ゲストさん ログイン ログアウト 登録
オープン教育123 森の掲示板 https://www.mori7.com/ope/index.php?k=123 言葉の森のオープン教育 ja https://www.mori7.com/ope/index.php?e=15807 2月保護者懇談会資料 ●勉強力の基準は、読書力、暗唱力、創造発表力  学校の勉強は、時間をかけてやれば誰でもできます。  成績は点数がつくので目につきやすいですが、本当に大事な学力は目につきにくいものです。
 学校の勉強は、時間をかけてやれば誰でもできます。
 成績は点数がつくので目につきやすいですが、本当に大事な学力は目につきにくいものです。

 そのひとつが読書力です。
 本を読むことに熱中して、話しかけても気がつかないというような子は、学年が上がるにつれて学力が伸びます。

 もうひとつは暗唱力です。
 低学年の生徒で、暗唱の練習を家庭でできる子は、ほかの勉強も全部できるようになります。
 暗唱が毎日続けられるかどうかは、家庭学習の基準です。
(でも、無理をしないでください。)

 中根の担当しているクラスで、時どき面白い試みをします。
 例えば、国語の問題集のひとつを選んでその内容を短歌で表そうとか、算数数学のオリジナルな問題を作ってみようとか、Google翻訳で自由に英作文を作ってみようとかいう課題です。
 そのときに、嬉しそうな顔をして喜んで取り組む子は、創造力のある子です。
 今後は、このように勉強に創造的に取り組む姿勢が必要になります。
 大学入試の50%以上が総合選抜入試になる時代で、東北大学は新年度から100%総合選抜にするようになりました。
 勉強の幅を広げて楽しめるような工夫をしていってください。

●漢字、計算、英語

 漢字の書き取りは、いずれなくなります。(遠い先の話ですが)
 計算の練習も、基本さえわかっていればいいとなります。
 英語も、AIテクノロジーによって、英語力のあることの優位性はなくなります。
 しかし、いずれもそれは先の話で、しばらくは入試で、漢字も計算も英語も必要です。
 特に、真面目に勉強しているかどうかは、漢字力と計算力と英語力に表れるので、評価の中心になりやすいところがあります。
 しかし、将来のことを考えて、漢字、計算、英語以外の思考力、創造力を伸ばす勉強に力を入れるようにしてください。
 思考力のためのいちばんの勉強方法は、難しい説明文の本を読むことです。
 ただし、小学生の場合は、難しい本をよむことよりも、楽しい本をたくさん読むことの方が大事です。

●作文を通して親子の対話を深める

 小学1、2年生は、自由な題名の作文です。
 作文の題材作りにお母さんやお父さんが参加すると、作文の内容が深まります。
 子供に自由に書かせるだけでなく、作文に書けそうな企画を家庭でしていくといいです。
 この親子の交流の中で、子供の語彙力と思考力が伸びます。

 小学3~6年生は、題名課題と感想文課題です。
 ここで、子供が、両親に似た例を取材することが多くなりますから、お父さんお母さんは、子供の取材に答えられるような面白い体験談を用意しておいてください。
 これは、思考力語彙力を育てるだけでなく、子供の人生観を育てる勉強になります。
 作文の勉強のいちばん価値のあることが、この親子の対話ができることです。

 中学生高校生は、定期テストなどがあると作文をじっくり書けないときもあります。
 そういうときでも、構成メモで考えることだけはしておくといいです。
 場合によっては、メモをもとにChatGPTの助けを借りて書くような場合もあると思います。
 ただし、勉強は自分の成長のためにするものであって、人に見せるためにするものではないということを、親子で時どき確認しておくといいと思います。

