言葉の森が森林プロジェクトで目指すもの――寺子屋オンラインの作文教育による教育改革で日本をよりよい国に 幼児や低学年の学習は、ドリルを解くようなものよりも、親子の対話を中心に――親子作文の意義と方法 森林プロジェクトの寺子屋オンライン「作文講師」実践育成講習会(那須合宿所) 9月から、日曜日朝の「親子作文」体験学習。対象は幼長、小1。希望者には誰でもできる暗唱検定指導あり 未来の地球と言葉の森の教育

記事 3074番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/8/17 
集中力のない子の問題
森川林 2017/10/24 07:33 


 子供が勉強している様子を見ると、すぐに気が散ったりぼんやりと考えていたりと、親から見て集中力のない様子が感じられるときがあります。
 早く済ませればできるのに、長い時間をかけてやっているというのには、どういう原因があるのでしょうか。

 第一は、早く終わると追加の勉強をさせられる可能性があるというケースです。
 予定の勉強が早く終わったからといって、一度でもそこで追加する勉強をさせると、子供はそのことをよく覚えていて、なるべく早く終わらせないように時間をかけてやるようになるのです。

 特に、作文の勉強は、そのときのテーマによってかかる時間がかなり違います。
 しかも、作文は、ほかの勉強と比べるとかなり頭脳を使います。
 作文の勉強のあとは、ほかの勉強はしないで、せいぜい読書ぐらいにとどめておくといいのです。

 第二は、ページ数などを決めてやらせるのではな、く時間を決めてやらせるような勉強になっていることです。
 時間が経てばおしまいという形にすれば、自然にその時間の範囲をなるべく楽に過ごすようになります。
 親の立場としては、時間で決めた方が管理しやすいですが、子供にとってはその時間は一種の奴隷状態の時間です。
 時間の枠を決められると、自分で工夫して能率よくやろうという気にはなれないのです。

 第三は、これがいちばん多い原因だと思いますが、勉強する時間が長すぎるか、勉強する量が多すぎることです。
 子供は、すぐに終えられるものだと思えば、早く終わらせて、あとは自由に遊びたいと考えるはずです。
 ところが、目の前に膨大な量の勉強があったり、長い時間が待ち受けていたりすると、どうしてもすぐに取りかかる気にはなれないのです。

 これも、特に作文の勉強の共通することですが、ひとまとまりの作文を書こうとすれば、大体1時間はかかります。
 小学校高学年や中高生で、いい文章を書こうと考える生徒は1時間半かかります。
 社会人の方が作文の練習をする初めのころは、大体3時間かかります。

 作文の勉強は、今日は30分だけ書いて、明日は続きの30分を書くというわけにはいきません。
 だから、作文の勉強を始める前は、多くの子が、ちょっと本を読んだり、ちょっと手遊びをしたりして、心の準備をしてから取りかかるのです。

 作文の勉強の場合は、長くかかるのはやむを得ません。
 その代わり、続きを翌日に持ち越すようなことはせずに、その日に書き終えるところまで行かなければ、「(つづく)」と書いてそれで終了にした方がいいのです。
 この場合、「つづき」を書く必要はありません。
 書く見通しを考えたことが勉強の中身ですから、最後まで書き上げられなくてもいいのです。

 話は少し飛躍しますが、この書くことに時間がかかる問題を、将来は音声入力でカバーできるようにしたいと思っています。
 やり方は、まず作文の構想図を10分か15分で書きます。
 この構想図を書く過程が考える勉強ですから、作文の中身のいちばん大事なところです。
 そのあと、その構想図をもとに音声入力をします。
 音声入力は、考えながらゆっくり話すので、普段の会話の3分の1から5分の1のスピードです。
 すると、10分で1000字程度の文章になります。
 今は、人工知能で音声がかなり正確にテキスト化されるので、手直しは句読点をつけるぐらいです。
 欧米の言語では既に句読点を自動的につける機能があるようですが、日本語にはまだ対応していません。
 しかし、これは技術的には簡単なことなので、いずれ日本語の音声入力にも句読点が自動的につくようになると思います。
 このようにすれば、考える時間も、手直しの時間も含めて、それまで1時間から1時間半かかっていた作文を30分弱で仕上げることができるようになります。
 これは、いずれオンライン講座としてやっていきたいと思っています。

