読解力には段階がある――逐語的読解力、共感的読解力、論理的読解力、そして……(1) 言葉の森が森林プロジェクトで目指すもの――寺子屋オンラインの作文教育による教育改革で日本をよりよい国に 幼児や低学年の学習は、ドリルを解くようなものよりも、親子の対話を中心に――親子作文の意義と方法 森林プロジェクトの寺子屋オンライン「作文講師」実践育成講習会(那須合宿所) 9月から、日曜日朝の「親子作文」体験学習。対象は幼長、小1。希望者には誰でもできる暗唱検定指導あり

記事 3263番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/8/19 
言葉の森のシステムを大幅に変更――その一部始終と今後の展望
森川林 2018/04/02 03:26 

 これは、言葉の森の教室内部のことですが、現在、代表である中根がいろいろな作業を行っており、手続きが遅れたり十分なフォローができていなかったりするところがあるため、現状をお知らせしておくことにしました。

 言葉の森の目的は、日本によりよい教育を作り上げることです。
 それは大きく、次の四つの方向で行っていく予定です。

 第一に、受験の教育から実力の教育へという方向です。
 今の勉強の多くは、受験に合格するために間違えやすいことができるようになるところに力点が置かれています。本当の教育は、実力をつけるための教育です。

 第二に、学校の教育から家庭の教育へという方向です。
 これは、もちろん学校教育を否定するものではありませんが、小中学校の勉強のほとんどは、家庭学習でできるものです。そして、家庭で親子の対話をすることによって、子供は知識以外の多くのものを学びます。この家庭の教育力を生かした教育を行っていく必要があります。

 第三は、点数の教育から文化の教育へという方向です。
 今の教育は、点数がつけられるものを中心に行われています。しかし、人生で大事なものの多くは、点数のつかないところにあります。それは、例えば勇気だったり思いやりだったりするものです。
 子供は、大人に要求されたことに応えて成長します。だから、大人がまず子供に点数のつかない部分の大切さを教えていく必要があるのです。

 第四は、競争の教育から創造の教育へという方向です。
 現在の教育は、競争に勝つことが目的になっています。それは、大人の社会が同じように競争に勝つことを主な目的として運営されてきたためです。
 過去の社会では、競争が世の中を豊かにした面がありました。しかし、これからの社会では、競争よりも新しいものを作り出す創造の方が重要になります。
 競争によって人の上に立つのではなく、創造によって独立した生き方をし、それが周囲も豊かにするという社会になっていきます。それに対応した教育を行う必要があります。

 こういうことを随分前に考え、そのためにどうしたらいいかをずっと考えてきました。
 そして、その結論として考えついたのは、オンラインで子供たちの教育を行い、それを担う人材を森林プロジェクトで養成するということでした。
 そのオンラインの教育も、単に今の社会で普通に行われている知識中心の教育を代替するものではなく、作文教育という創造性を必要とする学習を中心に、どの教科にも創造的な要素を取り入れる方向で行っていこうと思ったのです。

 そのときに参考になったのは、江戸時代の寺子屋教育でした。
 寺子屋教育の特徴は、どの子も学べる方法で、誰もがのびのびと楽しみながら実力をつけ、家庭と地域に根ざした実践的な内容でありながら、高度な学力をつけることができ、しかも学力以外の文化力も育てるというものでした。

 この寺子屋教育の本質を現代の科学技術の仕組みの中で実現することが、日本の教育や更には世界の教育をよりよいものにすることだと思ったのです。

 ところで、私(森川林)は、作文教室を最初に始めたときから、自分でシステムのプログラムを組むようにしていました。
 まだプログラミングのようなことが一般的になっていない初期のころから、独自にプログラムを作っていたので、その量も複雑さも今では半端なものではなくなっています。
 いずれ、このシステム部門を専門的なところに引き継ぎたいと思っていますが、今のところは日常的なメンテナンスも含めてすべて自分がやらなければなりません。それは、仕組みがあまりにも独特で複雑になっているからです。

 しかも、これは言い訳ですが、私はものごとを考えることが好きで、今の社会のいろいろな出来事をつい深く考えてしまうのです。
 だから、日曜日などはほとんど朝からずっと考え事をしています。その考えている時間がいちばん楽しい時間で、今度の連休も今から楽しみにしているぐらいです。

