ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 管理用ページ この記事を削除していいですか。
題名:12月の読解検定の解説と答えの一部訂正
名前:森川林
本文: 12月の読解検定で、質問のあったものを載せます。  こういう質問をする人は、みんな、国語の成績がよくなります。  答えに納得できないときは、いつでも質問をしてください。 ■12月の小3の問1 ○ A 清作がやけどをした当時、くっついた指をなおせる医者はどこにもいなかった。  これは、そのまま○です。 × B 清作の両親は寝る間を惜しんで働いた。  父親は大酒飲みで働かなかったと書いてあり、「両親」というところが違うので×です。 ■12月の中2の問1 × A 役に立つ語学を求める声は、まず、実業界からあがってきた。 ★これは、答えの間違いで、○です。  該当する人の点数はあとで修正しておきます。  どうもすみませんでした。 × B 社会的水準があがるにつれ、実学的な語学は求められなくなる。  「社会的水準が上がれば上がるほど、語学に対してもきびしい実用性を求めるようになる。」と本文にかかれているので×です。 ■12月の中2の問2 ○ A 日本の語学教育が役に立たないのは、明治期の実学的な面が根強く残っているからだ。  欧米に追いつくために「読む英語」が求められたのが明治時代。  それを批判するかたちで「書いたり話したりできる英語」が求められているのが現代。  しかし、どちらも、明治時代からの実学的発想から抜け出ていないという内容なので○です。 × B 実用性が求められている今こそ、語学は文化の学問として新生するチャンスだと筆者は捉えている。  「語学は文化の学問として新生するチャンス」というところは合っているが、その前提として書かれている「実用性が求められている今こそ」が違っているので×です。 ■12月の高2の問3 ○ A ニュートンは、色彩には境界が必要だということを見落としていた ○ B ゲーテは、補色の中に、人間経験としての色彩を見た  補色という言葉は、色彩という言葉の部分集合なので、「人間経験としての補色」∈「人間経験としての色彩」でBは○となります。 ■12月の高2の問7 ○ A ファの音は、常に半音下がってミに向かおうとする性質がある  本文に、「鍵盤上のすべての音は、音の高さ以外はまったく均質であるはずなのに、いったん調性が与えられると、どの音もそれぞれ異なった未来指向性を示すようになる」とあるので、「常に」ではないのではないかという声がありました。  しかし、調性というのは結局、音の流れというような意味なので、これは「ファは常にミに向かおうとする」でAは○です。 × B シにはドに対する指向性があるので、シを少しドから離して弾く傾向になる
CID:.109.