 見つけた!つかまえた! 読売新聞作文コンクール大阪府審査入賞 10月29日 うんどう会 朝日小学生新聞 11月3日 児童会長 朝日小学生新聞 11月3日 カとのバトル 朝日小学生新聞 11月10日 私の町はイカだらけ 第二十四回「海とさかな」作品コンクール 日本水産株式会社賞 11月10日 どきどきしたリレー 朝日小学生新聞 11月17日 父との冒険 第47回文芸まつり 毎日新聞社賞 11月23日 秋だなあ 朝日小学生新聞 11月24日 秋はそこまで…… 朝日小学生新聞 11月24日 優しさ 第29回手のひら文庫読書感想文全国コンクール 佳作 11月26日 感想文 東京都読書感想文コンクール 入選 11月30日 秋のみかん 朝日小学生新聞 12月1日 今年のかき 朝日小学生新聞 12月8日 あったらいいな、み来の車 毎日小学生新聞 12月19日 忍辱という言葉を思い出した 朝日新聞  12月24日 青のお兄ちゃんとぼくの朝 「心の輪を広げる体験作文」最優秀賞 12月27日 おもちゃ箱の中には… 朝日小学生新聞 12月29日ほか。 (掲載されたものは入選作文の一部です。固有名詞は一部省略しています。)
 言葉の森は、小学生から高校生まで一貫した作文指導を行っています。
 小論文の力や現代文の力をつけた言葉の森の高校生は次のような大学・学部に進学しています。
言葉の森の生徒の進学先
東京大学 (文) 東京大学 (理) 千葉大学 (理) 横浜国立大学 (教育人間科学) 横浜国立大学 (経済) 横浜市立大学 (医) 横浜市立大学 (国際総合科学) 早稲田大学 (政経) 早稲田大学 (法) 早稲田大学 (一文) 早稲田大学 (教育) 早稲田大学 (商) 早稲田大学 (理工) 早稲田大学 (社会科学) 早稲田大学 (スポーツ科学) 慶応義塾大学 (文) 慶応義塾大学 (経) 慶応義塾大学 (法) 慶応義塾大学 (商) 慶応義塾大学 (環境情報) 慶応義塾大学 (総合政策) 中央大学 (法) 明治大学 (経営) 明治大学 (農) ほか。

 毎週生徒への電話指導で、高い提出率の通信教育
 言葉の森では、担当の先生が毎週生徒の自宅に電話をして作文指導をしています。
 生徒は電話の指導のあとすぐに作文を書きはじめ、途中でわからないことが出てきたらすぐに教室に電話をして質問することができます。また、生徒の都合で欠席した分も別の日に振替授業で電話指導を受けることができます。
 そのため、毎週の作文の提出率が平均81%(小学生~高校生)ときわめて高いのが特徴となっています。
(5月の連休期間中や8月の夏休み期間中は提出率が若干低くなりますがそれでも79%と69%の提出率です)
電話指導による通信教育の高い作文提出率
 
