親も苦労する子供の理科実験をFacebookグループなどの情報共有で 自分でやらせるか親がやってあげるか 説明文読書に図書館を利用。読解問題の文章を読むときの記号付け(懇談会の話から) 集中力のない子の問題 小1オンライン相談会最初の話(動画)

記事 3078番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/11/19 
これまでの勉強と、これからの勉強
森川林 2017/10/31 12:27 


 これまでの社会では、大量の情報を習得しそれらを統合し活用する能力が優れた能力だと見なされてきました。 人間には誰でもそのような能力がありますが、それは実は人間に向いている能力ではありません。
 向いていないからできる人が少なく、だからこそその少数のよくできる人、又は努力した人が尊ばれてきたのです。

 この時代は、まだこれからしばらく続くかもしれません。
 しかし、変化の波は意外に早くやってきます。
 ただし、教育の分野は時代から何歩も遅れて変化がやってくるので、しばらくは教育も昔ながらのものが価値あるものとして残るでしょう。

 この能力を磨く方法のひとつが、暗唱という学習方法です。
 この能力は、これからの社会では、最も重要な能力ではなくなりますが、それでも人間にはかなり役立つ能力として残ります。
 だから、従来の教育は、それなりに必要なものとしてこれからも存続していきます。

 しかし、これからの社会で、最も価値ある能力となるものは、この従来の能力ではありません。

 ダイヤモンド・オンラインに、孫氏が記事を載せていました。
「AIが雇用を奪うとどうなるか【孫泰蔵】」
http://diamond.jp/articles/-/140483

 この、人工知能の登場によって、これからの人間に必要とされる能力が大きく変わる、というのが、これからの子供の教育に関して考えなければならないことです。

 漢字力や計算力は、学力の基礎ですから、これからも勉強の基本として残ります。
 しかし、今、漢字が書けないと困るとか、計算が速くできないと困るということは、社会生活の中でほとんどなくありません。
 これと同じことが、今までの大学入試で評価されるほとんどの知識で生じてくるのです。

 では、これからは何が最も重要な能力となってくるのでしょうか。
 従来の意味での知性の重要さは、これからも残るでしょう。
 しかし、その知性のかなりの部分は人工知能によって代替されていきます。
 人工知能に取って代わられない人間の能力としての個性と感性がこれから重要になってくるのです。

 その中でも、特に重要なものが個性です。
 世の中に、新しいものを生み出す独創力が、これから最も価値ある人間の能力となってくるのです。

 その独創力は、どのようにして育つかというと、私は、熱中と難読からではないかと思います。
 何かに熱中すれば、必ず自分の限界を超えるものに挑戦する場面が出てきます。
 その挑戦の場面で、独創力が必要となり、挑戦の繰り返しによって独創的な力が育ちます。

 そして、その独創力の素材となるものは、表面的な知識ではなく、より根源的な知識です。
 その根源的な知識は、古典的な難解と言われる読書からもたらされます。
 それは、難しい本というものは、根源的な知識に近づこうとしているからこそ難しくなるからです。

 だから、子育ての中心は、子供自身が熱中できる遊び、本人の関心に基づく豊富な読書、そして感性を育てる両親や友達との対話、ということになってくるのだと思います。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 未来の教育(31) 

コメント欄

森川林 20171031 1 
 「AIが雇用を奪うとどうなるか」という記事を、孫泰蔵氏が書いていました。
 これは、多くの人が既に言っていることですが、実際の教育の場では、「そんな先のことより、今の成績をどうにかしたい」という声の方がずっと多いと思います。
 しかし、長期的な子育てを考えた場合、未来の社会の変化を想定しておくことは重要です。


nane 20171031 1 
 これからの子育ての重点は、遊びと暗唱と読書と対話と、それらを統合する機会としての作文になると思います。

コメントフォーム
これまでの勉強と、これからの勉強 森川林 20171031 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,301件
新着コメント1~10件
勉強に熱心な子 nane
 子供たちの発表とそのあとの相互の感想を 11/16
勉強に熱心な子 森川林
 手段としての勉強とは、何かのために苦し 11/16
11月25日( nane
 Zoomという選択肢はあることは知って 11/14
11月25日( nane
 プレゼン作文発表会は、急遽google 11/14
11月25日( 森川林
 25日のプレゼン作文発表会のリハーサル 11/14
本を繰り返し読 nane
 うちの子2人が、熱中して繰り返し読んで 11/11
本を繰り返し読 森川林
 大人になって、座右の書と言われるような 11/11
オンライン教育 nane
 先日、ブレンデッド教育という本を読みま 11/10
オンライン教育 森川林
 今後、海外生徒の授業の振替指導なども、 11/10
本を繰り返し読 nane
 なぜ本を繰り返し読む子が少ないかという 11/9
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■親も苦労する子供の理科実験をFacebookグループなどの情報共有で 10月29日
■自分でやらせるか親がやってあげるか 10月26日
■説明文読書に図書館を利用。読解問題の文章を読むときの記号付け(懇談会の話から) 10月25日
■集中力のない子の問題 10月24日
■小1オンライン相談会最初の話(動画) 10月22日
■プレゼン作文発表会 11月25日(土)午後1:30~3:00――田舎のおじいちゃんやおばあちゃんも見学できます 10月20日
■雨の日は明るい笑顔で――子育てで最も大事な子供の幸福感 10月20日
■受験作文コースの練習の仕方(1) 10月19日
■小1オンライン相談会で出された質問から(2) 10月18日
■小1オンライン相談会で出された質問から(1) 10月17日
■学力向上の秘訣は雨だれ岩をも穿つ 10月16日
■個性、挑戦、感動、共感のある体験実例は、親子で考える 10月13日
■これから脚光を浴びる学力は作文力 10月12日
■意欲的な勉強ができる仕組み 10月11日
■これからの学力は創造力 10月10日
■満ち潮の時代の多数派、引き潮の時代の少数派 10月9日
■受験に取り組む際に大事な三つのこと――受験作文コースの個別面談 10月8日
■小学1年生の作文と勉強のオンライン相談会 10月7日
■時間のかかる子育てがやがていい思い出に 10月5日
■集中力のある勉強の仕方を身につける 10月4日
■褒めて育てることがなぜ大切か 10月2日
■国語力アップの秘訣(8)――小学1年生の親子作文 10月1日
■受験作文コースの生徒に志望理由書の添削 9月30日
■国語力アップの秘訣(7)――小学1年生の作文指導 9月28日
■国語力アップの秘訣(6)――作文、感想文、小論文 9月27日
■読む勉強法で理科が百点に 9月26日
■国語力アップの秘訣(5)――記述の練習 9月25日
■国語力アップの秘訣(4)――要約の練習 9月24日
■国語力アップの秘訣(3)――スタディサプリの先取り勉強法も 9月23日
■教育における、垂直統合から水平分業への流れ 9月22日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。