 さて、話を戻して。
 作文の勉強の場合は、ひとまとまりの作文を書くのに時間がかかるのは、今の段階ではやむをえません。
 しかし、他の勉強に関しては、小学生のうちはあまり長時間勉強させないことが大事です。
 なぜなら、長時間勉強に取り組む動機が、まだ小学生には自分の中にないからです。

 子供が成長して中学3年生の受験期になったり、高校生になり大学入試に取り組む時期になったりすれば、誰でも自然に集中力を発揮するようになります。
 その時期の自分の内側から湧き上がった集中力が本当の集中力で、小学生の間はもともとそういう集中力がないのが本来の姿です。

 ですから、小学生の間の勉強はなるべく短時間で終わるものにして、親は、子供が勉強などに集中せずに気を散らす方がむしろ自然だと思って、もっと手を抜いた勉強の仕方をしていくといいのです。

 ちゃんと育っている子であれば、必要なときには必ず集中力を発揮します。
 今集中力がないのは、まだそういう場面やそういう時期でないからなのです。


 子供が勉強している様子を見ると、すぐに気が散ったりぼんやりと考えていたりと、親から見て集中力のない様子が感じられるときがあります。
 早く済ませればできるのに、長い時間をかけてやっているというのには、どういう原因があるのでしょうか。

 第一は、早く終わると追加の勉強をさせられる可能性があるというケースです。
 予定の勉強が早く終わったからといって、一度でもそこで追加する勉強をさせると、子供はそのことをよく覚えていて、なるべく早く終わらせないように時間をかけてやるようになるのです。

 特に、作文の勉強は、そのときのテーマによってかかる時間がかなり違います。
 しかも、作文は、ほかの勉強と比べるとかなり頭脳を使います。
 作文の勉強のあとは、ほかの勉強はしないで、せいぜい読書ぐらいにとどめておくといいのです。

 第二は、ページ数などを決めてやらせるのではな、く時間を決めてやらせるような勉強になっていることです。
 時間が経てばおしまいという形にすれば、自然にその時間の範囲をなるべく楽に過ごすようになります。
 親の立場としては、時間で決めた方が管理しやすいですが、子供にとってはその時間は一種の奴隷状態の時間です。
 時間の枠を決められると、自分で工夫して能率よくやろうという気にはなれないのです。

 第三は、これがいちばん多い原因だと思いますが、勉強する時間が長すぎるか、勉強する量が多すぎることです。
 子供は、すぐに終えられるものだと思えば、早く終わらせて、あとは自由に遊びたいと考えるはずです。
 ところが、目の前に膨大な量の勉強があったり、長い時間が待ち受けていたりすると、どうしてもすぐに取りかかる気にはなれないのです。

 これも、特に作文の勉強の共通することですが、ひとまとまりの作文を書こうとすれば、大体1時間はかかります。
 小学校高学年や中高生で、いい文章を書こうと考える生徒は1時間半かかります。
 社会人の方が作文の練習をする初めのころは、大体3時間かかります。

 作文の勉強は、今日は30分だけ書いて、明日は続きの30分を書くというわけにはいきません。
 だから、作文の勉強を始める前は、多くの子が、ちょっと本を読んだり、ちょっと手遊びをしたりして、心の準備をしてから取りかかるのです。

 作文の勉強の場合は、長くかかるのはやむを得ません。
 その代わり、続きを翌日に持ち越すようなことはせずに、その日に書き終えるところまで行かなければ、「(つづく)」と書いてそれで終了にした方がいいのです。
 この場合、「つづき」を書く必要はありません。
 書く見通しを考えたことが勉強の中身ですから、最後まで書き上げられなくてもいいのです。

 話は少し飛躍しますが、この書くことに時間がかかる問題を、将来は音声入力でカバーできるようにしたいと思っています。
 やり方は、まず作文の構想図を10分か15分で書きます。
 この構想図を書く過程が考える勉強ですから、作文の中身のいちばん大事なところです。
 そのあと、その構想図をもとに音声入力をします。
 音声入力は、考えながらゆっくり話すので、普段の会話の3分の1から5分の1のスピードです。
 すると、10分で1000字程度の文章になります。
 今は、人工知能で音声がかなり正確にテキスト化されるので、手直しは句読点をつけるぐらいです。
 欧米の言語では既に句読点を自動的につける機能があるようですが、日本語にはまだ対応していません。
 しかし、これは技術的には簡単なことなので、いずれ日本語の音声入力にも句読点が自動的につくようになると思います。
 このようにすれば、考える時間も、手直しの時間も含めて、それまで1時間から1時間半かかっていた作文を30分弱で仕上げることができるようになります。
 これは、いずれオンライン講座としてやっていきたいと思っています。

