言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
昨日0 今日5057 合計5057

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   家族はみんな血えきがたOがた   みっち♪

http://www.mori7.net/oka/tennsaku.php?tori=kisehe&nenn=2010&yama=te&tuki=02&syuu=3&page=1&y_t=y&b=&r=y  手書き感想文

   講評   ito

 みっちさん、こんにちは!
 2.3週は、「カの習性」について書かれた課題の感想文に取り組んでくれました。

 Oがたは、カにさされやすい血えきがたなのでしょうか……?
 お母さんはなんと40かしょ、みっちさんも15かしょもさされたことがあるという、すさまじい【前の話聞いた話】が書けていましたね。
 しかしやられっぱなしではなく、かとり線香を使ったらカが「まるではり金をおりまげたようににげた」という【たとえ】は、非常に痛快(つうかい)で面白かったです。

 課題の文にはいろいろ書いてあったけれど、自分の体験したこと、見たことを通じてやっぱり「たんじゅんな生き物なんだなと思った」とまとめているのも、個性(こせい)が出ていて良かったです。
 
 新しい長文「父の料理」の暗唱自習も、バッチリ!
 5年生、6年生用の文章なのにしっかり暗唱することができていて、すごかったですね。

 そして、今月の第4週は「わんぱく宣言」のコンクールに応募する作文にチャレンジしてもらいます。
 いつもの清書のつもりで、テーマである「もしも」という言葉を、作文の「題名、書き出し、終わり」につけて書き直していきましょう。
 まずは参加賞を目指して、ばっちり書き上げられるよう、がんばりましょうね!


↓Oがた家族?↓

毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)