言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
昨日0 今日5365 合計5365

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   里山   おわせ

今、美しく維持されている里山は、必要なてまひまをすべて山里の人びとの善意に負っている。私は里山を私有財産と言う枠組みのなかだけで考えていたのでは守れないと思う。都市に暮らす人びとが大切な里山の人びとに対して相応の負担をするべきではないかと考えている。里山から都会の公園にまで通じる緑のネットワークだ。緑のコリドーを伝わって、里山の野生動物が都市の公園にまで姿を見せてくれたら、どんなにか楽しいことだろう。<要約>
 私の小学校は、鎌倉にあった。鎌倉には、リスや鳥が色々なところに居る。はじめは<表現>まるで博物館に居るみたいだったが、なれるとそんなことも考えなくなっていってしまった。ある日校内の森で遊んでいた私は、ある物を見つけてしまった。先生に聞くとそれは、鳥の巣だった。
 今まで鳥の巣なんて図鑑でしか見たことが無かった私は、とっても自然に恵まれている鎌倉のことを大好きになった。
 日本人にとって里山とは、故郷のような物だと思う。だから、これからはもっと、いや、今まで以上に自然を大切にしていきたい。

   講評   jun

 要約は、慣れるまでは長文からポイントとなる文を三つぐらい抜き出す形でOKですよ。次回からは、なるべく自分で選んでみましょう。
 小学校での体験実例は、この長文にぴったりの話ですね。鎌倉は、本当に自然に恵まれたよい場所ですよね。
 「里山は日本人の故郷のようなもの」とはそのとおり。だからこそ、大切に守っていく必要があるのですね。

▲「もの」はひらがなで。
                                                          

毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)