ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森 https://www.mori7.com/ 作文、読解、国語の通信教育 ja https://www.mori7.com/index.php?e=5084 答えのある勉強は、参考書や問題集を1冊決めて繰り返し読むだけ。大事なのは、答えのない勉強に取り組む時間を持つこと。そのために役立つ方法が散歩 ネズミモチ  今、学校でやっている勉強の中身は、すべて答えがあります。  答えがある勉強でないと、先生が教えられないからです。  だから、AI時代には、先生という仕事はなくな ネズミモチ



 今、学校でやっている勉強の中身は、すべて答えがあります。
 答えがある勉強でないと、先生が教えられないからです。

 だから、AI時代には、先生という仕事はなくなると思います。
 残るのは、教える先生ではなく、作文や創造発表やプログラミングなど、生徒どうしの発表を司会する役割としての先生です。

 今の勉強の答えは、参考書や問題集の中にすべて用意されています。
 教科書だけは、先生が教えることを前提に作られているため、答えが用意されていません。
 学校の宿題なども、答えが用意されていないことが多いのですが、答えの用意されている勉強を中心にやっていくことが大事です。


 一方、答えのない勉強もあります。
 人生は、そもそも答えがありません。
 その答えのない勉強に取り組む時間をもつことが大事です。

 しかし、答えのない時間は、惰性に流されることがあります。
 そのときの解決策のひとつは、とにかく本を読むことです。

 本を読むことは、ある種の作業なので、すぐに取り組めます。
 そして、自分の考えが深まります。
 ただし、その本は、物語文の娯楽の本よりも、説明文の考える本であることが大事です。

 読書の時間を確保しないと、人間は、空いている時間に、YouTubeを見たり、LINEでお喋りしたりすることになりがちです。

 人間には息抜きの時間が必要なので、娯楽の時間も大事です。

 しかし、娯楽の時間と勉強の時間だけでは、何のために生きているのかわかりません。
 本当は、答えのない勉強をするために、考える時間が必要なのです。


 答えのない時間を確保するためのひとつの方法が、散歩です。
 歩くという動作は、人間の身体の最も自然な使い方です。

 人間には、角も、牙も、走る速さも、大きい体もありません。
 その人間が何十万年か何百年前も生き続けてきたのは、歩くことにくたびれなかったからです。

 狩猟民族の場合、弁当を持って歩き続ければ、どんな獲物も追い詰めることができます。
 シートン動物記にある野生の雄ヒツジ クラッグの話はそのひとつの例です。

 また、人間は、どんな遠くにも歩いて行くことができます。
 人類が、地球上のどこにも広がったのは、いつまでも歩くことができたからです。

 だから、散歩は、人間にとって本質的な運動です。
 散歩しているときは、余計なことは入ってきません。
 だから、考えることがある場合は、散歩によって考えが深まることが多いのです。

 ニーチェが、「ツァラストラはかく語りき」の構想を描いたのは、近くの大きい湖の周りを一周しているときでした。

 歩いていると、YouTubeを見たり、LINEの返信を気にしたりすることなく、自分の考えだけに集中できます。


 今の学校の勉強は、退屈なことが多いです。
 その退屈な勉強に慣れて、勉強生活に適応する必要はありません。

 勉強に飽きたら、近所を一回り歩いてくることです。
 できるだけ信号のないところで、考えずに歩けるところがいいです。

 そうして、自分が本当に考えたいことを考える時間を持つのです。
]]>
2024-05-30T10:01:41+09:00 森川林 Kotobanomoi 森川林
https://www.mori7.com/index.php?e=5083 答えのある勉強は、参考書や問題集を1冊決めて繰り返し読むだけ。大事なのは、答えのない勉強に取り組む時間を持つこと。そのために役立つ方法が散歩 ネズミモチ  今、学校でやっている勉強の中身は、すべて答えがあります。  答えがある勉強でないと、先生が教えられないからです。  だから、AI時代には、先生という仕事はなくなると思い ネズミモチ

 今、学校でやっている勉強の中身は、すべて答えがあります。
 答えがある勉強でないと、先生が教えられないからです。

 だから、AI時代には、先生という仕事はなくなると思います。
 残るのは、教える先生ではなく、作文や創造発表やプログラミングなど、生徒どうしの発表を司会する役割としての先生です。

 今の勉強の答えは、参考書や問題集の中にすべて用意されています。
 教科書だけは、先生が教えることを前提に作られているため、答えが用意されていません。
 学校の宿題なども、答えが用意されていないことが多いのですが、答えの用意されている勉強を中心にやっていくことが大事です。