●今後、言葉の森はコミュニケーションを盛んにする方向で運営していきます

 現在、個別れんらく、発表室連絡、個人面談など、保護者と講師がコミュニケーションを取る機会がありますが、今後これらをもっと活性化していく予定です。

 また、ウェブの情報だけでなく、アナログのA4葉書を言葉の森から定期的に送るようにします。

 生徒の成績のデータをウェブで探すのが難しいと思いますので、そのA4葉書にその生徒のデータをQRコードで見られるようにしていく予定です。

●自習室をもっと活用してください

 自宅で勉強するきっかけをつかみにくい場合は、自習室に入って勉強するというようにしてください。
 時間は短くていいので、例えば、自習室に入って10分間読書をするというようなことでもいいです。
 いつでも参加できますので、自由に利用してください。
]]>
2024-02-22T16:58:33+09:00 森川林 Morikawa Hayasi 森川林
https://www.mori7.com/ope/index.php?e=15722 間違い送信  先ほどお送りした記事は間違いでした。  ウェブには表示されていません。  メールが届いた方は、削除しておいてくださるようお願いします。  ウェブには表示されていません。
 メールが届いた方は、削除しておいてくださるようお願いします。 ]]>
2024-01-28T12:10:15+09:00 森川林 Morikawa Hayasi 森川林
https://www.mori7.com/ope/index.php?e=15683 1月保護者懇談会資料 ●動画:https://youtu.be/JUaLg9lAenI  勉強の様子が把握できるように、学習の結果を表やグラフで見やすくしました。  ご家庭でも、時々子供さんの勉強の様子

●動画:https://youtu.be/JUaLg9lAenI

 勉強の様子が把握できるように、学習の結果を表やグラフで見やすくしました。
 ご家庭でも、時々子供さんの勉強の様子をチェックしてみてください。

1.確認テストの結果とその経過がわかるようにしました。
https://www.mori7.com/kt/
・生徒コードを入れて確認ボタンを押すと、これまでの点数が表示されます。
 12月までは、100点を取るまで解き直すことにしていましたが、結果がすぐに確定して正解を見られた方がいいので、1月からは1回で点数を確定することにしまし。
 それぞれの確認テストのページの「グラフ」というところをクリックすると、偏差値のグラフが出てきます。
 偏差値50以上であれば、よくできているということです。

2.学習記録のグラフを作りました。
https://www.mori7.com/teraon/gs_graph.php
・生徒コードとパスワードを入れて送信すると、問題集をどれだけやっているかということが表示されます。
 1冊の問題集を5回繰り返すことを目標に勉強を進めていくようにします。

3.小学5年生以上の生徒は、自習室を活用してください。
https://www.mori7.com/teraon/js.php
▽参考記事
https://www.mori7.com/as/4940.html
 勉強の中心は、授業に出席することではなく、毎日の家庭学習を進めることです。
 しかし、家庭学習はきっかけがつかみにくいので、家族で話し合って、「○時から○時まで自習室で○○をする」ということを決めておくといいです。
 自習の内容は、暗唱10分、読書30分、国語の問題集読書10分、算数数学の問題集1ページ、英語の問題集1ページなどと決めるといいと思います。

 自習も、これまでの経過がグラフとして表示されるので、励みになると思います。
https://www.mori7.com/teraon/js_graph.php

4.作文、創造発表、プログラミングは、発表を目標として勉強を進める
 国語、算数数学、英語などの教科の勉強と違い、作文、創造発表、プログラミングは、点数による評価はありません。
 そのかわり、自分のオリジナルな作品を発表することができます。

 今後、中学1年生以上は、メールアカウトを取得し、ChatGPTやZOOMやYouTubeのアカウントを作っておくといいです。
 発表は、自分のZOOMでレコーディングをし、そのmp4ファイルを発表室にアップロードする形で行うことができます。
]]>
2024-01-22T16:56:10+09:00 森川林 Morikawa Hayasi 森川林
https://www.mori7.com/ope/index.php?e=15630 ChatGPTの講習会(定員5名) ※定員になりましたので、受付は終了しました。1/6  別の日程がきまりましたら、またご連絡します。  現在までの参加者は、 ・かいしゅう君 ・ともてる君 ・みずかぜ君 ・ひろと君 ・キビ  別の日程がきまりましたら、またご連絡します。
 現在までの参加者は、
・かいしゅう君
・ともてる君
・みずかぜ君
・ひろと君
・キビタキ君
・だいき君
です。
 もし、変更があるようでしたら、ご連絡ください。

