ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 管理用ページ この記事を削除していいですか。
題名:面白いことは、行動の中にある
名前:森川林
本文: ●動画:https://youtu.be/2CKABrlX88Q  面白いことは、TwitterやFacebookやYouTubeやニュースの中にはありません。  ただ、自分の行動の中にあるのです。  ときどき、保護者の方から、「子供が暇さえあればYouTubeを見ている」という相談を受けることがあります。  一昔前は、「暇さえあればテレビ」とか、「暇さえあればゲーム」でしたが、今はYouTubeを見る子が多いようです。  これは、大人も同じです。  スマホ中毒ということが言われることがありますが、暇さえあればスマホを見てしまうのです。  暇さえあれば、画像や動画を見るとか、短い文章を見るだけというのは、積もり積もれば時間の無駄でしかありません。  では、なぜそうなるかというと、本当の面白さは、見る中にはないということを知らないからです。  見る面白さは、それはそれでいいのですが、本当に面白いのは行動と創造の中にあります。  しかし、ほとんどの子供にとって行動と創造の時間は限られています。  勉強は、ほとんどが面白くないものです。  それは、与えられたものを消化するだけの時間ですから、創造的な子ほど勉強に熱中しません。  それを無理に机に縛り付けるような勉強のさせかたをすると、子供は密度の薄い勉強の仕方をするようになります。  密度の薄い勉強の仕方とは、できる問題を何問の解くような、考えずに手だけ動かすような勉強です。  それは、YouTubeを見るよりも密度の薄い時間です。  では、どうしたらいいかというと、いちばん取り組みやすい方法は、暇なときに本を読むことです。  その読み方に、コツがあります。  1冊の本を最初から最後まで読もうとすると、本を手に取ること自体が億劫になります。  「暇があったら本でも読もう」という気になれません。  そこで、小さい付箋を貼るのです。  そして、1冊だけでなく、何冊もの本を並行して読むようにします。  暇になったら、そのとき気になった本を、付箋を貼ってあるところから読み、飽きたら次の付箋の本に移ります。  こういうふうに読んでいくと、時間がすぐたちます。  これは、YouTubeを見続けるよりも、ずっと中身のある時間になるのです。 ▽「付箋読書の仕方」 https://www.mori7.com/as/1367.html
CID:.52.107.