受験作文の解説5.1週 勉強の基本を押さえた上で、読む力と書く力と経験する力をつける 森林プロジェクトで描く未来の教育のビジョン 答えを探す勉強より問題を作る勉強の方が難しい、そして力がつく 部活のノリで勉強する子供たち

記事 3133番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/4/25 
昔、小学2年生だった生徒が、いつの間にか博士論文など書くようになっていて、「先生、お元気ですか」(笑)
森川林 2018/01/13 06:22 


 しばらく仕事に追われて(毎度のことですが)Facebookページを見るのをさぼっていました。
 今日たまたま、以前、Facebookページに入れた記事を見ていたら、4日前の記事に、昔の生徒のコメントが入っていました。
 それは、忘れもしない○高○○恵ちゃん(笑)。

 確か、小2のころから来ていて、よく勉強のできる子でしたが、勉強だけでなくいろいろなことにチャレンジする前向きな生徒でした。
 あるとき、大学推薦入試の小論文を見てあげたことがあり、これなら絶対合格と思ったのですが、その推薦は不合格。
 「この大学は人を見る目がないから、行かなくてよかったよ」と言ってあげました。本当です。
 ところで、今、博士論文を書いているということでした。すごいなあ。

 そう言えば、先日も、昔の岡○○子ちゃん(わかるかなあ)という、言葉の森で初めて朝小に入選した子が、その後東大の何学部かに行ったとかいう話でしたが、その子が今はお母さんになっていて、「実は中根先生に教わっていた」という話を担当の先生にしてくれたということがありました。

 昔、私は、子供たちに学年相応よりもかなり難しいことを教えていたので、みんな苦労したと思います。
 だから、昔の生徒のことを考えると、ちょっと申し訳なかった気がします。
 男の子のうるさいのには、拳骨もよく食らわせましたし。ごめんね(笑)。

 しかし、それなのに、先生に教わったなどと言ってもらうと、何かくすぐったい感じがします。

 こういう昔の生徒たちと、いつか、Zoomを使って同窓会をやりたいと思っています。
 ただ、昔の生徒は、1対1の指導が多かったので、生徒どうしの交流があまりありませんでした。

 唯一の例外は、ある時期、土曜の午後の時間帯の授業をしていることがあり、そのときには中学生と高校生がかなり楽しくやっていたので、それはそれで面白かったです。

 ということを考えつつ、今の生徒の通信指導も、先生と生徒の1対1の指導だけでなく、生徒どうしの交流ができるような仕組みにしたいと思いました。

 その交流の仕組みのスタートとして、しばらく前に、オンライン作文コースを開設しました。
 今、どういう形で生徒どうしの交流がしやすくなるか考えているところです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20180113 1 
 昔の生徒が、いつの間にか、お父さんやお母さんになっていました。
 教材の中には、変わっていないものもあるので、お母さんが書いた課題と同じ課題に取り組む子もいると思います。
 そして、言葉の森では、ワープロというのが出始めたころから、パソコンで作文を書かせていたので、お父さんやお母さんの小中学生時代の作文もウェブのどこかに眠っているはずです。
 と思って探してみたら、ここにみんなの作文がありました(笑)。
https://www.mori7.net/hana/
 ほかにも、どこかにあると思います。


nane 20180113 1 
 昔、言葉の森に小学校低中学年から来ていた生徒には、とても優秀な子が多かったのです。
 というのは、そのころは、作文教室などという教室は、たぶん日本中どこを探してもなかったからです(笑)。
 そういう珍しい教室に来るような子は、どの子も、勉強面では余裕があったからです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教室の話題(26) 同窓会(0) 

記事 3132番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/4/25 
ワールドカフェの広がりにに見る個性の時代の教育
森川林 2018/01/12 08:06 


 最初は、言葉の森の内輪の話です。
 昨日、夜の8時半から10時ごろまで、言葉の森の全国の講師のオンライン新年会を行いました。

 ズームを使った新年会で、開始時刻が夜遅かったので、カメラは全員オフにしていろいろなテーマについて話をしました。

 こういう会合は、人数が多くなると、全体の中で話をする人が限られてきます。

 12月の保護者懇談会のときも、保護者の方の質問に中根が答えるというスタイルでしたので、それぞれの参加者が話をする回数がどうしても限られていました。

 そこで、今回の新年会は、新年カフェという名前にして、Zoomの分科会(ブレイクアウトセッション)機能を使うことにしました。

 私自身は、個々の分科会に参加していなかったので、どういう感じで話が進んだかわかりませんが、3、4人の少人数であれば全員がたっぷり話に参加することができたと思います。