 一方、答えのない勉強もあります。
 人生は、そもそも答えがありません。
 その答えのない勉強に取り組む時間をもつことが大事です。

 しかし、答えのない時間は、惰性に流されることがあります。
 そのときの解決策のひとつは、とにかく本を読むことです。

 本を読むことは、ある種の作業なので、すぐに取り組めます。
 そして、自分の考えが深まります。
 ただし、その本は、物語文の娯楽の本よりも、説明文の考える本であることが大事です。

 読書の時間を確保しないと、人間は、空いている時間に、YouTubeを見たり、LINEでお喋りしたりすることになりがちです。

 人間には息抜きの時間が必要なので、娯楽の時間も大事です。

 しかし、娯楽の時間と勉強の時間だけでは、何のために生きているのかわかりません。
 本当は、答えのない勉強をするために、考える時間が必要なのです。


 答えのない時間を確保するためのひとつの方法が、散歩です。
 歩くという動作は、人間の身体の最も自然な使い方です。

 人間には、角も、牙も、走る速さも、大きい体もありません。
 その人間が何十万年か何百年前も生き続けてきたのは、歩くことにくたびれなかったからです。

 狩猟民族の場合、弁当を持って歩き続ければ、どんな獲物も追い詰めることができます。
 シートン動物記にある野生の雄ヒツジ クラッグの話はそのひとつの例です。

 また、人間は、どんな遠くにも歩いて行くことができます。
 人類が、地球上のどこにも広がったのは、いつまでも歩くことができたからです。

 だから、散歩は、人間にとって本質的な運動です。
 散歩しているときは、余計なことは入ってきません。
 だから、考えることがある場合は、散歩によって考えが深まることが多いのです。

 ニーチェが、「ツァラストラはかく語りき」の構想を描いたのは、近くの大きい湖の周りを一周しているときでした。

 歩いていると、YouTubeを見たり、LINEの返信を気にしたりすることなく、自分の考えだけに集中できます。


 今の学校の勉強は、退屈なことが多いです。
 その退屈な勉強に慣れて、勉強生活に適応する必要はありません。

 勉強に飽きたら、近所を一回り歩いてくることです。
 できるだけ信号のないところで、考えずに歩けるところがいいです。

 そうして、自分が本当に考えたいことを考える時間を持つのです。
]>
2024-05-30T10:01:24+09:00 森川林 Kotobanomoi 森川林
https://www.mori7.com/index.php?e=5082 独立起業の力をつけるための創造発表クラスの勉強 ロベリア  子供たちの将来の夢を聞くと、お医者さんになりたいとか、幼稚園の先生になりたいとか、パティシエになりたいとか言いますが、それは、そういう職業名しか知らないからです。 ロベリア



 子供たちの将来の夢を聞くと、お医者さんになりたいとか、幼稚園の先生になりたいとか、パティシエになりたいとか言いますが、それは、そういう職業名しか知らないからです。

 これから、世の中には、多様な新しい仕事が生まれます。
 本当は、自分がその新しい仕事の創始者になるのが子供たちの夢なのです。


 関連する記事がありました。

▽「東大生の就職先「本当の1位は外コンでも楽天でもない」面白い人生を送るためのキャリア論」
https://www.businessinsider.jp/post-287615
(全部読むには有料会員になる必要がありますが、前半の部分だけで十分に内容が理解できます。)
====
……
7年ほど前に一流企業の内定者データを分析した本が某出版社から出た時のことです。その本で、僕が東大生の人気就職先ランキングについてコメントしたんですよね。

そのときの人気ランキングは、1位マッキンゼー、2位がボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、3位がアクセンチュア……というように、見事に外資系コンサルだの外資系金融がずらっと並んでいました。

当時、その本の担当編集に「入山先生、この背景をどう分析しますか」と質問されたので、「これは超簡単ですよ」と答えました。これらは、つまり「究極の腰掛け」なんです。

「腰掛け」というと、すぐに辞めるつもりで就職するということですか?

そうです。7年前も今も、東大生が就職で目指すのは「究極の腰掛け」なんですよ。

何が言いたいかというと、たぶん荒幡さんや小倉さんのような若い世代は、誰も終身雇用なんて信じていないじゃないですか。だから最初から転職を視野に入れている。
……
====

 子供たちというか、大人も含めて、みんな自分の人生を模索しています。

 その模索のひとつのかたちが、今の大学生の場合は、コンサルタント会社に就職するということになっていまです。

 しかし、就職の時点で、そういうコンサル会社に就職するようでは、すでに先は見えています。
 準備の時間が長ければ長いほど、準備だけで終わってしまうのです。

 もっと早い時期から、自分の仕事を見つけることです。
 大学生の時代でも、高校生の時代でも、もっと早ければ中学生や小学生の時代でもいいのです。

 自分のやりたいことがあるというのが、これからの人生の基本です。

 特にやりたいことはないが、とりあえず勉強と部活を一生懸命にやるというのは、その場限りの生き方です。

 今、やりたいことを今の時点で始めるというのが、生き方の基本になります。

 創造発表の勉強は、これまでの勉強の基準から見たら、勉強とは言えないかもしれません。
 自分の好きなことを研究し、創造し、発表するのですから、定期テストの対策にはなりません。
 しかし、その勉強が、将来の自分の人生に生きてくるのです。