 しかし、この考えている時間が長いため、実務的な作業が、プログラミングのメンテナンスも含めてつい後回しになってしまうことが多いのです。
 これが言い訳です。

 さて、この春から、新しいオンライン教育の方向がはっきり見えてきました。
 それは、今、寺子屋オンラインという名称で行おうとしているものですが、オンラインのウェブ会議システムを利用し、顔の見える少人数のクラスで、創造的で思考力を育てる教育を行い、それを森林プロジェクトのメンバーで支えるという方向です。

 そして、ちょうど最近になって、教育界も知識の詰め込み教育から思考力を育てる教育という方向に大きく変わり、作文力や面接力がこれからの学力として重視されるようになってきました。

 言葉の森は、日本でいちばん長く作文指導を続けてきた教室ですから、合格する作文を書く指導をすることなどは朝飯前です。それは、中学入試、高校入試、大学入試いずれも同じです。ただそれをあまり前面に出してこなかっただけです。

 そこで、言葉の森の教育の理念を広げることを兼ねて、受験作文指導を、寺子屋オンラインという仕組みの中で行うことにしようと考えました。
 受験作文と言っても、要するに、構成、題材、表現、主題、表記の各分野で内容の優れたものを書けるようにする勉強ですから、小学校低中学年の生徒は、コンクールに入選するような作文を書くことと同じです。
 受験合格やコンクール入選が目的なのではなく、目的は、個性、知性、感性のある子供たちを育てることですが、その目的の延長に合格や入選という結果又は目標があるという関係です。

 そのかわり、このハイパー作文指導には、保護者の協力が欠かせません。それは、まず作文に書く材料の段階で、よりよい準備ができていることが必要になるからです。
 とは言っても、その協力は楽しいものになるはずです。やることは、子供と一緒にいろいろな経験をしたり、お喋りをしたりすることだからです。
 そして、これは、親が子供を引っ張ってやらせるようなものにはなりません。というのは、少人数クラスの交流が勉強のスタイルになるので、子供たちがほかの人の作文の準備の取り組みを見て、自然に自分もよりよいものを準備しようという気になるはずだからです。

 さて、今までは、作文指導の対象は主に日本国内の生徒でした。
 海外の日本人の生徒からも作文を勉強したいというニーズはあるのですが、時差があること、郵送が簡単にできないこと、料金のやりとりが難しいことなどの障害があり、あまり海外に広げることをしてこなかったのです。

 しかし、今後のウェブ会議を利用したオンライン指導であれば、指導の内容はかなりきめ細かくできるようになります。また、海外の森林プロジェクトの講師が増えれば時差の問題も解決します。更に、将来は仮想通貨によって海外との決済は今よりもずっと容易になります。
 そして、ちょうど公立中高一貫校などが帰国子女枠で、海外生徒の作文受験を広げるようになってきました。

 そこで、今後、平日の朝9時台、10時台も少人数クラスの指導ができるようにし、海外生徒もオンラインで作文を受講できる仕組みを作ることにしました。

 ということで、先ほどの言い訳と同じですが、私の今の机上は、書類の山になっています(笑)。
 新しい作文の本の出版なども、だいぶ前に頼まれていましたが、原稿が途中で止まったままでそちらも本当なら早急に再開しなければなりません。
 プログラミングをやったことのある人ならわかると思いますが、システムを作り直すというのは、実に長い時間を取られます。自分で作ったシステムでありながら、時間がたつと最初から全部見直さなければ何がどうなっているのかわかりません。中断すると、また最初からやらなければなりません。

 自分の中では、これはもう戦場状態だと割り切っていて、いろいろなミスや見落としがあっても、「あ、ごめん」で済まそうと思っています(笑)。済まされた人には申し訳ありませんが、そうでも考えないと話が先に進まないのです。

 そして、たぶんあと何年か、又は何ヶ月かたつと、いろいろなことが軌道に乗ってきて、今のこの混乱状態が懐かしい思い出になるだろうと思っています。かなり気楽な考え方ですが。

 そして、今世の中は、大きく変化しようとしています。
 私は、これからやってくる社会の変化は、初期化という言葉で言い表せるのではないかと思っています。これまでの社会の古い仕組みが行き詰まり、小手先の改革では手の打ちようがなくなり、大きく根本から変えなければならなくなるのです。
 ちょうど、徳川幕藩体制が行き詰まり明治維新が行なわれたような時代状況が、国際的に生まれてくるのだと思います。