 このやり方を知ったのは、ワールドカフェという本でした。
「ワールド・カフェをやろう」香取 一昭 著 http://amzn.asia/8eUQPVe

 これからの世の中は、教育にしても文化にしても、すべての人が同じフラットな次元で意見を交換していくようになります。

 これまでの社会のように階層的な構造が存在したのは、情報に格差と偏りりがあったためです。

 今はインターネットの広がりによって、ある一部の人や機関が情報を独占するということができなくなっています。

 この流れが、これから子供たちの学習の分野でも、大人の仕事の分野でも、急速に広がっていきます。

 しかも、これまでのインターネットは情報の平準化を促進しただけでしたが、今後のブロックチェーン技術は価値の平準化を実現します。

 誰もが個人の力で価値をやり取りできるようになる時代というのは、誰もが自分の個性を武器として世の中を渡っていく社会です。

 この個性を生かすということが、これからの教育の最も根本的なキーワードになります。

 いかに価値ある個性を育てるかということが、これからの家庭教育の大きな目標になっていくのです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20180112 1 
 カフェ方式であれば、大人数のグループでも、全員が参加できる企画が行なえます。
 子供たちの発表会も、また、Facebookグループのイベントも、これからこのやり方で進めていこうと思っています。


nane 20180112 1 
 個性の時代には、「人より多くの知識を持っている」ということはあまり評価されません。
 「人と違う知識を持っている」ということが重要になるからです。
 クイズ番組で優勝する人よりも、新しいクイズを作れるような人の方が求められてくるのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 未来の教育(31) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント11~20件
……前のコメント
答えを探す勉強 森川林
解ける問題を喜んで解く子は、解くことが嬉 4/20
部活のノリで勉 nane
 オンラインの自由な発表を充実させるため 4/19
部活のノリで勉 森川林
 オンラインの少人数クラスの成否は、積極 4/19
オンライン発表 nane
 参加している子供たちは、小3までは親の 4/19
オンライン発表 森川林
 オンラインの少人数の学習クラスの内容が 4/19
オンライン発表 nane
 先生が個別に電話で説明して指導する作文 4/18
オンライン発表 森川林
 オンライン発表作文クラスでの勉強の仕方 4/18
小4から小5に nane
 生徒の作文の進度を決めるとき、先生がい 4/17
小4から小5に 森川林
 小学4年生と小学5年生の作文には、質的 4/17
緻密に読む力よ nane
 昔の入試は、牧歌的な問題でしたから、大 4/16
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■作文は伸ばすのが先、直すのは後 4月24日
■受験作文の解説5.1週 4月23日
■勉強の基本を押さえた上で、読む力と書く力と経験する力をつける 4月22日
■森林プロジェクトで描く未来の教育のビジョン 4月21日
■答えを探す勉強より問題を作る勉強の方が難しい、そして力がつく 4月20日
■部活のノリで勉強する子供たち 4月19日
■4月4週保護者懇談会のお知らせ 4月19日
■オンライン発表学習クラス(寺オン思考発表クラス・自主学習クラス)の勉強の仕方 4月18日
■オンライン発表作文クラス(寺オン少人数作文クラス)の勉強の仕方 4月17日
■小4から小5に切り替わるときの作文 4月17日
■緻密に読む力より、長い文章をばりばり読む力が真の国語力 4月16日
■発表教育という名の新しい教育 4月15日
■低学年で作文が上手に書ける子の指導(2) 4月14日
■低学年で作文が上手に書ける子の指導(1) 4月13日
■土曜10:00の作文クラス開始 4月11日
■寺子屋オンラインの新しい名称と組織変更について 4月11日
■作文受験にはコツがある――海外帰国子女枠の中学作文受験対策説明会 4月9日
■フィンランドの教育がなぜ世界一になったか 4月9日
■勉強のよくできる子ほど少人数クラスの学習を 4月7日
■親が関わることで子供は成長する――そして親も 4月6日
■小さいうちにいい子にしすぎないこと――いい子には二つの意味がある 4月5日
■公立中高一貫校 海外帰国子女枠の作文受験対策の説明会 4月4日
■少人数で発表しつつ実習する新しい勉強の仕方をオンラインで 4月3日
■ハイパー作文の解説例――美しい日本語【動画あり】 4月2日
■言葉の森のシステムを大幅に変更――その一部始終と今後の展望 4月2日
■作文力は文章力ではなく準備力 4月1日
■那須合宿所の木の伐採 3月31日
■答えを詰め込む勉強ではなく、問題を発見し作り出す勉強を 3月29日
■よくできる子の共通点――継続 3月28日
■できていないことを叱るのではなく、できるようにさせて誉めることが大人の役割 3月27日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare