言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
昨日11932 今日3342 合計15274

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   おかえりなさい、はやぶさ   きやも

 「おかえりなさい。ありがとう。がんばったね。」
僕は、思わずそう思いました。
 ぼくの名前には、はやぶさという漢字(隼)があります。だから、小わく星たんさきはやぶさのニュースが気になります。
 はやぶさは、6月13日の夜に、7年間の宇ちゅうの旅を終えて地球に帰ってきました。月いがいの天体に着りくしたたんさきが帰ってくるのは、世界で初めてだそうです。
 主な目的は、イオンエンジンとよばれる省エネの新エンジンや、地球からの指示なしで自動で動く技術をためすことでした。そして小わく星イトカワの砂を持ち帰ることができていれば、地球のできたころの様子がわかるかもしれません。
 しかし、長い旅の間には、何度もトラブルがありました。それでもその度に、知恵と工夫でのりこえてきました。
 帰ってきたはやぶさは、大気けんを通りすぎる時、まるで花火のようにほのうを出してもえていました。
 本体はもえつきてしまったけれど、おみやげを地球にぶじにとどけてくれました。カプセルは、大気けんさいとつ入の時には、さい高3000度になりますが、表面のそざいがもえることでガスのそうができ、カプセルの内がわの温度はそれほど上がらないようにできています。ぼくは、日本の科学者は頭がいいなと思いました。
 ぼくも、地球ができたころの様子を調べるような研究をしょう来したいです。

   講評   sango

 いろいろなトラブルを乗り越えて帰ってきた小惑星探査機「はやぶさ」について、とてもすてきな作文が書けました。がんばりました。
        

毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)