 講習会に参加される方はコメント欄にお書きください。
(要生徒コード) ]]>
2024-01-03T07:59:37+09:00 森川林 Morikawa Hayasi 森川林
https://www.mori7.com/ope/index.php?e=15598 12月保護者懇談会資料 https://www.youtube.com/watch?v=BDW17Iv2jvE ●確認テストは1回目で確定し、すぐに正解が見られるように  これまで、確認テストは、1回

https://www.youtube.com/watch?v=BDW17Iv2jvE

●確認テストは1回目で確定し、すぐに正解が見られるように

 これまで、確認テストは、1回目で採点し、そのあと間違えたところを再度解き直しできるようにしていました。
 しかし、早めに正解を見て理解する方が能率がよいと考えたので、1回目で点数を確定し、すぐに正解が見られるようにします。

●新年度の教材で、中学生の数学・英語は、発展新演習から標準新演習へ(2月に改訂版が出ると思います)

 中学生の数学と英語の発展新演習は、演習問題Bで難問がかなりありました。
 通常の高校入試ではそのような難問は出ないので、新年度から教材を標準新演習にします。
 そのかわり、問題集は1冊を100%解けるようになることを目標にし、できた人は学年先取りをするようにします。
 小学456年生の算数問題集も、1冊が100%解けることが目標です。
 小学23年生のジュニア新演習は、難しい問題がかなりありますが、どうしても解けない難問はないので、このまま続けます。

●同学年生徒を中心にするためにクラスの統合を計画

 クラスによっては、小学生と中学生・高校生が混在しているクラスが、同じ時間に複数ある曜日時間があります。
 生徒どうしの発表と対話を生かすために、今後、学年を基準にクラスの統合をすることを考えています。

●登校しぶり、不登校の子は、早起きの生活を続けるために、朝のクラスに参加を

 学校に行きたくない子、行けない子が増えています。
 学校に行かなくても勉強の心配はありませんが、毎日の生活習慣作りと、友達とのコミュニケーションは必要です。
 オンラインクラスの朝のクラスは、まだ土日が中心でほとんど満員ですが、平日の朝のクラスも開設できます。
 ご希望があればご連絡ください。

●個人面談の希望は、個別れんらく板で――授業のあとに1人10分、又は保護者会で

 保護者と講師のやりとりは、個別れんらくでできますが、直接話をしたいという場合は、個人面談の希望をご連絡ください。
 個人面談は、授業のあとに10分間行っています。
 講師によっては、保護者会というクラスを設けている場合もありますので、そこで話をすることもできます。
 個人面談の希望は、個別れんらくでお願いします。

●よく書けた作文は、朝小に投稿を

 朝小には、言葉の森の生徒が毎月のように載っています。
 小学生で、よく書けた作文は、朝小に投稿してみるといいです。
 ただし、子供の書いた作文には、保護者が手を加えないようにしてください。
 直すのは、明らかな誤字だけとしてください。
・送り先は、言葉の森新聞の4週号に載っています。
・言葉の森の作文用紙は使わず、市販の作文用紙を使ってください。
・会話の書き出しはパターン化しやすいので、省略するか情景の書き出しなどに変えるといいです。
・保護者へのインタビュー自体はいいことですが、パターン化されているとみなされることがあるので、省略してもいいです。
・ダジャレ自体はいいことですが、これも無理があるとみなされることがあるので省略してもいいです。
・人や学校の固有名詞は、できるだけ匿名にするか省略するかしてください。
・ほかのところに応募した作品を投稿すると、二重投稿になるので、しないようにしてください(これは基本的なルールです。)

●言葉の森は、中学受験の作文の指導はするが、中学受験自体の指導はせず――公立中高一貫校の倍率5~7倍の入試は小学生には非現実的な受験勉強。受験塾の過度の詰め込みからは距離をおくことも必要

 受験作文については、言葉の森で勉強するのが最も効果が高いです。
 しかし、公立中高一貫校の受験は、倍率5~7倍のところが多く、小学6年生が合格を目指して受験勉強をするのは現実的ではありません。
 また、私立中学受験に関しては、いろいろな偏差値の学校があるので、どこかには合格できますが、今の学習塾は詰め込み勉強をするので、子供の生活が受験一色になりがちです。
 そのため、受験勉強をしすぎた子の中には、中学生になってから勉強に飽きる生徒も増えています。
 また、勉強の本当のゴールは、大学入試に合格することではなく、大学を卒業したあと社会で自分らしく活躍することです。
 そのため、言葉の森では、受験対策よりも、本当の学力をつけることを目標にした勉強を行います。
 結果として、そういう本筋の勉強をした子の方が、受験にも成果を出しています。

●これから重要になる学力は、読書力、作文力、発表力。総合選抜の大学入試でも、社会人になってからも使える学力を。――中学生以上は説明文の読書が大切

 世界と日本の教育は、大きく変わっています。
 大学入試は、これまでのペーパーテスト中心の評価から、その生徒の学習歴、創造性、思考力、発表力、学習意欲を見る方向に進んでいます。
 そして、何よりも、大学入試はゴールではなく、社会に出てからの仕事がゴールという認識が必要になっています。
 当面の目標は受験だとしても、勉強だけでない幅広い学力を育てておくことが大切です。
 本当の学力は、読書力と作文力とコミュニケーション力です。
 中学生以上は、特に、説明文の読書の力をつけておくようにしてください。
 読書記録のページを見て、同学年の他の生徒がどういう説明文を読んでいるか見ると参考になります。
▽読書記録
https://www.mori7.com/teraon/ds.php
・学年のところをクリックすると、その学年の読書記録だけが表示されます。

●基礎学力クラス、総合学力クラスの国語、算数、英語は選択式に――国語だけやる形でも可。ただし、暗唱と創造発表は固定

 小学1234年生対象の基礎学力クラスと、小学456年生対象の総合学力は、国語、算数、暗唱、英語、発表を週ごとに行う授業です。
 しかし、生徒の中には、算数はすでにほかのところでやっているとか、英語はほかのところでやっているとかいう生徒もいます。
 そこで、国語、算数、英語に関しては選択式にし、すべて国語にしてもいいし、国語と算数だけにしてもいいし、国語と英語っだけにしてもいいとします。
 ただし、授業の中では、全体向けにはその週の科目の授業を行います。
 学習記録に、あらかじめどの問題集の何ページから勉強するかを入れておいてください。
 暗唱と発表の週は、固定で行います。

 勉強は、家庭学習が基本です。
 家庭で毎日の読書と、暗唱と、漢字の書き取りと、算数問題集と、英文の暗唱とができていれば、塾などに行く必要は特にありません。
 ただし、全体をチェックする場所と、友達と一緒に勉強する時間は必要なので、基礎学力クラスと総合学力クラスは、そのための場所として開いています。
 いろいろな勉強をあちこちの教室でやるよりも、基礎学力クラスと総合学力クラスにまとめて受講するのが無理のない能率のよい学習になります。
 なお、総合学力クラスについては、今後中学生も対象にする予定です。

●国語力の基本は問題集読書で1冊を5回繰り返す。読解検定の分析は保護者も協力して

 国語力の勉強は単純です。
 問題集読書をできるだけ音読で毎日1~2編続けること、読解検定の×だったところの分析をすること、この2つだけです。
 ただし、読解検定の分析は、子供だけでは甘くなりやすいので、保護者の方も一緒に協力してください。
 これまで、国語読解がの成績が上がった子は、保護者の方が読解検定の分析を一緒に考えてあげていたことが多いです。
 読解検定ランキングに載ることを目標に勉強していってください。
▽読解検定ランキング
https://www.mori7.com/dokken/dk_rank.php

●算数数学は、標準問題集で1冊を100%完璧に――数学力の土台にも読解力がある

 算数数学の勉強は単純です。
 1冊の問題集を100%完璧に仕上げることです。
 いろいろな問題集をそれぞれ8割ぐらいずつ仕上げる勉強では力はつきません。
 学習塾の中には、分厚い問題集を使ったり、次々にいろいろなプリントを渡したりするところもありますが、それは能率の悪い勉強の仕方です。
 1冊を完璧にということを守って勉強していってください。