 そして、その初期化のあとにやってくる社会は、正常化という言葉で言い表せると思います。
 インターネットの社会では、正しい情報が広まります。既にその兆候はありますが、それが更に加速され、社会の構成員の多くが、正確な情報とより妥当な見解を共有するようになるのです。

 その新しい時代に、新しい教育を準備しておくことが、これからの言葉の森の役割だと考えています。勝手に自分の役割にするなと言われそうですが(笑)

 ということで、言葉の森のこういう考え方に賛同される方は、ぜひfacebookグループの森林プロジェクトなどに参加され、いろいろな意見交換をしていけたらと思います。
 森林プロジェクトは、作文講師資格講座を受講していない人も含めてどなたでも参加できます。
 講師資格講座を受講した人のfacebookんグループは、森プロプロという名前で、こちらはもっと実践的な内容です。
 いずれも、私がまだ運営をさぼっていますが、システム作りが一段落したら交流や研修にもっと力を入れていきたいと思います。
 森林プロジェクトのみなさん、期待して待っていてください。

 これは、言葉の森の教室内部のことですが、現在、代表である中根がいろいろな作業を行っており、手続きが遅れたり十分なフォローができていなかったりするところがあるため、現状をお知らせしておくことにしました。

 言葉の森の目的は、日本によりよい教育を作り上げることです。
 それは大きく、次の四つの方向で行っていく予定です。

 第一に、受験の教育から実力の教育へという方向です。
 今の勉強の多くは、受験に合格するために間違えやすいことができるようになるところに力点が置かれています。本当の教育は、実力をつけるための教育です。

 第二に、学校の教育から家庭の教育へという方向です。
 これは、もちろん学校教育を否定するものではありませんが、小中学校の勉強のほとんどは、家庭学習でできるものです。そして、家庭で親子の対話をすることによって、子供は知識以外の多くのものを学びます。この家庭の教育力を生かした教育を行っていく必要があります。

 第三は、点数の教育から文化の教育へという方向です。
 今の教育は、点数がつけられるものを中心に行われています。しかし、人生で大事なものの多くは、点数のつかないところにあります。それは、例えば勇気だったり思いやりだったりするものです。
 子供は、大人に要求されたことに応えて成長します。だから、大人がまず子供に点数のつかない部分の大切さを教えていく必要があるのです。

 第四は、競争の教育から創造の教育へという方向です。
 現在の教育は、競争に勝つことが目的になっています。それは、大人の社会が同じように競争に勝つことを主な目的として運営されてきたためです。
 過去の社会では、競争が世の中を豊かにした面がありました。しかし、これからの社会では、競争よりも新しいものを作り出す創造の方が重要になります。
 競争によって人の上に立つのではなく、創造によって独立した生き方をし、それが周囲も豊かにするという社会になっていきます。それに対応した教育を行う必要があります。

 こういうことを随分前に考え、そのためにどうしたらいいかをずっと考えてきました。
 そして、その結論として考えついたのは、オンラインで子供たちの教育を行い、それを担う人材を森林プロジェクトで養成するということでした。
 そのオンラインの教育も、単に今の社会で普通に行われている知識中心の教育を代替するものではなく、作文教育という創造性を必要とする学習を中心に、どの教科にも創造的な要素を取り入れる方向で行っていこうと思ったのです。

 そのときに参考になったのは、江戸時代の寺子屋教育でした。
 寺子屋教育の特徴は、どの子も学べる方法で、誰もがのびのびと楽しみながら実力をつけ、家庭と地域に根ざした実践的な内容でありながら、高度な学力をつけることができ、しかも学力以外の文化力も育てるというものでした。

 この寺子屋教育の本質を現代の科学技術の仕組みの中で実現することが、日本の教育や更には世界の教育をよりよいものにすることだと思ったのです。

 ところで、私(森川林)は、作文教室を最初に始めたときから、自分でシステムのプログラムを組むようにしていました。
 まだプログラミングのようなことが一般的になっていない初期のころから、独自にプログラムを作っていたので、その量も複雑さも今では半端なものではなくなっています。
 いずれ、このシステム部門を専門的なところに引き継ぎたいと思っていますが、今のところは日常的なメンテナンスも含めてすべて自分がやらなければなりません。それは、仕組みがあまりにも独特で複雑になっているからです。

 しかも、これは言い訳ですが、私はものごとを考えることが好きで、今の社会のいろいろな出来事をつい深く考えてしまうのです。
 だから、日曜日などはほとんど朝からずっと考え事をしています。その考えている時間がいちばん楽しい時間で、今度の連休も今から楽しみにしているぐらいです。