  親身な指導、明るく楽しいベテランの講師陣

 言葉の森の講師は数十倍の高い倍率で小論文テストを受けて採用されています。
 10年以上指導しているベテラン講師も多く、明るく楽しくをモットーとしたレベルの高い指導は、保護者や生徒の信頼を得ています。
講師の主な出身大学
早稲田大学教育学部卒(4名) 早稲田大学第一文学部卒(2名) 慶應義塾大学文学部卒(3名) 慶應義塾大学商学部卒(1名) 慶應義塾大学法学部卒(1名) 筑波大学第二学群卒(4名) 上智大学文学部卒(3名) 立命館大学文学部卒(3名) 関西学院大学文学部卒(2名) 関西学院大学社会学部卒(1名) 神戸大学文学部卒(2名) 神戸大学教育学部卒(1名) 津田塾大学学芸学部卒(2名) 同志社大学文学部卒(2名) 法政大学文学部卒(2名) ほかに、 ノートルダム清心女子大学文学部卒 学習院女子短期大学人文学科卒 学習院大学文学部卒 関東学院女子短期大学国文科卒 京都女子大学文学部卒 京都大学薬学部卒 近畿大学工学部卒 群馬大学教育学部卒 光華女子大学短期大学部卒 実践女子大学文学部卒 昭和女子大学短期大学部卒 青山学院大学文学部卒 千葉大学園芸学部卒 大妻女子大学短期大学部英文科卒 大阪外国語大学外国語学部卒 大阪教育大学教育学部卒 追手門学院大学文学部卒 東京学芸大学教育学部卒 東京女子大学現代文化学部卒 同志社女子大学学芸学部卒 二松学舎大学文学部卒 日本女子大学文学部卒 日本大学芸術学部卒 福岡教育大学教育学部卒 福岡大学人文学部卒 北海道大学文学部卒 北九州市立大学経済学部卒 名古屋大学文学部卒 立教大学文学部卒 立正大学文学部卒(各1名)
講師の主な所在地
神奈川県(17名) 東京都(11名) 千葉県(8名) 兵庫県(5名) 愛知県(3名) アメリカ(2名) 広島県(2名) 埼玉県(2名) 大阪府(2名) 福岡県(2名) ほかに、 ハワイ 群馬県 香川県 三重県 山口県 静岡県 石川県 長野県 栃木県(各1名)

  作文力を解析したグラフで、文章力の向上を実証

 言葉の森は、独自に開発した文章解析ソフト森リンを利用して、作文の科学的な評価を行っています。(国際特許出願)
 このソフトによって、小学生から高校生までどの学年でも、1年間に平均して5ポイント文章力が向上していることが実証されました。
 評価の客観性があると、子供たちは意欲的に作文の勉強に取り組みます。
 作文力の進歩が実感できるというのが言葉の森の指導の特徴です。
 森リンは、作文検定でも採用されているので、言葉の森の勉強がそのまま作文検定取得の勉強にもつながります。
(グラフは3年間以上在籍している小学生、中学生、高校生の点数の平均)
文章解析ソフトによる作文力の向上

  インターネットの速読システムで、速読力が向上
 言葉の森は、独自に開発した速読システムを、ウェブでいつでも利用できるようにしています。(生徒利用無料)
 この速読システムによって、どの学年でも速読力が向上しています。
(文章の難易度が異なるために月によって字数が下がることもあります。赤いグラフは傾向線)
ウェブ速読システムによる速読力の向上

 インターネットの先進的な活用、オリジナル教材
 言葉の森の指導理念は、作文と読解を通して子供たちの個性・知性・感性を育てることです。それが結果として子供たちの学力向上につながり、進学実績につながっています。
 言葉の森の教材はすべてオリジナルです。また、言葉の森では独自にシステムのプログラム開発を行い、インターネットを活用した指導を行っています。郵便よりも早くファクスよりも鮮明なネット指導は、毎週の電話指導とともに、保護者や生徒の高い評価を受けています。
 


作文通信教育 国別県別生徒数 2006/07/15 現在

アメリカ 8
シンガポール 1
スペイン 1
タイ 2
チリ 1
トルコ 1
フランス 1
ベトナム 1
ポーランド 1
中国 4
          日本 763
北海道
10
青森県
2
秋田県
1
岩手県
1
山形県
0
宮城県
6
島根県
0
鳥取県
0
福井県
0
石川県
1
新潟県
10
福島県
8
山口県
6
広島県
8
岡山県
7
兵庫県
23
京都府
17
滋賀県
4
富山県
3
群馬県
3
栃木県
5
大阪府
48
奈良県
10
岐阜県
9
長野県
5
山梨県
5
埼玉県
28
茨城県
14
長崎県
4
佐賀県
1
福岡県
20
愛媛県
2
香川県
6
和歌山県
2
三重県
6
愛知県
37
静岡県
9
神奈川県
213
東京都
176
千葉県
34
熊本県
4
大分県
6
高知県
3
徳島県
2
鹿児島県
2
宮崎県
1
沖縄県
2


無料体験学習のご案内


幼稚園年長~小学2年生
小学3年生~小学6年生
中学1年生~高校3年生
 この時期は、楽しんで書くということがいちばん大切です。
 毎回、自由な題名で書いていきますが、会話、たとえなど、いくつかのチェックポイントがあり、それをクリアしていくことが目標です。
 学年によって目標の字数も次第に多くなっていきます。ゲーム感覚で、楽しく書くことができるように、よく書けている点をほめる指導を心がけています。
 毎日の宿題となっている長文音読は、確かな読解力を身につけるために欠かせないものです。
 与えられた課題で作文を書くようになり、長文の感想文の練習も加わります。
 月4回の授業のうち、3、4年生は作文2回、感想文1回、清書1回、5、6年生は作文1回、感想文2回、清書1回の割合で勉強していきます。長文の内容は多岐にわたり、小学生なりに人生や社会のさまざまな問題について考える機会を与えられます。
 感想文の構成、内容、表現の仕方は、学年に合わせて指導します。
 将来の小論文につながる、しっかりした構成力と深い考察力がこの時期に養われます。
 ほとんどの回が長文の感想文となり、中学生から、本格的な小論文の勉強が始まります。
 長文は、人文科学、社会科学、自然科学など、あらゆるジャンルから厳選されたものです。
 複数の理由、複数の意見、複数の方法など、学年によって決められた構成を元に書き進めていく練習をします。
 数多くの長文を読み、深く考え、決められた構成に従って書くことで、大学入試の小論文に合格する力が身につきます。

大学生・社会人のためのコースもあります。
志望校に合わせた作文小論文受験コースもあります。


 言葉の森のカリキュラムは、小学生から高校生までの大きな流れを見すえた上で、それぞれの学年に応じて、無理なく楽しく効果的に、記述力・読解力を身につけることができるものになっています。
 また、学期ごとに教材として送られる長文集、毎週発行される言葉の森新聞は、御父母の皆様に好評です。



 無料体験学習の仕方
  1. ご希望の曜日と時間を「火曜18:40」のように10分単位でお決めください。
    (お子様は最初の先生に親しみを持つことが多いので、継続して受講される場合もできるだけ同じ曜日と時間で続けられるような時間帯にしてください)
  2. お申込みいただいたあと、2、3日で教材が届きます。
  3. 体験学習の日に担当の先生から1回目の電話があります。(電話の時間は7-10分)
  4. 電話のあと作文を書き、提出します。(郵送、又はインターネットからの送信)
  5. 次の週までに、作文と講評が返却されます。
  6. 担当の先生から2回目のお電話(1回目の作文の講評)があります。
  7. これで体験学習は終了です。継続して受講を希望される場合はご連絡ください。
    (受講料は、小7,500円、中高8,500円、入会金10,000円。その他の費用はかかりません)


お問い合わせはお気軽に
電話 0120-22-3987
(045-830-1177)

安心できる一ヶ月間のクーリングオフ制。
7月中に無料体験学習をお申し込みの方に、「言葉の森の勉強シリーズ」の小冊子を進呈。

お電話でのお申込は、0120-22-3987(045-830-1177)

(平日9:00~20:00 土曜9:00~12:00)
●言葉の森 無料体験学習 申込書
郵便番号: 都道府県: 市郡/東京の区:
区町村番地: マンション棟号:
姓ふりがな: 名ふりがな: 性別:
姓: 名: 学年(06)年度:
電話: メール(必須):
希望曜日: 希望時刻:
土曜12:00まで
開始月日:
誕生日 西暦 希望コード:
ひとこと:
(ご自由にお書きください)

 海外の方のご住所は、ひとこと欄にお書きください。

高校3年生以上の方の今年度の受講受付は終了させていただきました。



「特定商取引に関する法律」に基づく表示


























管理用ページ
題名: 名前:

コード: パス:
トラックバック(複数入れる場合は改行で)

MyYahoo
gooBLOG
Bloggers
blogdb.jp
cocolog
excite blog
Myblogjapan
livedoorBlog
blogoon
BlogPeople
technorati