ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 管理用ページ この記事を削除していいですか。
題名:小学校高学年と中学生は、もっと説明文、意見文の本を読もう
名前:森川林
本文: ●動画:https://youtu.be/dJYhDwedbCw  オンラインクラスでは、どの講座のクラスも、ほぼ毎回読書紹介をしています。  この読書紹介によって、誰でも読書量が自然に増えます。  最近の中学生や高校生は本を読まなくなっていると言われますが、オンラインクラスに参加している生徒は、毎回よく本を読んでいます。  しかし、気になるのは、小学校高学年から中学生の生徒が読む本の多くが物語文だということです。  物語文の本は、いくら読んでも頭はよくなりません。物語文は、考える力がつく性質の本ではありません。  もちろん、物語文の本によって、人の気持ちの微妙さを感じることや、いざというときに人間がどういう行動をとるかということを経験することもできます。  何よりも、感動が伴うというのが、多くの物語文の魅力です。  しかし、物語文の本では、考える力は育たないのです。  また、今の流行の物語文の多くは、状況設定が面白いだけのものが多いので、その面白さは、テレビやYouTubeを見ているのと同じような面白さです。  大事なのは、読書を通して深く考える力を育てることです。  そのための読書が、説明文、意見文の本の読書です。  説明文、意見文の本というのは、特に難しい本でなくてもかまいません。  図書館などでは、ノンフィクションというジャンルに区分されているものです。  例えば、昔、読書紹介の時間に、「クニマスは生きていた!」という本を紹介していた子がいました。  小学生が、特に興味を持って読むような本ではないと思ったので、印象に残っています。  こういう本をよく読む子は、学年が上がるにつれて作文が上手になります。  それは、中高生の作文は、説明文、意見文が中心になるので、そのための語彙力が自然に身につくからです。  ちくま書房は、かつて「ちくま少年図書館」という100冊のシリーズを出していました。今でも、図書館にはそろっているはずです。  岩波ジュニア新書も、当たり外れはあるかもしれませんが、中高生向けのいい本を出しています。  こういう本がもっと出てくるといいのですが、中高生が読むような説明文、意見文の本は限られています。  しかし、小学校高学年、及び、中学生、高校生の人は、意識的にこういう説明文、意見文の本を読んでいくといいのです。  ところで、物語文の本は、ストーリーに引かれて読み進められますが、説明文の本は、最後まで読み通すことが難しい面があります。  この説明文の本を読み進めるための読書法が、付箋読書です。  これは、読みかけのところまで、階段状に小さな付箋を貼りながら読む方法です。  付箋読書をすると、わずか2、3ページずつでも読み進めることができます。  数冊の本を並行して、数ページずつ読んでいくということもできます。  面白さを感じたときは、ずっと続けて読んでいいのですが、面白くないときでも、数ページなら気軽に読み進められます。  そうすると、いつのまにか、読みにくい説明文の本も読み終えることができるのです。 ▽参考記事「付箋読書の仕方(何冊もの本を並行して読む)」 https://www.mori7.com/as/1367.html
CID:.14.