====
AI時代には、知識の学力よりも、創造と発表の学力が重要になる。
これからの総合選抜中心の入試で必要になる、思考力、創造力、発表力という新しい学力を育てる
 2020年度からの教育改訂で、学力の仕組みが大きく変わりました。
 すでに、高校では、探究型授業という新しい教育が行われています。
 また、大学入試でも、総合選抜という推薦入試の割合が、一般入試の割合よりも多くなっているのです。勉強の面白さを知る創造発表クラスの自分から進んで行う勉強
 答えのある勉強は、答えが合っていれば○になります。
 答えのない勉強は、○や×のつかない勉強で、子供の個性の数だけ答えがあります。
 この自由で創造的な勉強の中で、子供の知的好奇心が育ち、勉強の面白さを知るようになります。
 これからの社会で必要になるのは、この勉強に楽しく取り組める姿勢です。みんなと同じ分野で1点差を競う生き方よりも、思考力と創造力を生かして自分らしい個性を生かす生き方ができる時代になっている
 高度経済成長時代には、多くの人の目指す方向が一致していたので、狭い分野で1点差を競う生き方が主流でした。今でも、その生き方は残っています。
 しかし、これからは、競争で勝つ時代ではなく、個性を生かす時代になります。みんなと同じところで優劣を競うよりも、みんなと違うところで持ち味を生かす時代になっているのです。実験や観察や調査や研究を通して、子供の考える力が育ち、親子の対話が深まる
 自由な研究や実験や工作は、保護者の協力が必要になることがあります。この協力の中で、親子の対話が生まれ、知的な家庭文化が生まれます。

 子供の考える力は、教科書や問題集の中からではなく、実際の経験と親子の対話の中から育っていきます。人前でプレゼンテーションをする力がつく創造発表学習、個性的な友達ができる少人数のオンラインクラス学習
 創造発表クラスは、全員が発表し、全員が質問や感想を述べ合うクラスです。
 5人以内の少人数に限定した授業なので、全員に話をする機会があります。
 毎回みんなの前で話す経験の中で、これから社会で必要になる発表力とコミュニケーション力が育ちます。オンラインで創造発表クラスの無料体験学習ができます
 オンライン少人数クラスは、通学式の一斉授業よりも、密度の濃い授業ができます。
 無料体験学習を希望される方は、お電話、又は、ホームページからお申し込みください。
045-353-9061(平日10:00~17:00、土日10:00~12:00)


作文教育を中心に43年の実績 ]]>
2024-05-27T10:55:13+09:00 森川林 Kotobanomoi 森川林
https://www.mori7.com/index.php?e=5081 日本を復活させるために、創造教育文化を育てる ニワゼキショウ  工業化の時代が、終焉を迎えようとしています。  もちろん、いろいろな例外がありますが、歴史的に見れば、工業化の時代が終わりを迎えつつあるということです。 ニワゼキショウ



 工業化の時代が、終焉を迎えようとしています。

 もちろん、いろいろな例外がありますが、歴史的に見れば、工業化の時代が終わりを迎えつつあるということです。

 工業は、これまで世界の経済を牽引してきました。

 しかし、多くの国では、すでに工業生産物が行きわたるようになりました。
 一方、工業の供給先は、多くの国に広がっています。
 これまでのように、旺盛な需要が新しい供給を引き出すというような関係ではなくなってきているのです。

 現在の軍需産業や医薬品産業の需要は、作られた需要であって、本当の需要ではありません。

 しかも、工業生産による環境破壊さえ問題になっています。

 一方、情報産業は、GAFAとかFAANGとか呼ばれる頭文字の一部のメガテックが独占しています。
 しかし、この繁栄は一時のあだ花です。

 必要な情報は、今後、個人間のやりとりで行われるようになります。

 そして、人間は、興味本位の広範な情報に興味を持つよりも、自分のしたいことに興味を持つようになるのです。

 新しい時代の人間の関心は、物でも情報でもなく、自分自身になります。
 最初は、健康とか美容とかファッションとかいう外形的なものに関心が向きますが、やがて、関心は、自身の成長とか新しい体験とかいうものに向かっていきます。

 そこで、文化の時代が始まるのです。
 文化の時代は、また学習と教育の時代にもなります。

 江戸時代の平和な300年間にさまざまな文化が生まれたように、これから地球規模で新しい文化が生まれる時代になるのです。

 その先端を行く国が日本です。

 YouTubeでも、Xでも、Facebookでも、使用される言語の割合は、もちろん英語がトップですが、日本語もかなりの割合を占めているはずです。
(この具体的なデータは、昔はありましたが、残念ながら今はありません。)

