KotobanomoriNo.756

通信生には、新学期からの先生の住所ラベルが同封されています。

言葉の森新聞

 

2002年7月1週号

文責 中根克明(森川林)

  通信生には先生の住所ラベルを同封しています

 通信生には、先生の住所ラベルを同封しています。今回の住所ラベルは、清書をペン書きする際の修正シールとしても使えます。いろいろ考えています。(笑)

  認定証の賞状を同封しています

 6月1週の進級試験の結果、進級となった人には認定証を同封しています。

 6月1週の作文で、字数・構成・題材・表現・主題のすべてに◎がついている場合は合格で、賞状に名前が書かれています。

 そうでない場合は、合格は保留で、賞状は白紙です。

 合格が保留の場合でも、仮進級のかたちで、新学期には新しい課題フォルダで勉強します。

 今年度の最終進級試験は、学期ごとの合格を集計した上で、2月末に行ないます。

 賞状はウェブで見ることができます。

「賞状の山」http://www.mori7.net/yama/yama_syoujou.php

 賞状の山で、生徒コードとパスワードを入れ、「賞状表示」ボタンを押すと、自分の賞状が見られます。

 年間の進級試験日は、6月1週、9月1週、12月1週、2月1週(本試験)の予定です。

 ウェブの賞状を印刷をするときは、インターネットエクスプローラの「ツール」→「インターネットオプション」で「詳細設定」を開き、「背景の色とイメージを印刷する」にチェックを入れてください。

 「ファイル」→「ページ設定」は、A4縦(余白は、左12、右8、上8、下8ぐらい)です。

  その他の賞状と賞品引き換えは後日送ります

 今学期から、賞の集計方法を変えました。

 賞の主な対象は、字数、出席回数、構成・題材・表現・主題の点数など、客観的な数値の出るものとします。内容点、表記点など、講師により評価の甘さや辛さが異なる可能性のあるものは、毎週の指導と評価の中だけで取り扱うようにし、賞の集計からははずします。

 この集計方法の変更のため、認定証以外の賞状は作成が遅れています。新しい賞状は、集計が済み次第送ります。賞品引き換えの一覧表も、そのときに一緒にお送りします。

  7.1週の「光る表現」はありません

 今週は、印刷物が多いため、「光る表現」は載せていません。

  中高生の英語長文は、後日配布します

 中学生・高校生の英語長文は、後日配布します。今回は日本語の翻訳もつけているので、感想文課題として取り組みやすくなると思います。

  6.4週「山のたより」の国語問題にミスプリント

 6.4週の「山のたより」の国語問題にミスプリントがありました。国語問題の元になる長文を「4.3週」と書いていましたが、正しくは「6.3週」でした。

  読みにくい文がありました(メール紹介)

 言葉の森オンラインマガジンの読者の方から、「読みにくい文がある」とのメールをいただきました。

 ご指摘の文は、6月2週の「勉強は反復」の中の次の一文です。

「勉強は、簡単に説明して早めに切り上げて、翌日また反復するというやり方で、何度も軽く反復することが理解を定着させるために必要なのですが、一般にどの親も、その日のうちにたっぷり説明をして一回で定着させようと重すぎる説明をしてしまうのです。」

 確かにご指摘のとおり、読みにくい長い文でした。

 言葉の森では、高校生以上の生徒に、「百字を超える文は書かない(読みにくくなる可能性が高いので)」と指導していますが、その指導に抵触する118字の文でした。(^^ゞ

 今後は、もっとしっかり書きたいと思います。ご連絡どうもありがとうございました。

 

  7月から「作文の丘」が新しくなります(重要)

7月から「作文の丘」が新しくなります。
  • まず、作文をワードなどで書いたあと、書いたものを「すべて選択」→「コピー」としておきます。
  • そのあと、言葉の森のホームページの「作文の丘」というところから入ってください。
  • 生徒コードとパスワードを入れる欄があります。
     いずれも、半角英数字(直接入力)で入れてください。
     パスワードは、「山のたより」の右上に書いてあります。
     パスワードの変更はいつでもできます。
  • 曜日や先生コードは自動的に表示されます。
     入力するところは、「課題の月」「課題の週」「曜日」「題名」「本文」などです。
     本文の画面で右クリックをすると、ワードなどで書いた文章の「貼り付け」ができます。
    ※「月」「週」は、その日の月と週ではなく、課題の月と週です。
     「曜日」は、その日の曜日ではなく、所属している曜日です。
     いずれも、登録されているデータと違うとエラーになります。
  • 送信直前の画面です。
     課題の「月」と「週」をまちがえずに入れてください。
  • 確認画面が表示されます。(前の画面で記入ミスがあった場合はエラー画面が表示されます)
     内容を確認して、もう一度送信ボタンを押してください。
     内容を訂正したいときは、「戻る」ボタンで戻って、再度送信してください。
  • 正しく送信されると、「山のたより」のページに飛びます。
     これで送信は完了です。
  • ?????????????????????????????

    ■オンラインマガジンの登録と削除は下記のページで■

    http://www.mori7.com/morion/imorion.html

    ■これまでの言葉の森新聞は下記のページで■

    http://www.mori7.com/mori/komori/indexmori.html

    ■ホームページ■

    http://www.mori7.com/

    ■メール■

    nane@mori7.com