●英語は、英文暗唱を基本に――AGIの進歩で英語の重要性は低下するが、当面の入試ではまだ英語が学力評価の基準に

 英語の学習は、ChatGPTなど、今後AGI(Artificial General Intelligence。汎用人工知能)の発達によって必要性が低下します。
 すでに、翻訳に関しては、辞書で調べて逐一翻訳するような人はいません。ウェブ翻訳で概略がわかればいいということになっています。
 スピーキングとヒアリングについては、日本人が不得意な分野ですが、これも対応する機器とソフトの利用でカバーできるようになりつつあります。
 ただし、学校教育の世界は対応が遅いので、今のところは入試で英語は重視されています。
 それは、英語の成績は、勉強全体を真面目に取り組んだことと相関が高いからです。英語のよくできる人は、ほかの勉強もよくできます。
 だから、大学入試の総合選抜でも、英語力が足切りに使われています。
 当面の入試では、まだ英語力は必要ですが、これから重要性は低下し、やがて語学の試験というものは、英語だけでなく中国語も含めてなくなります。
 そのときに残るのは、母語である日本語で深く考える力です。
 少なくとも、小3までは日本語を中心に勉強するようにしてください。

●創造発表は、新しい学力――5割を超えた大学入試の総合選抜型に対応できるのは個性と創造性と思考力と発表力。中学生以上はChatGPTを活用した研究を

 探究学習は、2022年からは高等学校でスタートしています。
 今はまだ始まったばかりですが、これからの大学入試では、この探究学習的な学力が評価されるようになります。
 すでに、大学の総合選抜入試では、学力はオール4程度でいいので、あとはいかに個性と思考力と創造性と意欲を持っているかが問われるようになっています。
 創造発表の学習は、教科書のない勉強ですから、すべて子供の興味関心に基づいて学習を進めるかたちになります。
 このときに使えるのが、ChatGPTなどのAGIの利用です。
 中学生(13歳)以上の生徒は、ChatGPTに自分のアカウントで登録できます。
 小学生の生徒は、保護者の方が登録して、創造発表の勉強の方向を相談していくようにするといいです。
 ChatGPTは、単なる検索サービスと異なり、質問を次々に深掘りしていくことができます。
 子供が興味を持つテーマは漠然としたものが多いので、それをそのまま研究することがなかなかできません。
 しかし、だからと言って、探究学習的な本に書いてあるとおりのことをそのままなぞっても面白くありません。
 自分のやりたいことを、自分なりに研究していくためには、AGIの利用が必要になります。
 現在、高校で行われている探究学習は、グループでテーマを決めて行い、発表も年に数回という中途半端なものです。
 本当の探究学習を行うためには、ひとりで研究し、頻繁に発表する機会を作ることが必要です。
 創造発表クラスは、今後中学生、高校生の人も含めた、高度な探究学習として進めていく予定です。

●プログラミングは、小学生はScratchを学び自分なりに工夫できるように。中学生以上は、HTML、JavaScript、Pythonに。小学校高学年以上は、HTML作りで女子の参加も

 プログラミングに関心を持つ生徒は男子が多いので、現在のScratchなどのプログラミングテキストも、男の子向けのゲーム作りのようなものが多いです。
 しかし、プログラミングは緻密に考えることのできる女子に向いています。
 これからの社会では、プログラマーになる必要はありませんが、どんな仕事でもプログラミング的な発想が必要になってきます。
 Scratchの次の学習であるHTML作成は、ものづくりの好きな女子にも楽しめる分野です。
 また、JavaScriptやPythonは、知的な学習が中心になるので、女子も男子も同じように取り組むことができます。
 新しいことに取り組みのが好きな女子は、プログラミングクラスに参加してください。
]]>
2023-12-22T08:13:11+09:00 森川林 Morikawa Hayasi 森川林
T+09:00 Morikawa Hayasi