 さて、話を戻して。
 作文の勉強の場合は、ひとまとまりの作文を書くのに時間がかかるのは、今の段階ではやむをえません。
 しかし、他の勉強に関しては、小学生のうちはあまり長時間勉強させないことが大事です。
 なぜなら、長時間勉強に取り組む動機が、まだ小学生には自分の中にないからです。

 子供が成長して中学3年生の受験期になったり、高校生になり大学入試に取り組む時期になったりすれば、誰でも自然に集中力を発揮するようになります。
 その時期の自分の内側から湧き上がった集中力が本当の集中力で、小学生の間はもともとそういう集中力がないのが本来の姿です。

 ですから、小学生の間の勉強はなるべく短時間で終わるものにして、親は、子供が勉強などに集中せずに気を散らす方がむしろ自然だと思って、もっと手を抜いた勉強の仕方をしていくといいのです。

 ちゃんと育っている子であれば、必要なときには必ず集中力を発揮します。
 今集中力がないのは、まだそういう場面やそういう時期でないからなのです。

コメント欄

森川林 2017年10月24日 7時44分 1 
 大人の場合、集中力がなくなるのは、つまらない仕事か、長くやりすぎたからかです。
 それでも、やらなければならない仕事のときは、大人はうまく工夫しながら、そしてうまく手を抜きながらやり続けることができます。
 子供が勉強に集中できないとしたら、そこには大人が仕事に集中できないときと共通する問題があると思ってあげることです。
 そして、一度ボタンを押せばずっと集中できるロボットのような子よりも、すぐ集中が途切れる子の方が安心と思っておくことです。


コメントフォーム
集中力のない子の問題 森川林 20171024 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
ぬねのは (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ぬねのは」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
読解力には段階 nane
 論理的な読解力をつけるのに、特別の教材 11:15
読解力には段階 森川林
 国語の読解力とは、単に論理的に読み取る 11:4
言葉の森が森林 nane
 寺子屋オンラインも森林プロジェクトも、 8/15
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の31~60件目を表示
……先の30件
■ゲームは飽きるが友達は飽きない 6月21日
■海外帰国子女枠の作文と面接なら言葉の森 6月20日
■繰り返し読むのは、やはり紙の本 6月19日
■誰でも暗唱ができるようになる方法――成長期の子供の日本語力育成に有効 6月18日
■6月のオンライン懇談会、6月の発表交流会、7月のオンライン面談の予定 6月15日
■人に教わるのではなく、自ら学ぶことによって真の実力がつく 6月15日
■親子の対話が子供を成長させる 6月14日
■作文は準備七分に腕三分 6月13日
■できなかったことを叱るのではなく、できるようにさせてから褒める 6月12日
■森林プロジェクトの交流会6月13日(水)20:30 6月12日
■寺オン作文コースの発表から 6月12日
■問う勉強、答える勉強――百点を取るより面白い勉強とは 6月11日
■「いつでも読書」――小6の生徒の作文から 6月10日
■成績はよくなったが、頭は悪くなった 6月10日
■考える勉強の習慣がつく発表学習コース 6月8日
■直すのが難しいが効果の薄い漢字、直すのが易しいが効果の高い読書 6月7日
■作文が更に楽しく書ける寺オン作文コース 6月6日
■寺子屋オンライン「発表学習コース」の子供たちの作品から 6月6日
■作文を上手にすることと作文力を上達させることとは違う 6月5日
■那須高原 言葉の森合宿所 読書作文キャンプ2018のお知らせ 6月4日
■受験作文は、構成の示してある模範解答で練習すれば誰でも書けるようになる 6月3日
■「ちゃんと勉強しなさいよ」と言うと、ちゃんと勉強しなくなる 6月2日
■寺子屋オンライン通信2018年6月号 6月2日
■那須の読書作文キャンプの下見 6月1日
■ブラック勉強とホワイト勉強 5月30日
■創造的で個性的な学力が将来の人間形成につながる 5月29日
■答えのない勉強としての読書――子供の読書生活をどう発展させるか(その4) 5月29日
■答えのない勉強としての読書――子供の読書生活をどう発展させるか(その3) 5月28日
■音声入力講座――1200字の作文を10分で書く――時間の取れない中高生のために 5月27日
■答えのない勉強としての読書――子供の読書生活をどう発展させるか(その2) 5月26日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare