子供の教育における方法と運用――よい教材よい指導法よい先生だけでは不十分 将来の作文教育とフリーのOCR 子供によい本を読ませるには 子供がyoutubeばかり見ていて困るとき Facebookグループに、目標のわかるスローガンを設定

記事 2969番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/8/19 
小学生の勉強は、読み書き計算だけでよい
森川林 2017/06/07 05:09 

△木の俣渓谷(今度のサマーキャンプで遊びに行くところです)

 小学生のお母さんから、よく、「理科や社会はどういう勉強をしたらよいか」と聞かれます。
 私の返事は、「理科や社会は学校でやっていれば十分」です。

 学習塾や通信教育などで勉強すると、国語や算数だけでなく、理科や社会もついてきます。
 どうせ勉強をするならバランスよく全教科やる方がいいという考えもあります。しかし、小学生のうちに時間の余裕があるからと言って、与えられたメニューを全部やっていると、学年が上がるにつれて勉強の時間に追われるようになってきます。

 理科や社会は、広い意味で読書の一種ですから、本を読む力さえつけておけば、わざわざ学校の授業以外に勉強する時間を設ける必要はないのです。

 そのかわり、重点を置くのは、国語の読む力です。読む力とは、ある程度難しい文章も楽しく読めるという力です。
 極端に言えば、この読む力さえついていれば、あとは本人がやる気になったときにどうにでもなるのです。

 もう一つは、算数が苦手にならないくらいに、つまり普通か普通以上にできるようにしておくことです。
 というのは、算数はいったん苦手になると、どこから手を付けていいかわからなくなることがあるからです。
 しかし、これも普通に勉強していれば特に問題はありません。

 この国語と算数を重点にした勉強で、生活に余裕を持たせるようにし、その余裕の時間で、読書や対話やさまざまな経験をしていくのです。

 小学4年生までは、勉強面で難しいことは何もありません。
 だから、親が勉強をさせれば、誰でも成績が上がります。

 しかし、ここで必要以上に成績を上げても、それはその後の学年の成績には結びつきません。小4までは普通にほどほどにできていれば十分です。

 高学年になって成績が伸びる子は、低中学年で勉強をしていた子ではなく、読書や対話をしっかりしていた子なのです。

▽参考記事
「幼児期の勉強の要は、親子の対話と作文」
https://www.mori7.com/index.php?e=2166

コメント欄

森川林 20170607 1 
 今の日本の勉強環境は至れり尽くせりなので、その分無駄なこともかなり多いのです。
 子供時代に必要なのは、同じ無駄でも、無駄な勉強ではなく無駄な遊びの方です。
 無駄な勉強はあとに何も残りませんが、無駄な遊びは子供に多くのものをもたらすからです。


nane 20170607 1 
 江戸時代の寺子屋教育の理論面を支えた貝原益軒は、「学問は本、技芸は枝」と言いました。
 世の中には、いろいろな習い事がありますが、いちばんの中心は学問です。
 そして、その学問の中心は読む力なのです。


コメントフォーム
小学生の勉強は、読み書き計算だけでよい 森川林 20170607 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,983件
新着コメント1~10件
読書指導のもう nane
 高校生で本を読まない子は、大学生になっ 6:13
読書指導のもう 森川林
 小学生の読書時間は、10年前とほぼ同水 6:10
子供の教育にお nane
 ときどき、「どの本がいいですか」とか、 8/18
子供の教育にお 森川林
 よい教材というのは、確かにあります。 8/18
将来の作文教育 森川林
 OCRの機能が向上しているので、たぶん 8/17
子供によい本を nane
 お母さんの好きな本は物語文になる傾向が 8/17
子供によい本を 森川林
 読書好きな子に共通しているのは、お父さ 8/17
作文自動採点ソ 森川林
 森リンの自動採点が停止状態ですみません 8/16
子供がyout nane
 子供に尊敬されるお父さんやお母さんにな 8/16
子供がyout 森川林
 子供には、憧れの対象が必要です。   8/16
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■読書指導のもうひとつの課題――楽しい多読から楽しい難読へ 8月19日
■子供の教育における方法と運用――よい教材よい指導法よい先生だけでは不十分 8月18日
■将来の作文教育とフリーのOCR 8月17日
■子供によい本を読ませるには 8月17日
■子供がyoutubeばかり見ていて困るとき 8月16日
■Facebookグループに、目標のわかるスローガンを設定 8月15日
■森林プロジェクトの新しい教育 8月13日
■頭を活性化させる対話と発表の学習 8月12日
■答えを見つける力、問題を見つける力 8月11日
■生涯続けられる仕事は、ITの分野ではなく、教育の分野 8月10日
■活発な読書紹介 8月9日
■人生100年時代の価値ある仕事としての教育 8月8日
■【募集】受験作文の模範解答作成の「オープン長文」プロジェクト 8月5日
■森林プロジェクトの作文講師資格講座、9月から料金改定 8月4日
■【募集】言葉の森合宿教室 那須の現地スタッフ 8月4日
■言葉の森の新しい教育 8月3日
■那須高原の読書作文キャンプの記録 7月30日
■親と子の教育的な接し方――未来の教育は喜びを語る教育 7月11日
■入選する作文と合格する作文の違い 7月8日
■参考書や問題集や辞書を選ぶとき 7月7日
■本好きな子がさらに本好きになる読書紹介 7月6日
■学力の厚みを育てる高度なゆとり教育 7月5日
■モンテッソーリ教育、シュタイナー教育、寺子屋教育 7月4日
■これからの子育ては限られた受験教育ではなくトータルな学力教育 6月24日
■作文はよく書けるが、国語の成績が今ひとつという生徒からの相談 6月23日
■読むことが苦にならない、覚えることが苦にならない、書くことが苦にならない、というのが本当の学力 6月19日
■読書と勉強を両立させる方法 6月15日
■思考発表クラブの枠が広がります 6月15日
■教えない教育、自ら学ぶ教育 6月13日
■勉強が得意になるきっかけは単純 6月12日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。