 しかし、この考えている時間が長いため、実務的な作業が、プログラミングのメンテナンスも含めてつい後回しになってしまうことが多いのです。
 これが言い訳です。

 さて、この春から、新しいオンライン教育の方向がはっきり見えてきました。
 それは、今、寺子屋オンラインという名称で行おうとしているものですが、オンラインのウェブ会議システムを利用し、顔の見える少人数のクラスで、創造的で思考力を育てる教育を行い、それを森林プロジェクトのメンバーで支えるという方向です。

 そして、ちょうど最近になって、教育界も知識の詰め込み教育から思考力を育てる教育という方向に大きく変わり、作文力や面接力がこれからの学力として重視されるようになってきました。

 言葉の森は、日本でいちばん長く作文指導を続けてきた教室ですから、合格する作文を書く指導をすることなどは朝飯前です。それは、中学入試、高校入試、大学入試いずれも同じです。ただそれをあまり前面に出してこなかっただけです。

 そこで、言葉の森の教育の理念を広げることを兼ねて、受験作文指導を、寺子屋オンラインという仕組みの中で行うことにしようと考えました。
 受験作文と言っても、要するに、構成、題材、表現、主題、表記の各分野で内容の優れたものを書けるようにする勉強ですから、小学校低中学年の生徒は、コンクールに入選するような作文を書くことと同じです。
 受験合格やコンクール入選が目的なのではなく、目的は、個性、知性、感性のある子供たちを育てることですが、その目的の延長に合格や入選という結果又は目標があるという関係です。

 そのかわり、このハイパー作文指導には、保護者の協力が欠かせません。それは、まず作文に書く材料の段階で、よりよい準備ができていることが必要になるからです。
 とは言っても、その協力は楽しいものになるはずです。やることは、子供と一緒にいろいろな経験をしたり、お喋りをしたりすることだからです。
 そして、これは、親が子供を引っ張ってやらせるようなものにはなりません。というのは、少人数クラスの交流が勉強のスタイルになるので、子供たちがほかの人の作文の準備の取り組みを見て、自然に自分もよりよいものを準備しようという気になるはずだからです。

 さて、今までは、作文指導の対象は主に日本国内の生徒でした。
 海外の日本人の生徒からも作文を勉強したいというニーズはあるのですが、時差があること、郵送が簡単にできないこと、料金のやりとりが難しいことなどの障害があり、あまり海外に広げることをしてこなかったのです。

 しかし、今後のウェブ会議を利用したオンライン指導であれば、指導の内容はかなりきめ細かくできるようになります。また、海外の森林プロジェクトの講師が増えれば時差の問題も解決します。更に、将来は仮想通貨によって海外との決済は今よりもずっと容易になります。
 そして、ちょうど公立中高一貫校などが帰国子女枠で、海外生徒の作文受験を広げるようになってきました。

 そこで、今後、平日の朝9時台、10時台も少人数クラスの指導ができるようにし、海外生徒もオンラインで作文を受講できる仕組みを作ることにしました。

 ということで、先ほどの言い訳と同じですが、私の今の机上は、書類の山になっています(笑)。
 新しい作文の本の出版なども、だいぶ前に頼まれていましたが、原稿が途中で止まったままでそちらも本当なら早急に再開しなければなりません。
 プログラミングをやったことのある人ならわかると思いますが、システムを作り直すというのは、実に長い時間を取られます。自分で作ったシステムでありながら、時間がたつと最初から全部見直さなければ何がどうなっているのかわかりません。中断すると、また最初からやらなければなりません。

 自分の中では、これはもう戦場状態だと割り切っていて、いろいろなミスや見落としがあっても、「あ、ごめん」で済まそうと思っています(笑)。済まされた人には申し訳ありませんが、そうでも考えないと話が先に進まないのです。

 そして、たぶんあと何年か、又は何ヶ月かたつと、いろいろなことが軌道に乗ってきて、今のこの混乱状態が懐かしい思い出になるだろうと思っています。かなり気楽な考え方ですが。

 そして、今世の中は、大きく変化しようとしています。
 私は、これからやってくる社会の変化は、初期化という言葉で言い表せるのではないかと思っています。これまでの社会の古い仕組みが行き詰まり、小手先の改革では手の打ちようがなくなり、大きく根本から変えなければならなくなるのです。
 ちょうど、徳川幕藩体制が行き詰まり明治維新が行なわれたような時代状況が、国際的に生まれてくるのだと思います。