 日本では、ただ見るだけや聴くだけの人よりも、発信する人の割合が多いのです。

 それは、8世紀後半という今から1250年も前に、日本で万葉集が作られたのと同じような文化的土壌が日本にはあるからです。

 額田王(ぬかだのおおきみ614年)は、大海人皇子(後の天武天皇)に歌を送りました。
「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」
(あかねさすむらさきのゆきしめのゆきのもりはみずやきみがそでふる)

 意味は、
「そんなに私に向かって袖を振っていたら、見張りの人に見られてしまって、秘めた恋がばれてしまうじゃないの」
です(笑)。

 すると、大海人皇子は、歌を返します。
「紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我恋ひめやも」
(むらさきのにおえるいもをにくくあらばひとづまゆえにわれこいめやも)
 意味は、
「美しい紫草のように輝くあなたを、たとえ人妻であったとしても、私は憎むことができない。だからこそ、まだあなたを愛している」
です。
 いいですねえ(笑)。

 つまり、人間どうしのやりとりが、短歌という文化を通して行われていたのです。

 同じように、江戸時代の庶民の娯楽のひとつは、手紙のやりとりでした。
 つまり、見る文化や聴く文化だけでなく、作る文化、発信する文化があり、それが歴史的に続いていたのです。

 この発信する文化が、時代ととともに、文学の世界だけでなく、多様な分野に広がります。

 茶道、華道、鯉の養殖、ウズラの鳴き合わせ、和食、和服、関孝和(せきたかかず)の数学、伊能忠敬(いのうただたか)の測量、更には種子島に届いた鉄砲の国内製造などがそうです。

 つまり、作る文化が、日本の文化の特徴だったのです。

 そして、これがこれからの世界の新しい文化になります。

 大事なことは、この作る文化が一部のエリートによってではなく、庶民のレベルで行われてきたことです。


 しかし、日本の戦後の教育は、日本本来の作る文化よりも、「欧米に追いつき追い越せ」のキャッチアップ文化を優先してきました。

 正しい答えは、欧米にあるから、それを学ぶことが第一だという考えです。
 それは、教育のすべての面で広がりました。
 そのひとつの終着点が、今の科挙化した受験勉強です。

 教える先生は、正しい答えを覚えることを生徒に求め、生徒はその要求に応えるために勉強時間の多くを費やします。

 本当は、基礎の勉強は、もっと短時間で済ませ、そのあとは自分の個性や創造性を活かす学び方をすることが大事なのです。

 しかし、その教育の転換が、今起きつつあります。
 それが、高校における探究学習や大学入試における総合選抜などの広がりです。
 大学に入ったあとも、意欲のある学生は、どこかに就職するよりも、自分で起業することを目指すようになりつつあります。

 しかし、その新しい起業は、これまでの工業時代の起業でも、情報時代の起業でもありません。

 能力のある学生は、第二第三のビッグテックを目指し、新しいユニコーン企業を作ることを夢見るかもしれませんが、これからは、もうそういう時代ではありません。

 これからは、ローカルの時代であり、地産地消の時代であり、人と人との関わりのある時代になります。
 その関わりの中で、新しい文化を作る時代になるのです。

 その文化が、たまたま広がる場合もあるので、それが新しいビッグ文化になるかもしれません。
 しかし、基本は人間どうしの関わりで多様な文化が生まれていくということです。

 そういう創造的な文化を作り出せる子供を育てることが、これからの教育のひとつの目標です。

 そのためには、もちろん基礎的な教養は必要です。
 しかし、それは、家庭学習で十分にできるものです。
 その家庭学習を時々チェックしてくれるところがあればいいのです。
 それは、例えば、基礎学力クラスや総合学力クラスや全科学力クラスです。
 特に、力を入れたい教科がある場合は、国語読解や算数数学や英語のクラスに参加すればいいのです。

 大事なのは、基礎的な教養以外に、自分で発信する学習をすることです。
 発信する学習強には、発表する場が必要です。
 それが、作文クラス、創造発表クラス、プログラミングクラスなどです。

 創造的な教育が進むと、やがて、その子供たちが社会に出て、創造的な文化を作り出すようになります。
 新しい創造文化が、更に新しい創造教育を生み、相互作用で日本全国が創造的な文化の国になります。

 インターネットの時代には、創造文化が国境を越えて広がります。
 そして、世界中が、創造文化の時代になるのです。

 これが、日本復活の道筋です。
 日本の未来は、創造教育文化立国を目指すことなのです。 ]]>
2024-05-26T04:38:28+09:00 森川林 Kotobanomoi 森川林