作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
昨日0 今日4337 合計4337

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   自然をいつまでも   おねえ

 自然は、必要なものである。だから、人間が破かいしてしまうのは、すごく悪いことだ。最近では、自然を守る活動もしている。私は、このまま自然を増やし、いろいろな動物達が暮らせる場所を作っていきたいと思う。
 緑、自然はとても大切だ。空気をきれいにし、さわやかで、気持ち良くなる。私はキャンプに行き、改めて自然は守らなければならないと思った。家族でキャンプに行き、海か湖や木が生き生きとしている様子を見て、すかっとした気分になり、気持ち良かった。キャンプだからキャンプ場へ行って、テントを張った。自動車もやはり数台通り、砂けむりが上がることもあるのが欠点だったが、あまり気にならなかった。あっちこっち見て回り、都会にはこんな場所ないだろうなと思うことがあった。空気もおいしい。ずっと都会に住んでいた私でも、都会に住んでいたからかも知れないが、自然とふれ合うことは楽しく、人間には必要なことだと思った。緑が少なくなると、こういう機会が少なくなってしまうのだろう。緑はたくさんあった方が良いと、多くの人が思っているのなら、これからがんばって、増やしていきたい。自然はいつまでも大切にしなければならない。
 私は、学校でもサマーキャンプに行ったことがある。その時、アラジャンという所で、登山や川遊びをした。川の水はきれいで、町に流れている川とは大違いだ。木もしげっていて、見ていてうきうきした。まるで同じサンチャゴではないようだ。みんな着いたら、
「うわあ川だ。早く入りたーい。きれー。」
と、喜んだ。山登りでも、楽しかった上に空気が良くて、ほとんどずっとニコニコしていた。川遊びでは、
「わあすき通ってる!でも冷たーい。」
「ダム作ろうよ。あっきれいな石がっ!」
と、みな行ったり来たりしていろいろな発見をしていた。とても楽しかったし、たくさんの自然の中で遊ぶのは珍しかった。そして、私たちの住んでいる所にもこんな風に遊べる所があったらなと思った。自然は子供でも、あったらいいな、とか必要だな、と思うとても大切なものなのである。
 「立つ鳥あとを濁さず」ということわざがあるように、地球にとってはかなり短い時間しか生きていない人間が、地球をこれ以上よごしてしまってはいけないと思う。動物のためにも、自分たちのためにも、都会の緑を増やさなければならない。自然とは人間にとってもっと大切にしなければならない、だれにでもかかせないものである。自然が増えれば、みんなが喜ぶということがわかった。

   講評   hoemi

要約に代わる書き出しの部分を工夫して清書できたね!
☆5月1週は「休み宿題」です。解説集を読んで、または放送授業を基にして作文を仕上げてみてね。

毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)