 そして、その初期化のあとにやってくる社会は、正常化という言葉で言い表せると思います。
 インターネットの社会では、正しい情報が広まります。既にその兆候はありますが、それが更に加速され、社会の構成員の多くが、正確な情報とより妥当な見解を共有するようになるのです。

 その新しい時代に、新しい教育を準備しておくことが、これからの言葉の森の役割だと考えています。勝手に自分の役割にするなと言われそうですが(笑)

 ということで、言葉の森のこういう考え方に賛同される方は、ぜひfacebookグループの森林プロジェクトなどに参加され、いろいろな意見交換をしていけたらと思います。
 森林プロジェクトは、作文講師資格講座を受講していない人も含めてどなたでも参加できます。
 講師資格講座を受講した人のfacebookんグループは、森プロプロという名前で、こちらはもっと実践的な内容です。
 いずれも、私がまだ運営をさぼっていますが、システム作りが一段落したら交流や研修にもっと力を入れていきたいと思います。
 森林プロジェクトのみなさん、期待して待っていてください。

コメント欄

森川林 2018年4月2日 3時37分 1 
 ややとりとめない話になったかもしれませんが、言葉の森の現状を書きました。
 未来は明るいが、現在はてんやわんやということです(笑)。
 そして、これからはもっと面白い世の中になると思います。
 一緒にがんばってやっていきましょう。


nane 2018年4月2日 3時46分 1 
 昨日、やっとシステム作りが一段落。
 本当は、もう一つ大きな仕事があるのですが、それは連休にやることにして、しばらくは地道な仕事に取り組む予定です。
 それが終わったら、お花見にでも行くかなあ。


コメントフォーム
言葉の森のシステムを大幅に変更――その一部始終と今後の展望 森川林 20180402 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
りるれろ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「りるれろ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
読解力には段階 森川林
 子供たちの読解力が低下しているといった 8/18
読解力には段階 nane
 論理的な読解力をつけるのに、特別の教材 8/17
読解力には段階 森川林
 国語の読解力とは、単に論理的に読み取る 8/17
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の31~60件目を表示
……先の30件
■6月22~28日「子供の読書についてのオンライン懇談会」参加自由 6月21日
■ゲームは飽きるが友達は飽きない 6月21日
■海外帰国子女枠の作文と面接なら言葉の森 6月20日
■繰り返し読むのは、やはり紙の本 6月19日
■誰でも暗唱ができるようになる方法――成長期の子供の日本語力育成に有効 6月18日
■6月のオンライン懇談会、6月の発表交流会、7月のオンライン面談の予定 6月15日
■人に教わるのではなく、自ら学ぶことによって真の実力がつく 6月15日
■親子の対話が子供を成長させる 6月14日
■作文は準備七分に腕三分 6月13日
■できなかったことを叱るのではなく、できるようにさせてから褒める 6月12日
■森林プロジェクトの交流会6月13日(水)20:30 6月12日
■寺オン作文コースの発表から 6月12日
■問う勉強、答える勉強――百点を取るより面白い勉強とは 6月11日
■「いつでも読書」――小6の生徒の作文から 6月10日
■成績はよくなったが、頭は悪くなった 6月10日
■考える勉強の習慣がつく発表学習コース 6月8日
■直すのが難しいが効果の薄い漢字、直すのが易しいが効果の高い読書 6月7日
■作文が更に楽しく書ける寺オン作文コース 6月6日
■寺子屋オンライン「発表学習コース」の子供たちの作品から 6月6日
■作文を上手にすることと作文力を上達させることとは違う 6月5日
■那須高原 言葉の森合宿所 読書作文キャンプ2018のお知らせ 6月4日
■受験作文は、構成の示してある模範解答で練習すれば誰でも書けるようになる 6月3日
■「ちゃんと勉強しなさいよ」と言うと、ちゃんと勉強しなくなる 6月2日
■寺子屋オンライン通信2018年6月号 6月2日
■那須の読書作文キャンプの下見 6月1日
■ブラック勉強とホワイト勉強 5月30日
■創造的で個性的な学力が将来の人間形成につながる 5月29日
■答えのない勉強としての読書――子供の読書生活をどう発展させるか(その4) 5月29日
■答えのない勉強としての読書――子供の読書生活をどう発展させるか(その3) 5月28日
■音声入力講座――1200字の作文を10分で書く――時間の取れない中高生のために 5月27日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare