ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 管理用ページ この記事を削除していいですか。
題名:作文と国語読解と、どちらを受講すればいいですか
名前:森川林
本文: ●動画:https://youtu.be/0Xhqib4Fv98  保護者の方から、「作文と国語読解と、どちらを受講すればいいですか」と聞かれることがあります。  第一は、作文です。  なぜなら、作文はその生徒の実力に応じて、上達の限界がないからです。  また、作文や記述が、これからの学力評価の中心になるからです。  東大の現代文の入試は、読解の選択問題がなく、すべて記述問題です。読解の選択問題は、合格するぐらいの人はだれでもできると考えられているからです。  国語読解は、答えという上限のある勉強です。だから、読解検定でほとんど100点が取れるようになった生徒は、国語読解の勉強をする必要はありません。  そういう人は、時どき読解検定を受けて、80点以上がコンスタントに取れていれば、読解力は維持していると確認しておけばいいのです。  受験のときに、国語の勉強をする必要がないというのは、かなり楽です。  国語読解が完成している人は、作文に力を入れ、森リン点で高得点を取ることを目標にしてください。  ただし、そのように、国語読解で常に80点以上が取れる生徒は限られています。ほとんどの人は、読解力が不足しています。  それは、今の読書環境で、易しい本が多すぎるからです。  そういう人は、国語読解で力をつけながら作文の練習をしておくことです。  読解力がないまま作文の勉強をしても、作文力はなかなか上達しません。  作文が苦手な人は、まず国語読解、そして毎日の読書、それから作文です。  読書がなぜ重要かというと、国語のテストで時間がなくて解ききれないという場合、それまでの読書量が不足していることが多いからます。  読書量は、一朝一夕に増えるものではありません。  小学3、4年生までの比較的時間に余裕のある時期に、勉強よりも読書に力を入れておくことです。  小学3、4年生までの勉強は、ほとんど知識の勉強なので、あとからでも十分に間に合います。  しかし、読書量は、この時期でなければ増やすことはできません。  国語読解クラスに入って勉強しているが、成績が上がらないという人は、問題集読書の不足です。  問題集読書を本人任せで読ませるのではなく、お母さんが近くで、家事などをしながらでいいので、子供の音読を聞いてあげる中で読ませてください。  ただし、聞いたあとは、必ず褒めるだけです。決して注意はしないことです。  読み間違いがあっても褒めるだけです。このように言わないと、親は欠点を指摘する方向にすぐ向いてしまうからです。  音読は、注意をすると下手になります。褒めていると、自然に上手になります。  親の前で音読をするのを嫌がるというのは、これまで注意することが多かったためです。  これは、もう手遅れですから、子供が自覚するまで待つことです。  国語力を高めるコツは、難しい文章を繰り返し読むことです。  それにつれて、読解力がつくとともに、作文も上達していくのです。 (次の記事は、「読書の質と量を高める方法」です。)
CID:.5.23.25.